あごやフェイスラインに繰り返しできる大人ニキビ…原因はいったい何?

あごやフェイスラインに繰り返しできる大人ニキビ…原因はいったい何?
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

思春期を過ぎ、大人になってからもポツンとできてしまう大人ニキビ。一度できると、治りにくく、繰り返しできやすいのが特徴です。みなさんは、そんな大人ニキビに悩まされてはいませんか? そこで今回は、あごやフェイスラインに繰り返しできる大人ニキビにフォーカスを当て、原因と対策についてまとめてみました。

大人ニキビには種類がある?

大人ニキビは、20代以降にできるニキビの総称。ひとえに大人ニキビといっても、種類はさまざま。大きく分けて4種類あります。

大人ニキビの原因

大人ニキビは原因が複雑。生理前などホルモンの変化によってできやすい人もいれば、冬に限ってできやすい人もいます。また、フェイスラインにできやすい、繰り返しできて治りが遅い、など、タイプも多岐にわたります。

そんな大人ニキビは、生活習慣やストレス、間違ったスキンケアなどから引き起こされるもの。思春期のニキビは、過剰な皮脂が原因ですが、大人ニキビはまったく別ものです。思春期のニキビと同じケアをしても治らないのは、こういった理由から。

こんなケアはNG。
余計に刺激を与えてしまうだけで、大人ニキビはなかなか消えてはくれません。

大人ニキビの対処法

大人ニキビをケアするには、4つのポイントがあります。
刺激を与えず、乾燥させないようにしていれば、徐々に良くなってくるはず。
では、早速チェックしてみましょう!

◆洗顔は優しく丁寧に
洗顔するときは、ゴシゴシ擦らず、丁寧に洗うことを心がけて。洗浄力が穏やかな洗顔料を選んで、皮脂を落としすぎないようにしましょう。

◆しっかりと保湿を
大人ニキビに最も必要なのは保湿ケア。化粧水だけで済まさず、美容液や乳液、クリームのお手入れまでしっかりと行いましょう。

◆刺激を与えない
刺激が加わると、肌のバリア機能が低下して大人ニキビの原因になることも。スクラブやアルコールが配合された化粧品を使ったり、タオルでふくときは軽く押さえるようにして、肌に刺激を与えないようにしましょう。

◆紫外線対策はしっかりと
紫外線を受けた肌は、ダメージを受けてバリア機能が低下してしまいます。さらに紫外線の影響からコラーゲンが破壊され、保湿力が低下して乾燥を招くことも。季節を問わず紫外線対策はしっかり行いましょう。

◆生活習慣を見直して
ストレスや睡眠不足、不規則な食生活なども大人ニキビに悪影響を与えます。生活習慣の乱れを正すことは、体のためにも、ニキビのためにも重要です。

サロンケアに頼ってみるのもアリ!

大切なイベントを控えているときや、頑固な大人ニキビに悩んでいるときは、毎日のスキンケアに加えて、サロンでメンテナンスしてもらうのもおすすめ。
ビタミンCのイオン導入やウォーターピーリングなどが効果的です。

◆ビタミンCイオン導入
肌のターンオーバーを促すとともに、皮脂の分泌を抑える働きがあるため、ニキビやニキビ跡のケアなどにおすすめです。ビタミンCは皮脂の分泌を抑えるだけでなく、シミ抑制のほかに、コラーゲン生成を助ける働きもあり、体内から美肌づくりをサポートします。

◆ウォーターピーリング
超音波の振動により、肌に負担をかけることなく毛穴の汚れを浮き上がらせ、たまった角質や皮脂を取り除きターンオーバーを促進させます。

ニキビができてしまうと、爪でつぶしたくなる方もいらっしゃるかもしれませんが、これは絶対にNG。大人ニキビの跡を残さずに早く治すには、毎日の地道なスキンケアが一番の近道。時にはプロの力を借りながら、美しい肌をキープしていきましょう。

◆参照元はコチラ

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る

この記事に関するタグ

PAGE TOP