プロおすすめ♪ ながらストレッチで体も疲れもスッキリ!

プロおすすめ♪ ながらストレッチで体も疲れもスッキリ!
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

長時間のデスクワークや運動不足で筋肉が凝り固まっていませんか? そんな方におすすめしたいプロ推奨の“ながらストレッチ”をご紹介。座りながらや寝ながらなど、筋肉を伸ばして疲れにくいスッキリボディを目指しましょう!

体トラブルはストレッチでケア♪

筋肉が凝り固まった状態だと、血行やリンパの流れが滞ってしまいます。
そうすると...疲れやすかったり、むくみやすかったり、冷えてしまったりなど、さまざまな体トラブルを引き起こす要因に!

そんなときはストレッチがおすすめです。
ストレッチで筋肉や関節が柔らかくなれば、代謝もよくなり、体が痩せやすくなるかも! また体が疲れにくくなりますよ。

そこで今回は美容や健康のプロたちが教える簡単ストレッチ方法をご紹介します♪

ストレッチを行う前に…

無理せず自分に合ったペースで☆

無理せず自分に合ったペースで☆

まずはストレッチを行うときのポイントをご紹介!

★入浴時やお風呂上りなど、体が温まっている状態で行うこと
入浴時やお風呂上りは、膝まわり、股関節など間接が柔らかくなっているので筋肉が無理なく伸ばしやすくなります。
また、リラックス効果も高まります♪

★左右前後の軸を意識して、どちらかに偏ることなく対称にやりましょう
猫背気味やストレートネックの方は、それに対応したストレッチをするようにしましょう。
左右前後のバランスが悪いと骨盤がゆがみ、痛みなどが出てくる可能性があります。

★目をつぶったりして、どこの筋肉が伸びているかをしっかり意識して行うこと
動きのパターンを脳にインプットしやすくなり、よりスムーズな動きでストレッチができますよ!

★ゆっくり筋肉を伸ばしていくことが大事
無理して行うと体を痛めてしまう場合があるので、無理せずじっくりとストレッチしていきましょう。

デスクワーク中などに☆ 座りながらストレッチ

息抜きも大事ですよ♪

息抜きも大事ですよ♪

同じ姿勢で長時間座っていることが多いデスクワーク。背中や肩が凝ったり、足がむくんだりしますよね?
そんな座り仕事が多い人におすすめな、座りながらできるストレッチをご紹介します。

1.足のむくみ、だるさ対策ストレッチ

1.背筋を伸ばして椅子に浅めに座る(立っている場合は、壁に背中を真っ直ぐ付けて体を支えてください)
2.片足を前に出して膝を伸ばし、かかとを床につけ、つま先を天井に向ける
3.膝を伸ばしたまま、かかとを軸に右回り、左回り5回ずつ足首をゆっくり回す

これを両足同じように行ってみてください!

2.肩こり対策ストレッチ

1.背すじを伸ばしてイスに座る(立っている場合は、足を肩幅に広げ背すじを伸ばしてください)
2.両手を組み、手のひらを天井にむけて両腕をぐっと伸ばす
3.手のひらで円を描くように腕を右回り、左回り5回ずつゆっくり回す。

3.仕事中や移動中に♪ キャットレッチ

1.背中を丸めた状態で座ります

2.背骨から首まで、無理のない範囲でゆっくりと反らしていきます

5回くらいを目安に行ってください☆
30分に1度くらいやると効果的ですよ。

寝る前などに☆ 寝ながらストレッチ

寝る前のちょっとした時間にできるストレッチをご紹介します。

お風呂上りなど体が温まっているときに行うと、体も柔らかく筋肉の伸びも感じやすいので、おすすめですよ♪
睡眠の質も上がるかも☆

1.お風呂上りに♪ ゆる楽ストレッチ

1.寝る準備が整ったら仰向けに寝る

2.腕を上に足を下に伸ばして気持ちの良いところでゆっくり深呼吸
  目を閉じてリラックスしながら行いましょう。何回やってもOK

3.仰向けのまま手足を天井の方に向けてブラブラ揺らす

4.そのまま両手で両膝を軽く支え、ふくらはぎをパタパタと軽く動かし、裏ももを刺激していく

5.4の体勢のまま、ゆりかごのように体を前後に揺らす
  背中を痛めないようにゆるく揺らすのがポイント★

6.2.の体伸ばしをもう一度行う

2.床磨きストレッチ

1.仰向けに寝ます

2.手のひらを床につけた状態で外回り、内回りを5回ずつ行います

このストレッチを3セット行いましょう!

3.背筋アプローチ

1.うつ伏せになって力を抜き、リラックスします

2.アゴを上げたまま右腕と左脚を床から上げて伸ばします

3.次に左腕と右足を同じように上げて伸ばします

交互に10回ずつ3セット行ってください!

4.寝ながら毒出しストレッチ

3つとも、あおむけに寝た状態からスタートします。

☆お尻の下が伸びるストレッチ
1.右のひざを両手で支え、ももが体につく位、強くゆっくり引き寄せます
2.左も同じように行います

☆内ももが伸びるストレッチ
1.右のひざを立て、外に向けて倒します
2.手は右ひざと左の腰に置き、ゆっくりと下に押します
3.左も同様に行います

☆腰~お尻が伸びるストレッチ
1.右のひざを立て、左の足の外側に置きます。
2.右の腕は大きく横に広げ、左手で立てたひざを掴み、ゆっくりと左に倒します
3.左も同様に行います

ゆっくりと呼吸しながら左右2セットずつほど行いましょう☆

まだまだあります! 簡単ストレッチ

日常的に取り入れられるようなストレッチをご紹介します。

1.ふくらはぎストレッチで経路ケア

座ったままでも寝転がったままでもOK!

座ったままでも寝転がったままでもOK!

写真のようにフェイスタオルを一本用意し、足裏にひっかけてふくらはぎの筋肉をストレッチ♪
赤いラインが引いてある膀胱の経絡を意識的にストレッチすることを心掛けてくださいね。

経路は筋肉と結びついているので、柔軟性を欠いて硬くなってしまうと、流れが滞りやすくなってしまうんです。

2.足指ストレッチ

こちらも寝たまま座ったままで◎

こちらも寝たまま座ったままで◎

写真のように足の指を曲げたり、伸ばしたりするストレッチです。

うまくできない、足がつりそうになる方はタオルのたぐし寄せもおすすめです。

忍耐強く続けてみて、土踏まずの縦のアーチと横のアーチを作れるようになると、足裏がクッションのように働きだして、
リンパの巡りが促されるようになりますよ♪

いかがでしたか?
どれも日常的にすぐできるようなストレッチ方法ばかりでしたね♪
ストレッチで凝り固まった体をほぐして、疲れもむくみも撃退しましょう。ぜひ参考にしてみてください☆

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る
PAGE TOP