ダイエットが続かない人も! “ながら痩せ”メソッドで美ボディへ

ダイエットが続かない人も! “ながら痩せ”メソッドで美ボディへ
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

いろいろなダイエットに挑戦するも、毎回すぐに断念してしまう…というあなた! 今年こそ、ダイエットを成功させてみませんか? 今回は、ダイエットが続かない人向けの、“ながら痩せ”メソッドをご紹介。毎日取り入れやすくて続けやすい、そんなエクササイズをご紹介します。

今年こそ痩せる!その前に準備は万端ですか?

ダイエットには興味があるけれど、実践できないままでいる…、すぐに途中で断念してしまう…、そんな自分の意志の弱さにがっかりしている…、そんなつぶやきが聞こえてきそうな今日この頃。今年こそはと、再びあらゆるダイエット法にアンテナを張るも、どうせ私は続かないし…、そんな風に思って諦めてはいませんか?
今回は、ダイエットが続かない人向け! すきま時間でOKな“ながら痩せ”メソッドをご紹介! ダイエットをリタイヤしがちな人も、何かをしながらの“ながら痩せ”ダイエットだから、無理なく続けられそう! 早速チェックしてみて!

まずは痩せ目標を決めよう!

ダイエットを始める前に、まずは目標を立ててみましょう。例えば、いつまでに、体重を何キロ落とすとか、どこをどのように絞りたいかなど、具体的な目標があると達成しやすくなります。もちろん、高すぎる目標は挫折の元。ちょっと努力をすることで手が届きそうな目標を立てることをおすすめします。

ではここで質問です。みなさんは、ご自身の身長に対する標準体重をご存じですか?

BMIという言葉を聞いたことがある方も多いと思いますが、BMIとは体重と身長のバランスから算出される、肥満度を表す体格指数のこと。WHOで定められた肥満判定の国際基準で、「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で求めることができます。健康的な基準値は18.5~25といわれていますが、その中で最も健康的で病気になりにくいとされる理想値が22。一方で、18.5未満を痩せすぎ、25以上を肥満と分類します。

次に、このBMIを用いて、標準体重を算出してみましょう。BMIを理想値の22とした場合、身長別にみる健康(標準)体重の値はこちらの通りです。

日本人は、痩せ型の体形が美しいと思う傾向が強いため、上記で算出された体重では少し太めと感じる方も。その場合は、BMIを20に設定した、美容体重というものを目標にしてもいいでしょう。平均よりも痩せている範囲の数値となるため、美意識の高い方にとっては、こちらの計算式で算出された体重が理想に近いかもしれません。

いかがでしたか?
ご自身の身長とのバランスをみて、目標となる体重が明確になったのではないでしょうか。

すきま時間にトライ! “ながら痩せ”エクササイズ

さて、いよいよ“ながら痩せ”メソッドのご紹介です。日常生活のちょっとした動きにプラスするだけだから、気づいたときにできる! 無理なく続けられる!
目標とする体重、体形に近づくために、ぜひ取り入れてみてくださいね。

簡単にできる美脚美尻法

きゅっと引き締まったお尻に、すらりと伸びた脚は私たちの憧れ。パンツもスカートも素敵に着こなせる、そんなスタイルを目指しましょう!

1・太ももでタオルやテニスボールを挟む
食事を準備しているときや、食器を洗っているとき、あるいはデスクワークで座っているときなど、太ももにタオルやテニスボールを挟むことで足の内側の筋肉が刺激されて、引き締め効果を発揮。O脚対策にもおすすめです。座っている姿勢で挟むときはかなりきつくなるので、1時間に1~2分程度でOKです。

2・階段を上がるときは、つま先立ちで
階段を上がるときは、前に踏み出した足をつま先立ちをするようにして一歩一歩上がると効果的。ふくらはぎから太ももの後ろ、そしてお尻の筋肉が刺激され、脚のラインがきれいになります。

ポイントは、「やらないといけない」と思わないこと。何かをするときに一緒に「やろう!」と思うことが、無理なく続けられるコツだそうですよ。

骨盤を意識した立ち方でボディラインを整える

日常生活の中で骨盤を意識するだけで、体の不調を改善してボディラインを整えることができます。まずは立った状態で、骨盤の位置を正してみましょう。

1・かかとを閉じて両膝を曲げ腰に手を当てて立ち、腰を反らす(骨盤を前に倒す)

2・お腹を凹ませて、腰を丸める(骨盤を後ろに倒す)
 このとき、お尻とお腹がキュッと締まっていればOK!

3・お尻とお腹を締めたまま、膝を伸ばして立つ

骨盤を起こしているだけでもお腹は凹み、お尻はキュッ上向きに。さらに、左右の脚の位置も中央に寄せることで、O脚対策にも!

インナーマッスルを鍛えて、ポッコリお腹を撃退

ドライヤーで髪を乾かしている時間もエクササイズを! 髪を乾かしながら、簡単もも上げをプラスしてみて。インナーマッスルを鍛える事につながり、ポッコリお腹にも効果的です。

1・背筋をしっかり伸ばして立つ。(反り腰にならないように注意!)

2・右手を股関節よりも少し高い位置に出す。
(慣れてきたり、鏡の前で足の高さをチェックできる場合は手なしでOK!)

3・出した右手に右ひざがタッチするようにももを上げます!!!

このとき、足の力や反動で思いっきり上げるのはNG。お腹や太ももの付け根に力を入れて「ゆっくり」「じんわり」と持ち上げていくのがポイントだとか。

“ながら痩せ”メソッドを取り入れて、美ボディを目指そう!

ダイエットは明日から始めよう…、薄着になる季節が来たら始めよう…、もうそんな風に先延ばしにしていられません! 日常生活内でできる“ながら痩せ”メソッドは、今すぐ取り入れられるものばかり。今年こそ痩せたい! と思ったときが、ダイエットのはじめどきです。さあ、こうしている間も“ながら痩せ”を取り入れてみませんか?

こちらもチェック!

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る
PAGE TOP