ワキの黒ずみ大丈夫? 見落としがちな部位のスキンケア方法

ワキの黒ずみ大丈夫? 見落としがちな部位のスキンケア方法
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

顔は毎日スキンケアするけど、ワキやひじ、背中などのお手入れを忘れていませんか? とくに春先までは服に隠れていることが多いので見落としがちに…。これからどんどん薄着になってくるので、黒ずんでいたり、カサカサだったりしたら困りますよね? そこで今回は美肌やボディケアのプロが提案してくれたワキやひじ、背中などのスキンケア方法をご紹介します。

うっかり手入れを忘れてない?

暑い日が多くなってきた今日この頃。ファッションもだんだんと薄着になってきましたよね。そんなとき気になるのが今まで服で隠れていた体の部位。半袖など肌の露出が多い服を着てみたら、ひじがガサガサだったり、ワキの黒ずみにハッとしたり、背中にニキビができていることに気づいたり…今すぐにどうにかしたいと思っている女性も少なくないはず。
ということで今回は見落としがちだった体の部位別スキンケア方法をご紹介します。美肌やボディケアのプロがおすすめしてくれた簡単なケア方法なので、夏本番になる前に今から実践してみませんか?

黒ずみやすいひじは角質ケアをしっかりと!

半袖になった時に目立つひじは、いろいろな所に接触しやすく服などで摩擦を受けやすい部位。そのため皮膚が厚くなってゴワゴワ、カサカサになったり、黒ずんだりしやすいので普段からしっかりとお手入れしてあげることが大事です。

<お手入れ方法>
スクラブやゴマージュなどで余分な角質を落としましょう。角質リムーバーを利用してもOK。強くこすりすぎると逆に皮膚が厚くなってしまう可能性があるので、優しく擦るのがポイントです。また角質をケアした後は、しっかり保湿することを忘れずに! 保湿クリームなどで保湿しながらマッサージをして、血行を促してあげると良いですよ。
また、このケア方法はひざやかかとにもおすすめです。

背中は皮脂や汚れを丁寧に落としてニキビケアを!

背中は体の中でも顔の次に皮脂腺が多く、たくさん皮脂が分泌されるのでニキビができやすい部分です。皮脂や汗はもちろんシャンプーやコンディショナーの流し残しや、ヘアワックスやムースなどが触れたりすることもニキビの要因に…。また薄着になってくると紫外線を浴びて肌トラブルが起きやすくなるので、今からの時期は特にケアしてほしいところです。

<お手入れ方法>
背中ニキビなど肌荒れの予防やケアをしたいなら、入浴時に体は最後に洗うと◎ シャンプーやトリートメントなどの成分が体についたままにしないことが大事なんです。また洗う際は強くゴシゴシ擦るとニキビが悪化したり、皮膚が黒ずんだりする場合があるので、綿やシルクなど天然素材で作られたボディタオルを使って優しく洗うようにしてください。肌への刺激が少ない固形石鹸を使って洗うのもおすすめですよ。

そして顔だけじゃなく、背中にも日焼け止めを塗るなど紫外線対策を万全にしましょう。一人では塗りづらいという方はスプレータイプの日焼け止めを使ってみてください。ただし日焼け止めの洗い残しも肌荒れの要因となるので、専用クレンジングを使用するなどしっかりと落とすようにしましょう。また日傘やUVカット加工されている服もおすすめです。

ワキの黒ずみはオイルクレンジングで徹底ケア!

ワキもひじと同様に服などが摩擦しやすいため、黒ずみやすい部位。また汗をかきやすいので皮脂や古い角質が酸化しやすく、黒ずみはもちろん臭いも気になりますよね。そんなワキのケアはしっかり汚れを落とし、清潔に保つことが大事。とくに暑くなってくると制汗スプレーやパウダーなどを付けたりするので、顔だけでなくワキもしっかりクレンジングをするようにしましょう。

<お手入れ方法>
1.両脇を軽く拭く

2.乾いた状態のワキにオイルのクレンジング剤をつける

3.指の腹を使ってくるくるとワキ全体に馴染ませる

4.少量の水を手に付けてオイルと馴染ませ、乳化させる

5.洗い流したら顔のクレンジング同様に泡だったソープなどでキレイに洗う

6.保湿をしっかり行なう

いきなり乳化させると汚れが落ちにくくなってしまうので、ワキにクレンジングオイルを馴染ませた後に乳化させるようにしてください。

いかがでしたか? 今回ご紹介したケア方法を参考に、顔だけじゃなく日頃から体のスキンケアを行うようにしてみてください。
そうすれば薄着になっても焦らずに、肌の露出が多い涼しげなファッションを楽しめますよ♪

参照元はコチラ▼

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る
PAGE TOP