買う前にチェック! 日焼け止めの正しい知識

買う前にチェック! 日焼け止めの正しい知識
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

しみやしわなど肌トラブルの要因となる紫外線の対策には、まず“日焼け止め”ですよね。でも日焼け止めに表示されているSPFやPAという表記の意味、ちゃんと知っていますか? 今回は、意外と知らないSPFやPAなど、日焼け止めについてご紹介します。日焼け止めを買う前に、こちらでぜひご確認を!

SPFとかPAって何?

しみやしわなど肌トラブルの元凶となる紫外線。一年中降り注ぐものの、これからだんだん強まっていきます。そんな紫外線対策には、まず“日焼け止め”という人が多いはず。でも日焼け止めに表示されている“SPF”や“PA”という表記。何のことかご存知ですか?

SPFとPAは紫外線から肌を守る指標

SPFは数字でPAは+の数で表記されてますよね

SPFは数字でPAは+の数で表記されてますよね

紫外線には、肌トラブルの要因となる波長が長いUVA波、波長が短いUVB波があります。
日焼け止めなどUVケアの商品に記載されている【SPF】や【PA】は、このUVAとUVBを防ぐ効果をわかりやすく示した指標のこと。

これだけ言われても、まだよくわからないままですよね?
こちらでは、誰でもわかるようSPFやPAについて詳しく紹介していきます。

日焼けの要因! 波長が短いUVBにはSPF

SPFの数字は効果が強いのではなく長い!

SPFの数字は効果が強いのではなく長い!

SPFとは、Sun Protection Factor(サン プロテクションファクター)の略。SPF20やSPF50など、数字と併せて表記されています。
これは肌を赤くするなど日焼けを引き起こしたり、しみの要因になったりする紫外線【UVB】をどれほどの時間防いでくれるかといったことを数値化したもの。
日焼け止め効果がどれだけ持続するかなので、数値が高いほど効果が高いという意味ではないんです。

1SPF=約20分が目安。
つまりSPF50は、約1,000分(16時間40分)もの時間、紫外線(UVB)を防いでくれるということになります。

ただ日焼けするまでの時間は、一人ひとり違うので要注意。あくまでも目安として考えてくださいね。

一年中降り注ぐ長い波長のUVAには! PA

季節問わず一年中降り注いでいる…

季節問わず一年中降り注いでいる…

PAとは、プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略。
しわやたるみ、しみの要因となる紫外線【UVA】の防止の目安を表したもので、+と併せて表示されています。
+の数が多いほどUVAに対する高い効果が期待できるんだそう。

UVAは波長が長く、雲やガラスも透過して肌の中まで届くと言われているので、曇りの日でも要注意。部屋の中に入り込み、洋服も通過してしまいます…。
冬だろうが夏だろうが年中季節を選ばず、弱まる季節はないといわれている紫外線がコレです。

なのでお肌のためには常にPA表記をチェックして、UVAから肌を守るような対策を取るようにしてください。

日焼け止めを選ぶのときのポイント

こまめに塗り直すことが大切

こまめに塗り直すことが大切

SPFやPAが高いものを使ったからと言って、一日中安心という訳ではありません。
また、SPFの数値が高いUVケア商品はその分、肌への負担や刺激が大きくなりがちなので要注意なんです。

日常使いなら『PA+』『PA++』や『SPF15~25』のものがおすすめ。
絶対に日焼けしたくないという人は日焼け止めを十分な量をムラなく肌に塗り、2、3時間おきなど一日に何度か塗り直すようにしましょう。

ちなみにアウトドアなど、とくに紫外線が気になるときはノーマル肌の方はSPF50・PA+++、敏感肌の方はSPF30・PA+++を目安に選ぶのが◎敏感肌の方は美容成分が配合されているもので紫外線吸収剤不使用、ノンケミカルといった表記があるものがおすすめだそうですよ!

いかがでしたか?
SPFやPAのことを知っているのと知らないのでは、日焼け止め選びも変わってきますよね。
こちらの記事を参考に自分に合ったUVケアグッズを探してみましょう!

参照元はコチラをチェック!

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る
PAGE TOP