人気NO.1メニューに迫る! 2016年は【まつげパーマ】と【まつげエクステ】どっち!?

人気NO.1メニューに迫る! 2016年は【まつげパーマ】と【まつげエクステ】どっち!?
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

昨年1年間で、ユーザーから一番に選ばれたサロンメニューは? フェイシャルやマッサージ、痩身など、ジャンル別に【人気NO.1メニュー】に迫る連載企画。第6弾は、まつげ・ネイル部門でNO.1メニューに選ばれたまつげパーマについて、まつげエクステとの違いを含めご紹介。あなたはどっち派!?

まつげ・ネイル部門で人気"NO.1"なのは、こちら!

まつげパーマって実際どうなの?

「まつげエクステ全盛の時代に、まつげパーマ?」と思うかもしれませんが、実は根強い人気メニューなんです。人気の理由はいくつかありますが、一番はやっぱりコスパの良さ。価格は3,000円~5,000円が相場で、約3週間~6週間もつので、まつげエクステよりはメンテナンス費用が抑えられます。

また、実はまつげエクステと同じくお好みのデザインにすることも可能なんです。
ここではデザインを選ぶ場合のポイントをご紹介。これは、まつげエクステの場合も同じなので、参考にしてみください。

<まぶたが一重の人>
まぶたの領域が大きいために、とにかくまつげのカールを上の方向にアップ。根本からしっかり立ち上がるよう、カールはやや急めでOK。
まつげがしっかり立ち上がることで、切れ長気味の一重の目もとに縦方向の印象が加わります。

<まぶたが奥二重の人>
根本から立ち上げ過ぎず、大きめのロットでカールを少し緩めにするのがおすすめです。
くっきり立ち上げるとせっかくの二重の幅が隠れてしまいますし、目元を横から見た時のシルエットは緩めのカールの方が断然キレイです。

結局まつげエクステとどっちがよいの?

ここからは、まつげパーマとまつげエクステを徹底比較! あなたならどっちにする!?

●メイク時間

まずは気になるメイク時間。
どちらもビューラーいらずなのはもちろんですが、まつげパーマは素まつげですから、マスカラをつける人が多いですよね。
敏感肌でマスカラが苦手な人、マスカラをつける時間も短縮したい人はまつげエクステがおすすめです。

●メンテナンス期間

どちらも定期的にケアが必要になりますが、まつげパーマは約3週間~6週間でのケアが理想的です。一方まつげエクステは、個人差はありますが約2週間~4週間がリペアの目安となります。
メンテナンス期間だけでみると、まつげパーマの勝利といったところでしょうか。

●費用

続いてはかかる費用について。まつげパーマの相場は約3,000円~5,000円。
一方、まつげエクステは約4,000~10,000円以上と、本数やエクステの素材、デザインによって大きく幅があります。また、リペア(付け足し)の際には少し安い料金で施術が受けられるのもまつげエクステの特長です。

●毎日のケア

実は一番大切かもしれない毎日のケアについて。まつげパーマは、基本的に特別なケアは必要ありません。
一方、まつげエクステは少しだけ注意が必要です。エクステが取れやすくなるので、オイルクレンジングはNGの場合がほとんど。また、目元をこすると毛の流れにバラつきが出て、もちも悪くなるので避けましょう。
面倒に感じるかもしれませんが、目元をゴシゴシこすらなくなると「小じわが目立たなくなった」なんて嬉しいおまけがあることも。

どちらもまつげへの負担はあるので、美容液等でのケアは忘れずに。

盛りたい派もナチュラル派も!

いかがでしたか? あなたがまつげ美容に何を求めるかによって、金額や時間と相談し、なりたい目元を目指しましょう。
すっぴんも華やかに見せられる“まつげエクステ&まつげパーマ”。映える目元で、美人顔にチェンジ♪

人気NO.1メニューに迫る! 連載バックナンバー

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る
PAGE TOP