夏の髪のダメージに! 今日からやるべきヘアケアまとめ

夏の髪のダメージに! 今日からやるべきヘアケアまとめ
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

髪のゴワつき・パサつきは、ダメージヘアの代名詞。髪は肌に比べると無防備になりがちで、特に夏は紫外線のダメージが著しく気が付けばパサパサの髪の毛に…。そこで今回は美髪を保つべく、すぐに試してみたくなるケア法をご紹介します。

髪の紫外線対策、見落としていませんか?

髪のダメージと聞くとカラーリングやパーマなど様々理由がありますが、意外に見落としがちになってしまうのが紫外線によるダメージ。

紫外線ダメージを受けた髪は乾燥しやすく、切れ毛の要因にもなります。

夏は頭皮からの皮脂分泌が多いので、髪がしっとりした感覚があり髪のダメージを見逃しがち。秋口になり空気が乾燥してきた頃に、急に髪のパサつきが気になりはじめるということも。

そこで今回は髪のダメージを予防すべく、今日からできるケア法をまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

ケア方法1、シャンプー選びは慎重に!

髪のダメージ予防にはまずシャンプー選びがポイントです。ドラックストアには、オーガニック製品からノンシリコンまで様々な種類のシャンプーがあり、どれを選べばいいのか迷いますよね。そんな時にパッケージの裏の成分表の知識が少しあるだけで自分の必要としているシャンプーが絞れます。

≪1、ハードワックスでヘアセットした時には、アルコールシャンプーがおすすめ≫
このシャンプーは洗浄力が強い特徴があるため、スタイリング剤をしっかりと洗い流してくれます。ただ刺激が強いため、髪や頭皮にダメージを与えてしまうことも。

≪2、頭皮トラブルが心配な方には、石けん系シャンプーがおすすめ≫
このシャンプーは天然成分からできているため、肌が弱い方も使いやすいシャンプーです。髪がきしみやすく感じることがあるので、しっとりとした洗い上がりを求める方にはおすすめできません。

≪3、ツヤ髪最優先の方には、アミノ酸シャンプーがおすすめ≫
このシャンプーはアミノ酸の働きで、うるおいのある髪質に洗い上げてくれます。ただ、洗浄力が穏やかなので、頭皮の皮脂汚れをスッキリさせたい方にはやや物足りなく感じることも。

ケア方法2、ドライヤーの冷風機能を使ってダメージ軽減!

洗髪後は、ドライヤーの温風で髪を乾かしている方がほとんどだと思います。でもドライヤーの熱で髪が傷んでしまうこともありますよね。ドライヤーの冷風機能を上手に使いこなすことで髪のダメージを軽減できることをご存知ですか?

ケア方法3、シルクのナイトキャップで髪にうるおいを

寝ているときの髪は、とても無防備。寝返りをするたびに髪は枕とこすれて摩擦が起き、ダメージを受けています。そこで注目されているのがシルクのナイトキャップ。

またナイトキャップに髪を納めることで寝相の悪さからくる髪の乱れを防げるので、翌日の寝癖予防にもおすすめです。

ケア方法4、トリートメントで髪の美しさを取り戻そう!

スペシャルケアとしてサロンメニューも試してみましょう。美容院などで取り入れられているトリートメントは、パサパサで傷んだ髪に水分と栄養を補い、うるおいのある髪へと導いてくれます。またヘッドスパを定期的に受けることで、頭皮環境が整い未来の美髪へとつながります。

ダメージヘアで悩まないためは、日頃の積み重ねが大切。またダメージが気になり「髪を切るしかない… 」と悩んでいる方は、その前にサロンのトリートメントを試してみるのもおすすめです。

ブログも合わせてチェック

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る
PAGE TOP