くすみ肌になる人は、うっかりさんが多い!?

くすみ肌になる人は、うっかりさんが多い!?
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

肌のくすみを予防する方法、具体的にどんなケアをすれば良いかご存知ですか? 日焼け止めも塗っているし、肌もこまめに化粧水で潤しているし...。でもそれだけしておけば安心というわけではありません。そこで今回は見落としがちな肌をくすませてしまう要因をまとめました。ぜひチェックしてみてください。

肌は、くすむ前の予防が大切!

あの時、きちんと日焼け止めを塗っていたら。メイクオフを丁寧にしていれば...。肌のくすみに悩まずに済んだのに。そんなタラレバな悩みを抱えたくないですよね。

できてしまったくすみを、元の白い透明感のある肌に戻すことは結構大変です。けれども日頃から、丁寧にケアをして予防しておけばくすみ知らずの透明肌をキープできるはず。

そこで今回は、美容のプロが教える、くすみ予防法をまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

紫外線を、甘く見ていませんか?

車内も、紫外線対策は必要

車内も、紫外線対策は必要

紫外線対策は、くすみ予防の基本です。

紫外線というと、夏の晴れた日をイメージする方が多いと思いますが、紫外線は冬でもしっかりと降り注がれています。

冬は、夏ほど紫外線が強くないからと、紫外線対策をおろそかにするのはNG。また室内や車中に降り注ぐ紫外線でも、肌にダメージを与えます。実はそんな、このぐらい大丈夫という油断がくすみ肌への第一歩です。

毎日、丁寧にスキンケアしていますか?

スキンケアに手を抜くのはNG

スキンケアに手を抜くのはNG

乾燥は、肌の大敵。

肌の潤いが減ると、ターンオーバーがスムーズにいかなくなり、古い角質がはがれず肌全体がグレーぽいくすんだ肌になってしまいます。

自分の肌の状態をきちんと把握し、自分に合ったスキンケア商品を選ぶことが大切です。自分の肌に合ったアイテムが分からなければ、美容サロンでカウンセリングを受けるのもおすすめです。

洗顔フォームで満足していませんか?

メイククレンジングで、メイクオフが大切

メイククレンジングで、メイクオフが大切

アイメイクやリップメイクのオフ、みなさんどうしていますか? なぜ、ポイントメイクをオフする専用のクレンジングがあるのか知っていますか?

それは、普通の洗顔フォームではポイントメイクの汚れは落としにくいからです。そのため目元をゴシゴシこすり、その刺激でくすみをつくってしまいます。

またそれにプラスして、落としきれなかったメイクは肌に残り酸化して、肌にダメージを与えます。

クレンジングで落としきれなかったメイク汚れは、がんこな油汚れと同じです!

その化粧品、いつ買ったものですか?

化粧品にも、使用期限があります

化粧品にも、使用期限があります

化粧品はなかなか捨てづらいですよね。お気に入りだし、高かったからとか、まだたくさん余っているからとか...。でもその使い方はNGです。

化粧品には、使用期限が書いてありませんが、開封したその日から劣化がはじまります。

【使用期限の目安】

〇化粧水・美容液 2~3ヶ月

〇リキッドファンデーション 6ヶ月

〇マスカラ 1~3ヶ月

メイクは肌をキレイに見せる道具です。そんなメイク道具で肌トラブルを招かないように、もったいない病はやめましょう。

ストレスも肌に負担がかかります!

質の良い眠りは、美肌に大切

質の良い眠りは、美肌に大切

仕事のストレス、人間関係のストレス、SNS疲れのストレス、今の時代はストレスだらけです。外的ストレス以外の、内的なストレスも肌トラブルのもとになります。

ストレスを感じているときの体は緊張状態で、血行不良の要因にもなります。この不調が、肌のターンオーバーを遅らせ肌のくすみにつながります。

対策としては、ゆっくり睡眠をとること、軽く運動をすること、自分へのご褒美をすること。

当たり前のことばかりですが、とても大切です。

肌のくすみ対策、知っているようで、見落としてしまっていることはありませんでしたか?

くすみのない肌は、健康的で明るい印象にもつながります。今回ご紹介した対策法は、すぐにはじめられるものばかりなので、ぜひ試してみてください。

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る
PAGE TOP