むくんでいる時こそ水を! 日常からむくみ対策しよう

むくんでいる時こそ水を! 日常からむくみ対策しよう
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

むくみやすいからって水を飲まないようにしていませんか? 実はそれがむくみに繋がっている場合が…。そこで今回は、むくみの要因や、むくみ対策のために日常から気を付けるべきことをご紹介します。むくみやすい…という女性は必読ですよ!

むくみやすい人は日常生活を見直してみよう!

脚がパンパン、毎朝顔がむくんでいるという人は日常生活を見直してみませんか?
日頃のちょっとしたことが、むくみやすい体をつくってしまっている場合が…。

そこで今回は、食生活など日常生活で気を付けられるむくみ対策をご紹介します。

こちらを参考に、むくみ知らずなスッキリボディを手に入れましょう!

水を飲まな過ぎてもダメ!

むくんでいる時こそ水を!

むくんでいる時こそ水を!

水を飲みすぎて体や顔がむくむなどよく聞きますが、水を飲まな過ぎてもむくむという事実を知っていますか?

人間の体の約60パーセントは水分でできています。
なので水が足りないと体は水分を溜め込もうとして、逆にむくんでしまう場合が…。

塩分の摂り過ぎでむくむというのも、よく言われていますよね?
これも体が塩分濃度を下げようとして体に水分を溜め込むため。アルコールも同様です。

なので、むくみ対策には普段からしっかりと水を飲むことが第一歩ですよ!

濃い味を薄味にしよう!

ラーメンのスープは飲みほさないこと

ラーメンのスープは飲みほさないこと

塩分が多く味が濃い食べ物っておいしいですよね? でもむくみやすい人はちょっと我慢しましょう!

上にも書いた通り、塩分を取りすぎると体が水を溜め込もうとしてむくみやすくなります。
なので、むくみ対策には濃い味(塩分)をなるべく避けて、薄味の食事を心がけることも大事。

味付けは塩や醤油ではなく、こしょう・ゆず・レモン・しそなどでするなど塩分を控えめにするだけでもむくみにくくなりますよ。
最近では、塩分控えめの醤油なども売られているのでこちらもおすすめです。

カリウム豊富な食材を食べよう!

食べ物はカリウムに意識を

食べ物はカリウムに意識を

フルーツは美容や健康に良いっていうのはなんとなく知っているかと思いますが、むくみ対策にも効果的なんです。

とくに余分な塩分を体外へ排出してくれるカリウムが多く含まれているフルーツを食べるのがおすすめです。
カリウムが多く含まれているフルーツは…アボガド・バナナ・メロン・キウイフルーツ・グレープフルーツなど。
アボカド・ほうれん草・じゃがいもなどの野菜にも含まれています。
ただし茹でたりするとカリウムが溶け出てしまうので、できるだけ生のまま食べるようにしてください。

注)腎臓機能に問題がある方はカリウム摂取に気を付けてください。

脚を意識して動かすようにする!

立っているときはかかとを上げ下げ

立っているときはかかとを上げ下げ

男性より女性のほうがむくみやすいと言われているのは、筋肉が少ないため。

とくに足の血液を心臓に送る大事な役目をしているのが、脚の筋肉です。足を動かすことで筋肉が血液を送り出すポンプの役目になり、血行を良くして水分の流れを良くしてくれます。
しかし運動不足の方は足の筋肉が衰えていることもあり、脚の筋肉ポンプの力が弱くなっています…。
そうすると血行が悪くなりむくみを起こしたり、冷えにもつながるのです。

なのでむくみ対策には日常的に脚、とくにふくらはぎを意識して動かすようにすることが大事です。

お風呂上りや歯磨きしながら、かかとの上げ下げをしたり、たくさん歩くようにしたりしてみてください。

入浴中やお風呂あがりに、ふくらはぎをマッサージするのもおすすめです。
プロが教える“ふくらはぎマッサージ”のやり方はコチラをチェックしてみてくださいね♪

いかがでしたか?
日常のちょっとしたことで、むくみにくい体を目指せるんです。
こちらの記事を参考に、むくみに悩まない生活を手入れてくださいね♪

参照元はコチラをチェック▼

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る
PAGE TOP