美肌効果も期待! つるすべ“魅せ肌”脱毛

美肌効果も期待! つるすべ“魅せ肌”脱毛
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

自己処理ではなかなか解決できないムダ毛の悩み。「どんな方法がある?」「違いは?」「自己処理じゃなく、サロンケアがおすすめの理由は?」などの疑問を一気に解消できる情報が満載。厳選メニューもお届けします。

いよいよ素肌がさらされる! あなたのムダ毛は大丈夫?

薄着の季節になると気になりだす“アノ問題”。

そう、ムダ毛処理。

寒い時期はタイツや長袖で隠せるから、ついついサボリがちになっていた方も多いですよね。

じょりじょり肌脱出! ムダ毛ゼロのつるすべ肌を手に入れるためには?

みなさんはどのようにムダ毛処理を行っているのでしょうか?

ケアグッズを買って自己ケアか、サロン・クリニックに出向いてプロのケアか。
どちらにせよさまざまな方法があり、部位によって違う処理をしているという方も多いと思います。

■カミソリ、シェーバーなどでの剃毛
■クリームなどで毛を溶かす方法
■毛抜きやワックスなどでの脱毛
■光脱毛
■レーザー脱毛
■ニードル脱毛
■糸脱毛
etc…

かつてはサロン施術としてのイメージが強かった光脱毛も、セルフ用の機器が販売されていたり、最近はワックス脱毛のセルフケアグッズも多く、デリケートゾーンまで自己ケアする方が増えてきましたね。

みんな一度は「やっちゃった」? 自己処理によるトラブル

「カミソリ負けして、肌がガサガサ&ヒリヒリする」
「毛抜きで脱毛をつづけていて、毛穴がボツボツ、埋没毛が増えた」
「クリームやワックスで肌荒れした」

新しい方法も増えているからこそ、自己処理によるトラブルはなかなか無くなりません。
冒頭にもあったように、薄着の季節がはじまりムダ毛が気になるのは、見られることを意識して「キレイに見せたい」と思うからですよね。

たとえムダ毛は無くなっても、肌トラブルで結局露出をためらうようであれば本末転倒。
自己処理は正しい知識をもって、自分に合った方法で行うことが大切です。

プロによる脱毛で、失敗なくつるつる肌に

間違ったケアをしていないか心配な方や、今の自己処理の効果に満足していない方、うなじや背中、デリケートゾーンなど、今まで処理したことがない部位のムダ毛処理をしたい方は、一度プロによる施術を受けていただくことをおすすめします。

体験してみることで脱毛前後の適切な処理や、それによる仕上がりの違いが分かったり、
プロからみた自分の毛の状態を知れたり、
今後自己処理をしていくにも必要なアドバイスをもらえることも多いです。

ここからは、関西エリアのおすすめ脱毛メニューを紹介します。

ハイジニーナ【VIO】なら光脱毛! 煩わしい自己処理から解放され、毎日快適&自分に自信♪

ハイジニーナ脱毛とは、恥骨周辺部分(V)、膣口部分(I)、肛門まわり(O)の脱毛のこと。 ショーツ内の蒸れが解消され、衛生的かつ生理中も快適に過ごすことができます。ビー・オール梅田店では、美肌ケアを追求したケアシステムを完備◎ 鎮静効果のあるローションでしっかり冷やし、たっぷりと美容成分を浸透させ、脱毛後のお肌を美しく仕上げます。

高技術・高品質・低価格の三拍子が揃うVIOワックス脱毛♪ JBWA認定講師在籍のブラジリアンワックスサロン

リピート率90%の実績をもつfico(フィーコ)。人気の秘密は、気さくで知識豊富なスタッフの人柄とたしかな技術です。今まで人には聞けなかったデリケートゾーンの悩みも、すっきり解決! 生理やおりものによる蒸れや臭いに悩む方、下着をおしゃれに着こなしたい方におすすめ★ 深夜営業も行っているので、お仕事帰りの「今日行きたい」が叶います。

クチコミで評判のVIOから全身まで! 新型機器ハイスピード脱毛で、「最短でムダ毛をなくしたい」を叶えます

アンジェールの脱毛は、SPL式という刺激が少ないことが大前提のハイスピード脱毛! なんと、今までの脱毛時間のおよそ3分の1♪ 毛周期に関係なく1ヶ月に1回照射でき、産毛、金髪、白髪にも効果を発揮するため、ムダ毛を1本も逃しません。 お得な回数チケットもあり、痛みに敏感なVIOだからこそストレスなく通えるのが嬉しいです。

※本記事のデータは2016年3月31日時点のものです。各クーポン・メニューについては、各店舗へお問い合わせください

あたたかい季節がはじまります。自信の素肌で魅せましょう!

いかがでしたか? 改めて自分のムダ毛処理の仕方を見なおしてみて、今年はつるつる美肌で夏を迎えましょう。
脱毛はなかなか一度では完結しないもの。複数回行うものだからこそ、ストレスなく通える自分にあったサロンをみつけてください。

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る

この記事に関するタグ

PAGE TOP