夏老けする前に! インナードライ肌を緊急レスキュー

夏老けする前に! インナードライ肌を緊急レスキュー
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

高温多湿なシーズンになると、汗や皮脂が過剰に分泌されますよね。そのせいか、肌表面がうるおっているような気がするもの。しかし実際のところ、肌の内部は乾燥でカラカラ。いわゆるインナードライという状態になっている可能性が! そこで今回は、夏こそ注意したい、インナードライ肌についてお話します。

夏肌に注意! 汗と湿気だらけの肌表面は、実は乾燥していた⁉

「夏だから乾燥とは無縁。だってこんなに汗をかいているんだから、乾燥しているわけがない!」そう思っている方もいらっしゃるはず。夏は冬と違って湿度も高く、気温も高いことから、肌の乾燥を敏感に感じ取る方は少ないよう。スキンケアも、冬に比べてシンプルにしている方も多いのでは?

しかし、そこが盲点! 汗や皮脂の過剰分泌で夏の肌はうるおいが保たれていると思い込んでいる方も多いと思いますが、実際は乾燥が進んでいるという事実をご存じですか? これが、いわゆるインナードライ肌。肌の表面はベタベタとしているけれど、肌の内側はカラカラに乾いている状態の方が多いのです。

インナードライ肌はなぜ起こるの?

インナードライ肌を引き起こす要因としてまず挙げられるのが、紫外線による影響。紫外線には、シワ・たるみなどの光老化を招くといわれている紫外線A波と、メラニン色素を増やして日焼けを招くといわれている紫外線B波があり、中でも紫外線B波は肌表面の水分を蒸発させて肌を乾燥させてしまうことでも知られています。

そしてもうひとつが、エアコンによる影響。室内の空気を冷やすと同時に湿度もぐんぐん低下し、肌の乾燥が進んでしまいます。

夏は、この紫外線の影響とエアコンの影響が重なって、肌環境は悪化するばかり。肌内部の水分が失われ、乾燥が深刻化。インナードライ肌になってしまうのです。

うるおい不足の肌は老化していくという事実

透明感に満ちたハリのある美しい肌をキープするためには、毎日のスキンケアで肌にたっぷりの水分を届けることが必須。しかし、こうも暑さが続くと、クリームや乳液などのべたつくアイテムは省略したくなるもの。

でもそこがインナードライ肌の落とし穴。肌表面がうるおっていると感じ、乾燥している自覚がないままシンプルなお手入れを続けてしまうため、うるおいが肌の奥まで行き届かずに、インナードライを引き起こしているといったケースが多いのだとか。

肌がインナードライに傾いてしまうと、乾燥はますます進むばかり。そのせいで肌のバリア機能が低下し、ターンオーバーが正常に機能しなくなって、シミやしわなどの肌老化につながってしまうのです。

夏の肌ダメージを秋に持ち越してしまうと、肌トラブルや肌の老化を引き起こす可能性が高まってしまいます。さらに、秋以降は気温と湿度の低下からさらなる乾燥が進むため、より深刻なトラブルになってしまうことも。
夏は老化が加速する時期と心得て、保湿を徹底するように努めましょう。

美容のプロがオススメする保湿ケアとは?

美容のプロたちも、私たちと同じように夏の紫外線やエアコンによる影響を受けています。でも、美肌を保ってるのはなぜなのでしょうか。そこにはちょっとした心がけがあったようです。

乾燥を防ぐおすすめ洗顔方法

・熱いお湯で洗わないこと
 熱いお湯で顔を洗うと、必要な皮脂まで洗い流してしまいます。
 温かいシャワーを直接肌にかけるのも同じ。肌に刺激になることもあります。

・ごしごし洗わないこと
 摩擦は美肌の大敵! 洗顔料は十分に泡立ててポンポンとのせるようにしながら
 洗いましょう。

・ごしごし拭かないこと
 洗顔後のふき取りも摩擦に注意して。ごしごし拭かず、タオルで顔のパーツを
 何か所かに分けて軽く圧着し水分を吸い取ります。

毎日のお手入れにプラス5秒のオイルケア

・いつものように化粧水、乳液、美容液などでお手入れをします

・最後に普段お使いのクリームにオイルをお好みで1、2滴垂らします

・これをよく手のひらで馴染ませてお顔に乗せてください

たったこれだけ! 肌の乾燥状態に合わせてオイルの量は調整するのがポイントです。

乾燥を防ぐ食べ物も積極的に取り入れて

化粧水などに含まれる、肌の保湿力を高める成分、セラミド。これは食材からも摂取することができます。たとえば、米、小麦、大豆、こんにゃく、牛乳など。特にこんにゃくには、米や小麦の10倍も多いセラミドが含まれているといわれており、カロリーも少ないので、ダイエット中の方にもうれしい食材です。
また、ワカメ、のり、ひじき、昆布、黒豆、小豆、ごぼう、そばのような黒色の食材は、体内の血液を増やし、肌にうるおいを与えて健やかに保つ作用があると言われています。

他にも、水分を積極的に摂ったり、睡眠時間を十分確保したりすることも、肌の乾燥対策に効果的。毎日、ちょっと意識するだけでインナードライ肌をケアすることが可能だから、ぜひ取り入れてみてくださいね。

サロンケアで肌にうるいのご褒美を!

自覚しにくいインナードライ肌ですが、サロンでの「保湿フェイシャル」や「イオン導入」「美容鍼」などを取り入れて、肌の内部にしっかりとうるおいを届けるためのサポートをしてもらいましょう! 高温多湿な毎日で、肌もすっかりお疲れ気味。そんな肌にご褒美をあげる時間をつくってみてもいいかもしれません。肌はもちろん、心も体も癒されるはずですよ。

保湿フェイシャル

乾燥などで肥厚しがちな角質をキレイに取り除きながら、たっぷりの保湿を。マッサージしながらうるおいを届けるので、手ごたえもばっちり。夏に浴びた紫外線をシミやくすみにさせないためにイオン導入もおすすめです。

美容鍼

ツボや表情筋を刺激することで肌のターンオーバーを促進させたり、しわやたるみの予防としても効果を発揮するといわれている美容鍼も夏におすすめのメニュー。注目度もうなぎ上りで、SNSなどでも連日取り上げられているほど。

最後に

夏の疲れを秋に持ち越さないためには、今の段階からの早期対処が肝心。乾燥が本格化する前に、乾燥ケアを徹底して、うるおいを抱えた透明肌をキープしていきましょう!

▼参照元はコチラ

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る

この記事に関するタグ

PAGE TOP