かわいい女性は、やっぱり小顔!? セルフケアで小顔を作ろう

かわいい女性は、やっぱり小顔!? セルフケアで小顔を作ろう
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

美容のスペシャリストがおすすめする、小顔を手に入れるためのケア方法をご紹介! 顔を大きく見せてしまう、えら、二重アゴ、たるみ肌などお悩み別の対策法をまとめました。小顔に近づき、かわいいって言われたい方、早速セルフケアをはじめてみましょう

小顔に近づきたい! コンプレックスをケア

顔の大きさがコンプレックスの女性は多いですよね。写真を撮るときは常に後ろに、髪形はフェイスラインを隠すように気を使い、メイクはアゴのラインに濃いめのシャドーを入れてみたり…。

でも顔の大きさの悩みは、普段の姿勢やクセを見直すことで、大きな要因である“えら”“二重アゴ”などがケアすることができます。

今回は美容のスペシャリストがおすすめするパーツごとのケア方法をご紹介します。

顔が大きく見えるのは、えらのせいかも

えらをケアしてシャープな顔立ちに

えらをケアしてシャープな顔立ちに

緊張しているとき、我慢しているとき、寒いとき、そんなとき奥の歯を食いしばりますよね。

えらは生まれつきと思っている方が多いのですが、この食いしばりのくせがえらの要因になっていることがあります。

えらをケアしてあげることで女性らしいシャープなフェイスラインに近づけます。

えらのケアは、咬筋(こうきん)をほぐそう

可愛いは、作れる!

可愛いは、作れる!

咬筋(こうきん)はえらがある付近の筋肉のこと。咬筋は食いしばったりすることで筋肉がコリ、えらの要因になると考えられています。

エラのケアは、優しくアゴの筋肉をマッサージをしてあげるだけ。

えらの張りは、肩こりや、頭痛にも影響してくることがあるのでこまめにマッサージをしましょう。

顔が大きく見えるのは、二重アゴのせい!?

この姿勢はNG

この姿勢はNG

太っているわけではないのに、二重アゴという方、意外に多いですよね。その要因は、姿勢の悪さからリンパの流れが悪くなり、アゴ周りに老廃物がたまってしまっているからでは。

姿勢が悪いとかみ合わせが悪くなり、顔のゆがみにも影響が出てきます。

パソコンに向かって仕事をしているときの姿勢、スマートフォンを見ているときの姿勢、もう一度見直してみましょう。

二重アゴのケアは、リンパマッサージがおすすめ

力を入れすぎず優しくケア

力を入れすぎず優しくケア

首周りのリンパマッサージで二重アゴのケアをしよう。二重アゴをケアすることで横顔に自信が持てます。

【やり方】

1、アゴの下から耳元に向かって、手の平で老廃物が流れるイメージでマッサージを行う。

2、耳下から鎖骨に向かってマッサージをする。

肌の負担を抑えるために、オイルや乳液などで滑りを良くしてマッサージを行いましょう。

顔が大きく見えるのは、肌のたるみのせいですよね…

肌のたるみが気になる…

肌のたるみが気になる…

年齢を重ねるごとに顔が大きくなると感じるのは、顔のたるみが要因と考えられています。

表情筋の衰えも肌のたるみに関係していますが、それだけではなく頭皮のコリにも注目してみましょう。

頭皮は顔と皮膚がつながっています。頭全体をケアすることでたるみケアの近道に♪

顔のたるみケアは、側頭筋をほぐしてみよう

頭皮のコリを意識してみよう

頭皮のコリを意識してみよう

側頭筋とは、耳の上にある筋肉のことをいいます。この筋肉をほぐしてあげることで顔のリフトアップに効果的です。

【やり方】

1、両手で耳をふさぐようにします。

2、手はそのままで、指をたてて側頭筋をほぐすようにマッサージをしましょう。

力を入れすぎず、痛気持ちいい強さでマッサージを行いましょう。

顔が大きく見える要因が見つかりましたか? 自分のタイプを見つけられたらあとは、セルフケアをスタートさせるだけ。一人でケアをしていても中々うまくいかないときは、サロンで小顔ケアのプロに相談してみるのもおすすめです。

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る

この記事に関するタグ

PAGE TOP