夏冷えをケア! 体温を上げて痩せ体質になろう

夏冷えをケア! 体温を上げて痩せ体質になろう
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

連日の猛暑で、エアコンはフル回転。外出先でも自宅でも、つねにエアコンが効いた室内にいる、という方がほとんどではないでしょうか。そういった環境は快適である一方、知らず知らずのうちに体を冷やしています。さらに、冷たい飲み物を口にすることで、冷えはどんどん悪化するばかり。そこで今回は、夏冷えをフィーチャー。冷えを防いで痩せ体質になっちゃいましょう!

夏でも体が冷える、という事実

過去最高の暑さを記録するかもしれない、といわれている今年の夏。熱中症や夏バテ予防のためにも、多くの方がエアコンをつけて暑さをしのいでいることでしょう。そんな中、職場でもご家庭でも問題となるのが、エアコンの温度設定。男性は設定温度を低めにする一方で、女性は高めに設定をする。よくある光景ですよね。実はこれ、男女の筋肉量の違いが引き起こしていることだったのです。

女性は男性よりも筋肉が少なく脂肪が多いのが特徴。筋肉が少ないと、体温や基礎代謝も低くなり、冷えを感じやすくなります。男性よりも女性に寒がり体質が多いのは、こういった理由から。実際、男性と女性とでは体感温度に5℃前後の違いがあるともいわれているそうです。

内臓も冷えるって本当?

連日の暑さで、つい冷たいものを口にしがち。冷えた飲み物や、アイスクリーム、つるっと喉越しの良い冷たい麺類などが飛ぶように売れる理由もわかりますよね。しかし、こういった食生活も冷えを助長させている要因なのです。

まずは、おなかを触ってみてください。ひんやりと冷たく感じられたら要注意、内臓が冷えている可能性があります。
では、内臓が冷えてしまうと、どんなことが起こるのかを見ていきましょう。

冷えはダイエットの大敵、とはわかっていたものの、内臓にまで冷えの影響が及んでいたとは!
お風呂はシャワーで済ませず湯船につかるようにしたり、できるだけ温かい飲み物を飲むようにしたりして、冷えから体を守るようにしたいですね。

体温が下がると痩せづらくなってしまうというのは本当?

筋肉量の少ない人は体が冷えやすい、ということは、冷えに伴って体温も下がってしまっているということ。健康的な人の体温が36.5~37.0℃くらいといわれていますが、体の冷えが影響しているせいか、36.0℃以下の低体温の人が増えているのだとか。みなさんの平熱はどれくらいですか?

低体温になると基礎代謝が下がります。そうすると必然的に消費エネルギーの量も減ってしまうので、痩せにくく脂肪が燃焼しにくい体になってしまいます。ダイエットを成功させたいのであれば、体温と基礎代謝を上げて痩せやすい体質をつくることが重要なのです。

基礎代謝は主に体温の維持に使われているので、体温が高い人の方がより多くのカロリーを消費できるということになります。ダイエット、というと食事制限や運動などにばかり気をとられがち。体の根本に目を向けて、効率的にダイエットを進めていきたいですね。

代謝を上げてくれるエステメニューは?

基礎代謝を上げて太りにくい体を手に入れるために、プロのエステティシャンによる施術はとても有効。多くのサロンで、代謝機能を高めるさまざまな取り組みが展開されています。その中から、今注目の3つのメニューをご紹介しましょう。

■リンパマッサージ

リンパマッサージは、溜まっていた老廃物がスムーズに流れることによって、冷えはもちろん、むくみやコリといったさまざまな体の不調に効果的。リラックスすることで、乱れていた自律神経を整える効果も期待できます。

■インドエステ

セラピストの巧みなハンドマッサージで、冷えや内臓の不調、代謝の低下などに効果を発揮するといわれているインドエステ。アーユルヴェーダの一種で、リンパの流れをスムーズにしたり、セルライトをほぐしたりして、老廃物を排出しやすい体に導きます。

■温浴

岩盤浴やよもぎ蒸し、酵素風呂といった温浴やホットストーンなどは、体の芯から温めながら代謝をアップさせるメニューとして冷えに効果的。体の中に溜まった老廃物や毒素などをデトックスすることで、ダイエット効果も期待できます。

▼参照元はコチラ

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る

この記事に関するタグ

PAGE TOP