手作りバスソルトやかっさで♪ お風呂でむくみスッキリ術

手作りバスソルトやかっさで♪ お風呂でむくみスッキリ術
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

むくみが気になる方必見! 今回は誰でも簡単にできるバスソルトやかっさを使ったお風呂でのボディケア方法をお教えします。簡単に作れるバスソルトのレシピや、おすすめのかっさもご紹介。こちらの記事を参考に、むくみのない美脚を目指しましょう!

一日の終わりにむくみをリセットしよう!

長時間座りっぱなしの仕事やヒールでたくさん歩いたせいで、脚がパンパンで痛いなんて経験ありませんか?
そんなむくみはお風呂に入るついでにリセットしちゃいましょう!

今回は美容のプロが教えてくれた“かっさ”や“バスソルト”でのむくみケア方法をご紹介。
むくみはもちろん、一日の疲れもスッキリしますよ♪

簡単! 手作りバスソルトでむくみケア

◆バスソルトの作り方

<用意する物>
☆お手持ちの塩…大さじ2杯ぐらい
☆アロマオイル(サイプレス・ゼラニウム・ジュニパーなどがおすすめ)…2滴ほど
☆蓋つきの小さめな容器

作り方はとっても簡単。容器に塩とアロマオイルを入れてシャカシャカ振るだけ!
このとき塩とアロマオイルをしっかり混ぜてくださいね。

◆できたら使ってみよう!

バスソルトができたら湯船に入れて浸かりましょう。
バスソルトは体内の水分調整をしてくれるので、むくみケアに効果的♪

また湯船に浸かっていて少し汗がでてきたら、バスタブに脚を引っ掛けて脚の血行を逆流させてみてください。
このとき、ふくらはぎや太ももを優しくつかんでムニムニもむと脚の疲れやむくみにさらに◎

一日がんばった脚は血行が悪くなっているので、脚を上げるだけでも気持ちいいですよ。

◆バスソルトはフットスクラブにも

バスソルトはフットスクラブとしても使うことができます。
マッサージする時は手のひらにバスソルトを乗せ、水がお湯で練ってペースト状にしてから使ってください。
優しく円を描くように足裏やかかとなどをマッサージし、最後はシャワーでしっかりと洗い流してくださいね。

ふくらはぎのむくみは、かっさで退治!

かっさで優しくゆっくりむくみケア

かっさで優しくゆっくりむくみケア

◆かっさの良いところ

“かっさ”とは専用のプレートを使って経路の流れを促すという、中国で古くから伝わる東洋医学的なデトックス方法です。

使用するかっさプレートは水に濡れたりするので、ストーンやプラスチック製のものが◎
とくにホットストーンでも使われている玄武岩でできている、かっさがおすすめです。
熱や衝撃、水にも強く、お湯で温めると温まった状態が続き、マッサージしていて気持ち良いですよ。
さらに、その温かさは遠赤外線効果もあるので、筋肉がほぐされます。

◆かっさで簡単マッサージ <その1>

やり方はお風呂に浸かりながら、ふくらはぎなど脚をかっさで軽くゆっくり擦りあげるだけ。
足裏などは擦りあげるだけでなく、かっさでプッシュしてみてください。

擦り上げるだけのとてもシンプルな方法ですが、むくみがスッキリしますよ。

ポイントはゴリゴリするのではなく、体が傷つかないようにゆっくり行なうこと。
擦っていて痛いところやゴリっとする場所は、とくにゆっくりほぐしてください。

◆かっさで簡単マッサージ<その2>

やり方はかっさを足首から心臓の方向に何回か滑らせていくだけ。
膝から下は、以下の3ルートをイタ気持ち良い圧でしっかりと滑らせてみてください。

・ふくらはぎの前、骨の外際(胃の調子や足の疲れの経絡)
・ふくらはぎの内側(婦人科系やむくみに効く経絡)
・ふくらはぎの後ろ側(腰痛や後面のむくみ)

ちなみに薄いかっさで強い圧で行うと、内出血の原因になってしまうので気を付けてください!
やはり湯船につかりながらがおすすめですよ。

いかがでしたか?
どれもとっても簡単なので、ぜひお風呂に入るときに取り入れてみてください。
むくみや疲れがスッキリする以外に、美脚効果も期待できますよ♪

▼参照元はコチラ▼

もっといろいろ詳しく知りたい方はチェック♪

もっといろいろ詳しく知りたい方はチェック♪

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る
PAGE TOP