腰痛は硬いお尻が要因!? 簡単ストレッチでこまめにケア

腰痛は硬いお尻が要因!? 簡単ストレッチでこまめにケア
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

デスクワークの方に多い腰痛の要因の一つに、姿勢の悪さがあります。仕事は毎日のことなので腰痛ケアにはまず姿勢を正すことが先決。そして腰回りの緊張で凝り固まっている筋肉をほぐしてあげましょう。

座っているだけで、体に負担が!?

一日中パソコンでの座り仕事が、腰痛の要因!? 腰の痛みは、やがてストレスにもなり体の不調につながることも…。だからといって仕事から逃げるわけにもいかないですよね。そこでプロから伝授していただいた、正しい座り方、ストレッチ法をまとめたので腰痛対策の参考にしてみてはいかがですか。

座り方の見直しから!

長時間座る方は、正しい姿勢で座らないと腰に負担をかけるばかり。自分の座り方を意識してみましょう。

やりがちな悪い姿勢とは

やりがちな悪姿勢は、浅く座ってイスの背もたれにもたれかかる座り方です。この座り方は腰だけではなく、体の不調にもつながります。デスクワークでの業務が長い方に多い肩こり、首こりの不調は座り方が悪いことも要因の一つ。この姿勢は、楽な姿勢ですが、楽だからと言って正しい姿勢ではありません。心当たりのある方は、今から改善しましょう。

好印象の正しい座り方

脚と腰の角度が90度になっている座り方が理想的。この姿勢がつらく感じる方は、骨盤が歪んでいる可能性があります。また腹筋が弱い方も、背筋を伸ばしたこの姿勢がつらく感じる傾向があります。長時間正しい姿勢でいることを負担を感じる方は、無理せずこまめに体を動かし筋肉をほぐすように心がけましょう。

お尻が硬くなって腰痛に!?

正しい姿勢で座っていたとしても、長時間座りっぱなしの状態は腰に負担がかかります。座っている姿勢は、股関節を圧迫しているので筋肉を硬直させる要因に。そのことによりお尻が硬くなり腰の痛みへとつながります。

お尻を柔らかくするストレッチでケア

階段を使ってストレッチをしてみましょう。

【ストレッチ法】

1、片足を階段にのせます

2、そのまま屈伸します

3、反対側の足も屈伸してください

画像付きの詳しいストレッチ法は⇒ コチラから

もっとお尻を直接ほぐしたい方は、テニスボールやゴルフボールなどの硬めのボールでグリグリとお尻にあてほぐしてみてください。痛き気持ち良いぐらいの強さでほぐすのが理想的です。

▼あわせて読みたいケア方法

いかがでしたか? 腰痛がお尻の硬さが要因ということは、意外に盲点ですよね。今回紹介させていただいたストレッチ法は、無理なく続けられるものを選ばせていただきました。仕事の休憩中などにぜひ試してみてください。

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る
PAGE TOP