洗顔だけじゃ落とせない、毛穴の黒ずみ...実はシミだった!?

洗顔だけじゃ落とせない、毛穴の黒ずみ...実はシミだった!?
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

顔の毛穴の黒ずみケアをはじめる前に、黒ずんでしまった要因を探ることが大切。なぜなら、毛穴の黒ずむ理由は1つではなく、種類によってそれぞれケア法も異なるからです。そこで今回は、毛穴の黒ずみを作ってしまう大きな要因である角栓のつまりと、見逃しがちな毛穴シミなどに注目してみました。

意外に知らない、毛穴の黒ずみの正体とは

毛穴の黒ずみの要因は人それぞれですが、その中でも多いのが『角栓』のつまり。角栓というと皮脂が過剰分泌したものと思われがちですが、毛穴につまる角栓の70%は古い角質(タンパク質)と言われています。それを知らずに皮脂対策ばかりにいそしんでも、毛穴の黒ずみはなかなかキレイになりません。角栓による毛穴の黒ずみケアには、肌環境を整え古い角質が溜まらないように肌をうるおしてあげることが大切です。

そして毛穴の黒ずみの要因は角栓だけではありません。意外に知られていない毛穴シミ、そして毛穴の開きにも今回は注目してみました。それでは詳しく紐解いていきましょう。

毛穴の黒ずみの正体は?

《乾燥肌が角栓を育てる》

角栓が要因の毛穴の黒ずみは、主に乾燥肌が引き起こします。乾燥から肌を守ろうとして角質が厚くなります。角質は毛穴の出口を狭くしてしまい、毛穴が皮脂を排出しづらい状況になってしまいます。しかも毛穴は、肌の乾燥を補おうと過剰に皮脂を分泌しようとします。そんなこじらせた乾燥肌は、次から次へと角栓が育ち黒ずみやすくなります。

角栓が毛穴につまらないようにするには、毎日のスキンケアが鍵を握っています。たっぷりの泡で洗顔をして、化粧水で肌を整えたあと、乳液やクリームで水分を肌に閉じ込めるようにして乾燥肌をメンテナンスしましょう。

《毛穴の開きが、黒ずみに見える? 》

過度な皮脂対策で肌が乾燥してしまうと、毛穴周辺の皮膚がハリを失い毛穴が開いて黒く見えてしまいます。このタイプの黒ずみ対策は、肌のハリを整えることで毛穴が引き締まり黒ずみが目立たなくなります。

角栓対策と同様に、丁寧な洗顔とスキンケアで肌のメンテナンスを心がけましょう。

《日焼けのダメージで、毛穴がシミに 》

ざらつきを感じない毛穴の黒ずみは、毛穴のシミが疑われます。肌が紫外線のダメージを受け、毛穴付近にメラニンを溜めてしまうことでシミにつながります。主に10代、20代の頃に紫外線に対して無防備にしていた人は要注意です。

予防法としては、紫外線によるダメージを極力抑えること。皮脂の分泌が活発な鼻はこまめにUVケアをするように心がけましょう。また毛穴シミのケアには美白効果が期待されているスキンケアなどがおすすめです。

毛穴の黒ずみケアはプロに相談してみよう

毛穴の黒ずみはある日突然現れるものではなく、長い時間をかけて蓄積されてきたもの。気になりはじめたころには、ケアが難しい状態に達していることもあります。毛穴汚れに悩みを持っている女性は多く、ケア用のアイテムも様々。一気に角栓がとれるものはスッキリ感が味わえるのも◎ ただそのようなアイテムは肌に負担がかかっているリスクも忘れずに取り入れるようにしましょう。

肌トラブルのリスクを押さえて黒ずみケアをするには、フェイシャルエステという選択肢も取り入れてみてはいかがでしょうか。また定期的にエステでメンテナンスすることで肌環境が整い、毛穴に汚れがつまりにくい肌に近づけます。

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る
PAGE TOP