【体験してみた】“時短美容”×スペシャルケア!? 美容皮膚科で受けるエレクトロポレーション

【体験してみた】“時短美容”×スペシャルケア!? 美容皮膚科で受けるエレクトロポレーション
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

流行の“時短美容”は、もはやただのズボラさん救済ケアではなくなってきているようです。クリニックでできる時短のスペシャルケアを体験してきました。

今、“時短美容”がスペシャルケアにも求められている

忙しい日々が続き、ふと鏡に映った自分にショックを受けることはありませんか?
顔色がくすんでいる、くま・しみがひどい、むくんでいる、など。

それらの悩みを解消するために、
じっくりケアもしたいし、しっかり睡眠時間もとりたいのに…。
このジレンマから抜け出せない女性は多いと思います。

そんな女性たちに人気の“時短”美容。

デイリーケアのアイテムも、
洗顔からスキンケアまでがひとつになった朝用のフェイスマスクや、
シャンプーのいらないトリートメント、髪の毛が早く乾くスプレーなど、まさに時短美容が叶うものに注目が!

今やその傾向はサロンやクリニックのスペシャルケアにまできているもよう。
「スペシャルケアだから、じっくり時間をかけてやるべきもの」という考えはもう捨ててもよいのかも!?

所要時間30分程度。美容上級者が通うクリニックに突撃!

今回編集部に、銀座のロイヤルビューティークリニックには、
まさにそんな時短スペシャルケアを受けに行く美容上級者が多いとの情報が!

というわけで早速体験に行ってきました。

このクリニックのメニューは、短時間でダウンタイムのない施術が多く、
仕事の休憩時間、買い物のついで、お友達との待ち合わせ前など、
すき間時間をうまく利用して来院される方が多いのだとか。

銀座のエイジングケア専門美容皮膚科『ロイヤルビューティークリニック』。治療だけでなく、癒しとくつろぎの空間であることをコンセプトにしたクリニックです。

浸透力がイオン導入の約20倍!? エレクトロポレーション

体験したのは、しみ・肝斑・美白にも効果的だといわれる『ケアシス(エレクトロポレーション)』という美肌治療。
専門医の診断を受け、肌の状態に適した薬剤を導入してもらうものです。

高分子のため浸透させにくかった薬剤も針で注射することなく導入でき、
なんとその効力は、美容エステで行われているイオン導入の約20倍の浸透力!

洗顔→美容成分導入→施術直後からお化粧OK

施術前がこちら

施術前がこちら

20代半ばは吹き出物に悩むことが多かった私ですが、最近は肌のくすみ・しみ・たるみの悩みが。

ドクターの検診の結果、〔トラネキサム酸 + ビタミンC〕の導入に決定。これは皮膚の新陳代謝を促し、しみの原因となるメラニンの生成を抑制するとのこと。

私はこのメニューでしたが、その他、酸化を抑え皮膚を柔らかくする〔グリシルグリシン(GG)〕や、総合的なお肌のエイジングケアとして〔複合幹細胞成長因子(ペップビュー)〕など目的にあわせてメニューが選べるようになっています。

顔から首までたっぷり施術。30分寝ているだけ

顔から首までたっぷり施術。30分寝ているだけ

施術中は乾燥肌のため少しピリピリすることもありましたが、「気持ちいい」という感覚がほとんど。
気が付いたら夢の中でした。

透明感・目力がアップ! “疲れ顔”から脱却

透明感・目力がアップ! “疲れ顔”から脱却

施術は30分で終了。施術後の変化、どうでしょうか?

全体的に顔の疲労感がなくなり、黄ぐすみ・頬のたるみも軽減したように見えますよね。

実感としても、手で顔を触った時のサイズ感・肌の潤いの違いが分かりました。そして、とにかくまぶたが軽いというか目がパッチリ開けた感じ。

この写真、目を無理やり見開いてはいないんです。あくまで施術前と同じ無表情で撮ったつもりなので、自分でも写真をみて驚きました。

化粧直し、ヘアセットまで時間を気にせずに

化粧直し、ヘアセットまで時間を気にせずに

施術前後の洗顔、化粧直しは別室で。化粧台にはなんと女優ライトが! 基礎化粧品やドライヤーなど必要なものがそろっていました!
私が気に入ったのは、脇に設置されている拡大鏡。好きな位置に伸縮できるので、アイメイクや細かな部分のチェックにもってこい。

時間の制限もないため、この後に予定が控えていても問題ありません。

※メイク道具は要持参

魅力的なのはやはりこの気軽さ。30分という時間で私の場合は実感もできたので、とても満足でした。

継続して施術をすることでより効果が持続するようになるもの。
なおさら効率的にすき間時間で施術できることが、人気の理由なのですね。

時短美容のメニュー、引き続き追っていきたいと思います。

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る
PAGE TOP