ダメージヘア・かゆみの要因? 髪が濡れたままだとダメなワケ

ダメージヘア・かゆみの要因? 髪が濡れたままだとダメなワケ
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

美容師さんに「ちゃんと髪を乾かして寝てくださいね! 」と言われたこと、ありませんか? 濡れたままの髪はダメージヘアや頭皮トラブルの要因になる可能性があるんです。そこで今回は髪を乾かさないことによるデメリットと、乾かす際のポイントをご紹介します。

濡れた髪は乾かさないと何が悪いの?

疲れて帰ってきた日など、お風呂の後ついつい髪が濡れたまま寝てしまっていませんか?
また美容室に行って美容師さんに「濡れた髪はきちんと乾かしてくださいね」なんて言われたことがある人も多いはず!

でも具体的に髪が濡れたままだと、何が悪いのかよくわからないっていう人も多いですよね。

そこで、今回は髪を乾かさないことのデメリットと、乾かすときのポイントをご紹介します。

キューティクルがはがれやすくなる!?

髪が濡れている=キューティクルが開いている

髪が濡れている=キューティクルが開いている

髪は濡れてるときが、とくにデリケートなのことを知っていますか?

水分を含んでいる髪はキューティクルが開き、はがれやすくなっているんです。
キューティクルとは、外部の刺激から毛髪を守ると同時に、髪内部の水分やタンパク質が流れ出さないように防いでくれています。
また、髪にツヤを与えるのもキューティクルの役割。

なので、乾かさずにキューティクルが開いた状態のまま、寝たりすると枕に髪がこすれてキューティクルがはがれ、髪が傷みやすくなってしまうのです。

頭皮にも悪い?

濡れたままだと冷えて風邪ひいちゃうかも…

濡れたままだと冷えて風邪ひいちゃうかも…

髪を乾かさないと頭皮にもさまざまなトラブルを引き起こす可能性があります。

髪が濡れたままだと地肌に雑菌が繁殖しやすくなります。
雑菌が繁殖すると、フケやかゆみ、臭い、抜け毛のもとに…。

また頭が冷えて血行が悪くなります。発毛には頭皮の血行が大事なので、薄毛の要因になる可能性があります。

こんな頭皮トラブルを起こさないように、髪はきちんと乾かすようにしましょう!

乾かすときも要注意!

ドライヤーを近づけ過ぎず、こまめに動かして

ドライヤーを近づけ過ぎず、こまめに動かして

髪に水分をたくさん含んでいる状態で、ドライヤーをかけるのはNG!
髪は熱にも弱いので、ドライヤーの熱風を長く髪に当て続けるとヘアダメージの要因になります。
なので、しっかりとタオルドライをしてからドライヤーをかけるようにすることが大事。ドライヤーも20cmくらい離して当てるようにしましょう。
でもタオルでゴシゴシ拭くとキューティクルがはがれやすくなるので、髪をこすらないように優しくタオルドライしてくださいね!

またタオルドライ後にオイルなどをつけて髪を保護してから、ドライヤーで乾かすのもダメージケアに効果的ですよ♪

いかがでしたか?
いつも濡れたままで寝てしまうという人は、こちらの記事をきっかけに濡れた髪を乾かす習慣をつけてダメージケアや頭皮トラブル予防しましょう!

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る
PAGE TOP