間違った洗顔が肌を薄くする!? 角質ケアのための正しい洗顔方法

間違った洗顔が肌を薄くする!? 角質ケアのための正しい洗顔方法
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

しみやくすみ、ニキビなど肌トラブルの要因になる古い角質。そんな角質のケアには洗顔方法が大切です。しかし、間違った洗顔方法をしていると肌が薄くなってしまい肌荒れの要因に…。そこで今回は泡をのせるだけの洗顔方法やクレイ洗顔など、美容のプロ直伝の洗顔方法をお教えします。

角質ケアにはまず洗顔から!

古い角質を溜めたままにしておくと、肌がざらつき、くすみやしみ、ニキビや毛穴の黒ずみなどさまざまな肌トラブルを引き起こす要因に…。

古い角質を溜めないようにするためには、洗顔が鍵を握っています。

あなたは日々、どのように洗顔していますか?
洗顔ブラシやスクラブでゴシゴシこすっていませんか?

その洗顔方法、実は肌を薄くし、逆に肌荒れの引き金となっているかもしれません!

そこで今回は、美容のプロたちが教える正しい洗顔方法についてご紹介します。
美肌を目指したい方は、ぜひチェックしてみてくださいね♪

角質層は薄っぺらい!

角質層はめっちゃ薄いので取り扱い注意!

角質層はめっちゃ薄いので取り扱い注意!

角質層は、食品用のラップ程度の薄さしかないことを知っていますか?

その薄さの中に肌から水分を逃さないようにする保湿の役割や、外部との刺激から守ってくれるバリア機能などが詰まっています。
肌のきめ細やかさやハリなどがある美肌を作ることにおいて、この角質層は大事な役割を担っているのです。

洗顔方法を間違えていると…

あなたの洗顔方法間違えているかも!?

あなたの洗顔方法間違えているかも!?

“角質”と聞くと、なんとなく肌トラブルの要因のイメージがあったのではないでしょうか?

ところが上にも書いた通り、肌の潤いと外部の刺激から保護してくれて、お肌を美しく見せてくれるのも角質の役割なのです。

この角質のバリア機能は、日々の洗顔でゴシゴシ強く洗いすぎたり、頻繁にスクラブ洗顔をしたりするなど、外部から強い刺激を加えたり、過度な角質ケアをしたりしていると簡単に低下してしまいます。
そうすると、美肌どころか逆に乾燥肌や肌荒れ、敏感肌になってしまう恐れがあるんです。

また、しわやシミができやすい状態にも…。

美容のプロおすすめの洗顔方法♪

ぜひ試してみてください♪

ぜひ試してみてください♪

角質層はとっても薄くてデリケートなため、洗顔は優しく洗ってあげるのがポイント!

ここでは美容のプロがおすすめする洗顔方法をご紹介します♪

泡をのせるだけ洗顔

泡をのせる! 以上

泡をのせる! 以上

角質ケアで重要なのは古い角質をためないこと! そのためには洗顔方法が大切です。
上記にも書いた通り、ゴシゴシ顔を洗うのはNGなので、優しく洗うというはお分かりだと思いますが…

むしろ泡を顔にのせるだけでいいんです!

泡を顔に乗せたら触らなくてOK♪
それだけで泡が毛穴を柔らかくして、汚れを吸着してくれます。
逆に動かしてしまうことで泡とお肌の接着面がはがれ、汚れが落ちにくくなってしまう場合も。

そんな泡を乗せるだけ洗顔方法はコチラ

洗顔だけできちんと汚れが落ちた肌は、びっくりするほど肌のトーンが上がっているかも!

ミネラルたっぷり! クレイ洗顔

泥の美容効果ってすごい!?

泥の美容効果ってすごい!?

クレイ洗顔とは、ミネラルを多く含んだ泥=クレイを使用した洗顔方法のこと。


クレイの期待できる効果は…

1.吸着性に優れていて、皮膚に塗ると汚れや余分な油、臭い、古い角質をケアしてくれます。
2.吸着力により細菌の活動を抑えてくれます。
3.ミネラルの働きで肌の炎症などを沈めてくれます。


そんなクレイの力を使った洗顔&パックがおすすめ!

洗顔といえば泡立てて…となりますが、このクレイ洗顔は界面活性剤フリーなので泡立ちません。
洗顔としても、1分間くらいおいてパックとしても使用可能なんです。

しっとりつるつるの肌へと導いてくれますよ♪

いちご鼻対策に! 角栓・黒ずみ毛穴ケア洗顔

ブツブツいちご鼻にさようなら!

ブツブツいちご鼻にさようなら!

スキンケアには洗顔が基本。角栓、毛穴の黒ずみケアも洗顔が基本です。
こちらでは皮脂汚れの酸化を防いで、角栓や毛穴の黒ずみをケアしてくれるような洗顔方法をご紹介します。


1、鼻に乳液を馴染ませてから、蒸しタオルをのせる、あるいは入浴中の蒸気で肌を温めます。
  自然に毛穴が開き、皮脂汚れを浮き上がりやすい状態にします。

2、なるべくたっぷりの泡で、こすりすぎないように優しく洗顔します。すでに半分浮き上がった状態の皮脂汚れを泡で吸着していくイメージです。

3、洗顔後、よくすすいだら、最後に水をかけて毛穴を引き締めます。

4、油分の多いクリームなどの使用は控えめに、化粧水・乳液等でスキンケアをします。


定期的なスペシャルケアには、寝る前のリラックスタイムに美容液たっぷりのパックや、化粧水や美容液をしみ込ませたコットンパックするのもおすすめです♪

いかがでしたか?

日々行なう洗顔だからこそ、見直してみてください。
スキンケアの基本は洗顔といっても過言ではないほど、キレイな肌を叶えるためには洗顔方法は大事。
ぜひ紹介した洗顔方法も一度は試してみてくださいね♪

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る

この記事に関するタグ

PAGE TOP