ポールシェリー / シルエット ハイドロアクティベイティング バスオイル 口コミ

アットコスメ > ポールシェリー > シルエット ハイドロアクティベイティング バスオイル > 口コミ一覧 > めぐぷりん。さんの口コミ

クチコミ

クチコミ8件中 1件目を表示

めぐぷりん。さん
めぐぷりん。さん25人以上のメンバーにお気に入り登録されています認証済

6購入品リピート

2020/8/11 01:17:53

ポールシェリーのバスオイルは大好きで、全種類所持しております。
一番使用頻度が高く愛用しているのはピュリファイングなのですが、その次に使用頻度が高いのがこちらのハイドロアクティベイティングです。

ハイドロアクティベイティングは、体内に滞留した水分の排泄を促す効果があるため、足のむくみ、水分過多のセルライトが気になる方や身体が重く感じるときにオススメのバスオイルです。

わたしは水分を異常に摂る人間で、飲み込む時の一口の量が人より多いようで、いわゆる「ごくごく」と勢い良く飲むタイプ。笑
日常的に摂る水分も、お酒も、1日の摂取量は恐らく同年代の女性の平均よりすごく多いと思います。
わたしが日常的に摂る水分は良質なお水なので全く問題ないのですが(エステプロラボのファストプロウォーターという水素水を飲んでいます)、問題はお酒を飲んだ翌日です。
顔も身体もわかりやすくパンパンに。。
ですので、過剰水分によるむくみに対応してくれるこちらの入浴剤は、まさにわたしが必要としているものなのです。

お酒を飲んだ翌日は少し早めに起きてすぐにお風呂に直行し、こちらを規定量のキャップ2杯を入れたお風呂で、時間の許す限り40℃〜42℃で全身浴します。
温めの半身浴でももちろん効果はありますが、さらに効果を高めたい場合は若干熱めの全身浴がオススメ。
いつもとは違った、軽い感じのさらさらの汗が(恐らく前日の水分)サラサラ〜っと滝のように流れ続けます。
面白いほど、入っている間ずっと出続けます。

入浴剤を使った尋常じゃない発汗に慣れていない方や、元々お風呂でのぼせやすい方は無理せず温めの半身浴が良いと思います。
こちらを使った全身浴は汗の出方が尋常じゃないので、慣れていない方がいきなりやると逆に体調を悪くするかもしれないです^_^;
ですがそのくらいほんとうに効果がありますので、デトックス系入浴が好きで慣れている方で、過剰水分によるむくみに悩んでいる方には、ぜひ試して欲しいです。

こちらは発汗だけでなく利尿作用をも促し、過剰水分によるむくみの解消をサポートしてくれます。
内側からも外側からも水分を排泄するため、ほんとうに身体の芯からすっきりできるんです!

皆さんご存知かと思いますが、過剰水分によるむくみをそのままにするとボディラインにも影響が出ます。
つまり、わかりやすく言いますと、そのまま太くなってしまいます。
ですがこちらを使った入浴を続けることにより、過剰な水分で緩んだ部分を引き締めることにも繋がりますので、むくみ太りを防ぐことが出来るということですね。

ちなみに香りですが、ポールシェリーの商品にしては薄いです。
いかにもすっきりできそうな奥深いハーブの香りなのですが、最初からそんなに強くない上に、すぐにうっすら香る程度になってしまいます。

わたしがこちらを使うのはお酒を飲んだ翌日ですので、いろいろな意味で香りが強くないのは有り難いです。笑
気分が悪くなることもなく、気の済むまで出たり入ったりすることが出来ます。
もちろん、アロマやハーブの配合の都合でそのような香りになっただけなのでしょうけれど、わたし的にはそんな部分までパーフェクトなオイルです。笑
逆に「入浴剤を使うからには、効果はもちろん、良い香りも楽しみたい!」という方には少し物足りないかもしれませんね。

ポールシェリーとアロマセラピーアソシエイツのバスオイルは、はっきりとした目的別に別れていて、ほんとうにそれに合った効果が出る素晴らしい商品なので大好きで、もうわたしの生活になくてはならない存在となっています。

これからもお酒は飲みますので、ハイドロアクティベイティングにも助けてもらいながら生きていきます。笑

過剰水分によるむくみに悩んでいる方には、ほんとうにぜひ一度試していただきたいバスオイルです。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品

めぐぷりん。さんのクチコミをもっとみる

ポールシェリーについて

メーカー関係者の皆様へ

より多くの方に商品やブランドの魅力を伝えるために、情報掲載を希望されるメーカー様はぜひこちらをご覧ください。詳細はこちら

注目トピックス

あたらしい私でリスタート

ベストコスメ2020発表!大賞をチェック

1・9・17・24日更新♪プレゼント&モニター

シルエット ハイドロアクティベイティング バスオイルページの先頭へ