つらい肩こりや疲れがスッキリ! プロが教える簡単メソッド

つらい肩こりや疲れがスッキリ! プロが教える簡単メソッド
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

春は環境の変化やイベントごとが多くて体が疲れやすい季節。疲れが溜まってしまって肩や首のコリに悩まされていませんか? そんな悩みを美容や健康のプロが解決! 疲れや肩や首をはじめとする体のコリに効果的なセルフケア方法を教えます。

春は疲れやすい季節

春は寒暖差や新生活による環境の変化で体が疲れていたり、お花見や歓迎会などでついつい暴飲暴食して胃腸が疲れていたり…。
とっても疲れやすい季節。

疲れが溜まって肩や首が凝ったり、全身が凝り固まったりしていませんか?

そんな春だからこそ、その日の疲れは翌日に持ち越さないようにしたいですよね。

ということで今回は、美容や健康のプロが教えるコリや疲労ケアに効果的な簡単セルフケア方法をご紹介します。
こちらをチェックしてコリも疲れもスッキリさせましょう♪

ダイエットにも◎ タオルで簡単肩こりケア

テレビを見ながら簡単にできるタオルを使った肩こり解消ストレッチをお教えします。
このストレッチは、ダイエットにもつながるから一石二鳥ですよ!

<やり方>

1.肩甲骨の上部分をほぐす
右手で左肩の肩甲骨の上あたりをつかんで、できるだけ強めの力で後ろから前に押し流し。左右各10回やってくださいね

2.タオルで筋肉を刺激する
右手でタオルの端を持ち、頭の上から背中側にたらします。左手でたらしているタオルの下の端をつかんで10秒キープ。こちらを手を持ち変えて各3回ずつ
☆この時なるべくタオルを短く持つと、より効果的。筋肉を刺激してあたためましょう。

3.背中~ワキの肉を前へ前へ
右手で左の脇下から背中へ手をまわし、手のひら全体で前へ前へと押し流し。ムダ肉と老廃物を背中側から前に持ってくるイメージで左右各10回ずつやってください

4.下に向かって流す
上部のケアの次は、肩甲骨の下部分のケアで仕上げをしていきましょう。肩甲骨の下あたりから腰に向かって4本の指全体で流してください

5.最後の仕上げ
前のステップで下に向かって流したものを、次はそけい部まで運んで完了です


画像付きの詳しい方法はコチラをチェック!

お風呂で簡単! マッサージでコリがスッキリ

一日のお疲れケアにおすすめなお風呂でのマッサージ方法をご紹介します。
湯船に浸かりながら実践してくださいね。

<やり方>

1.右手の4本指(親指以外)で左側の鎖骨の上を首の付け根から肩の方へ2回マッサージ

2.次に鎖骨の下を脇の方へ2回マッサージ

3.手を左手に変えて右側の鎖骨の上を2回マッサージ

4.次に鎖骨の下を脇の方へ2回マッサージ

1~4の流れを交互に2~3セット行なってください。

かっさを使ってもOK。
これだけで血行が促されて、首こりや肩こりが楽になりますよ♪

またシャワー派の方はボディソープで体を洗うときや、お風呂上がりにボディミルクを付けながら行っても大丈夫です。

猫背は足のマッサージで解決!?

PC作業などデスクワーク仕事が多いと猫背になりがちですよね?
猫背は肩が内向きになるので呼吸が浅くなり、頭の重みが首や肩に重くのしかかるため、肩こりの要因に…。

そんな猫背は足マッサージで解決!
なんで足なのかというと、二本足で生活している人間はそれぞれ立つ姿勢に個性があり、加重するポイントが人によってまちまち。
個性によってふくらはぎへの力の入り方が違うので、それが猫背へとつながってしまう場合があるんです。

足をマッサージするときのポイントは、ふくらはぎを揉んで柔らかくしてから足首周りと膝の裏側を重点的にもむこと。

そして、足裏のつま先からかかとまで体重をかけながらしっかりとマッサージしてください。

このふくらはぎと足裏のマッサージを行なえば、足のむくみもスッキリ、猫背も解決してキレイな立ち姿になるはず♪

ボールで簡単コリほぐし

ボール一つで簡単にできるコリほぐし方法をご紹介します。

その方法はボールを寝転んでお尻の筋肉に当てたり、壁にもたれて肩甲骨内側に当てたりするだけ。
イタ気持いところを見つけたら10~20秒、じーっと体重をかけてください。
これを3回くらい繰り返すと凝っていた部分の血行が促され、体がスッキリ!

サインボールや硬式テニスボールを使って行うのがおすすめです。

小顔にも◎ 寝る前の首ストレッチ

こちらでは肩や首のコリのほか、小顔効果も期待できる首ストレッチをご紹介します。

<やり方>

1.立った状態で背中で手を組み、自分のつま先を見るように真下を向いてください。

2.つま先を見たあとは、首を回します。ゆっくりと時間をかけて回すようにしてください。
  このとき頭の中で『10』程度数えながら、一周させるような感じが良いです。

この流れを左右5~6セットずつやってみるのがおすすめです。

首を一周させるときのコツは、真上をしっかりと見ること。
視線もしっかりと移動させることで、大きく首を回せますよ。


この首ストレッチについてもっと詳しく知りたい方はコチラをチェックしてみてください。

いかがでしたか?
つらい肩や首のコリや溜まった疲れもこれでスッキリするはず!
どれも日常に取り入れられる簡単なケア方法なので、ぜひ一度試してみてくださいね。

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る
PAGE TOP