乾燥肌は、やがてシワ肌へ… やりがちNGケア、5項目をチェック

乾燥肌は、やがてシワ肌へ… やりがちNGケア、5項目をチェック
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

一年中、乾燥肌でお悩み方、そろそろスキンケアの見直しを提案します。なんとなくで続けてきたスキンケア、今回はやりがちなNGケアをまとめました。心当たりのある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

肌が落ち着く季節のはずなのに

冬の乾燥時期を乗り越えて、やっと肌のストレスが落ち付くはずなのに…。まだカサカサしている方、もしかしたらスキンケアに問題があるかも。

また「一年中、乾燥肌です!」 みたいな方も体質のせいにする前にスキンケアの見直しが必要です。

そこで今回は、意外に見落としがちなうっかり習慣をまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

乾燥肌に心当たりがありませんか?

しわのリスクが上がります

しわのリスクが上がります

乾燥肌ですが、何が問題なの?

乾燥肌は女性の悩みの種である“しわ”の要因につながります。

そのためには、乾燥肌に悪いとされていることはまず見直さなければなりません。注意ポイント、5項目をさっそくチェックしてみましょう。

1、熱いお湯で洗顔をしてない?

なぜ熱いお湯での洗顔が、乾燥肌の要因になるといわれているのでしょう。

考え方は様々ですが、一つは熱いお湯で洗顔することにより、本来肌に必要な皮脂まで落としすぎてしまうからと言われています。ということは冷たすぎる水は汚れが浮きにくくなるというリスクも潜んでいます。

理想は人肌より少しぬるま湯の洗顔が乾燥肌の方にはおすすめです。

▽▲コチラもチェック△▼
正しいすすぎ方で⇒ 肌は変わる!?

2、タオルでごしごし、肌をこすってない?

洗顔後、水分をふき取るためにタオルでゴシゴシ拭くのも結構やりがち。

このとき肌で何が起こっているかというと、タオルで肌をこすることにより摩擦が生まれ、角質を傷つけてしまうリスクが上がっています。

特に目元は肌が薄くなっているので、目元のシワが気になる方は気を付けましょう。

▽▲コチラもチェック△▼
皮膚の厚さは⇒ サランラップ一枚分!?

3、あぶらとり紙、使いすぎてない?

あぶらとり紙は、顔のテカリが気になったとき、サッとケアできるので便利なアイテム。

でもやりすぎは、必要以上に皮脂を取りすぎてしまいます。どうしても気になる方は、Tゾーンだけ使うようにしましょう。

目安として、一回一枚、一日三回程度に抑えるように。

4、荒れた手で、スキンケアしてない?

自分の手を見てください。潤っていますか?

保湿クリームを塗るとき、みなさん手で塗っていますよね。手がカサついているとせっかくの保湿クリームが手に取られてしまいます。

またガサガサの手でスキンケアを続けていると、肌に傷を作ってしまう可能性もあるので手のケアも忘れずに。

▽▲コチラもチェック△▼
手にも⇒ 年齢がでます

5、化粧水、ケチってない?

高級な化粧品だから、少しずつ使いたいという使う気持ちはすごくよくわかります。でも肌が潤っていなければ意味がありませんよね。

それに化粧品にも有効期限が存在します。開封した時から、ゆっくりではあるけれども劣化がはじまります。有効成分がしっかり効いているうちに使い終わらないとそのほうがもったないですよね。

▽▲こちらもチェック△▼
やってはいけない⇒ スキンケア

どの項目も日常生活でやりがちですよね。乾燥肌で、一つでも心当たりある方は今日から見直しが必要です。

これぐらい大丈夫の積み重ねが乾燥肌につながり、やがて私たちを悩ます“しわ”となって姿を現します。どうか乾燥肌を侮らないでください。

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る
PAGE TOP