メイクでクマ隠しする前に! クマをタイプ別にチェックしよう

メイクでクマ隠しする前に! クマをタイプ別にチェックしよう
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

目元に“クマ”があるだけで実年齢より老けて見られがち。メイクで何とかカバーできるけど、できればコンシーラーなどを塗らなくてもいいような若々しい目元でいたいところ。そこで今回は美容のプロたちが教えてくれた“クマ”の原因やそれに合ったケア方法をご紹介します。

“クマ”があるだけで老け顔に…

目元にクマがあると、実年齢より老け顔に見えたり、疲れた印象になったりしますよね。あなたもメイク前の自分のすっぴん顔を鏡で見たときにハッとしたことってありませんか?

最近ではクマをキレイにカバーしてくれるような優秀な化粧品がいろいろと発売されていますが、できることなら素顔からクマのない若々しい目元になりたいですよね。でもクマをどうにかする前に、そもそもなんでできてしまうのか知っていますか?

なんで“クマ”ってできるの?

よく寝不足だったりすると目元にクマが…というイメージありますよね。それ以外にもくまができる要因っていろいろあるのを知っていますか? その要因は、老化などによる顔のたるみだったり、紫外線ダメージや乾燥だったり…。ちなみに寝不足でのクマは目が疲れて血行不良になっているせいなんだそう。

どのクマタイプなのかチェック!

要因がいろいろあると言われても、自分のクマがなんでできてしまったのかってちょっとわかりづらいですよね。そんな方はこちらで“クマ”のセルフチェックをしてみてください。クマの種類は大きく分けて、青クマ、茶クマ、黒クマの3つ。鏡を見ながら自分がどのタイプなのか見ていきましょう!

<青クマ>

皮膚を引っ張ってみるとクマが薄くなったら“青クマ”タイプ。このタイプの要因は寝不足や目の疲れ、冷えなどによる血行不良です。ケア方法としては目元を温めたり、ツボを押したりして血行を促してあげることが大事。

青クマに効果的なツボはコチラ>>をチェックしてみてください。

<黒クマ>

クマが黒っぽかったら、たるみやへこみが要因の“黒くま”タイプ。加齢により目の周りの皮膚がたるんで影ができること、また目の下の脂肪がさがることでたるみが生じて黒く見えるんだとか。このクマも上を向いたり引っ張てみたりしてみると薄くなるのが特徴なんだそうです。

ケア方法としては、コラーゲンを増やすなど肌のハリがアップするようなスキンケアや、目元や顔のたるみをケアすることが大事。

<茶クマ>

青クマや黒クマと違って肌を引っ張てみても色が薄くならなかったら、色素沈着が要因の“茶クマ”タイプ。乾燥肌や紫外線ダメージ、よく目をこする人にできやすいクマなんだそう。ケア方法としては、肌のターンオーバーを早めてメラニンの排出を促すことが大事。また美白化粧品を使ってみるのもおすすめですよ。

フェイシャルエステでスペシャルケアも◎

自分で試行錯誤してみても“クマ”が、なかなか薄くならないようだったらフェイシャルエステなどに行ってプロに任せてみるのも◎ ハンドマッサージで顔の血行を促してくれたり、美容機器を使って、ハリのある美肌へと導いてくれます。クマのほかにも、しみやしわ、たるみなどのお悩み相談や自分の肌質が把握できるかも。エステ未経験という方は、ぜひ一度自分の肌の状態を知るためにも行ってみてはいかがですか?

ということで、次からは大阪でおすすめのフェイシャルエステサロンをご紹介。クマなど目元のケアにおすすめのサロンを選んでみました。

目元ケアに◎ 大阪でおすすめのフェイシャルエステサロン5選

西梅田駅より徒歩2分! 『ナトゥーラ 梅田店』

長堀橋駅より徒歩2分! 『グレイス ・リー小顔コルギ&子宮卵巣セラピー』

堺筋本町駅より徒歩2分! 『鍼灸&アーユルヴェーダ・ヨガ 七草鍼灸治療院』

天満橋駅よりすぐ! 『Alive~アライブ~ 天満橋店』

四天王寺前夕陽ヶ丘駅より徒歩1分! 『ティアラ【Tiara】』

参照元はコチラ▼

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る
PAGE TOP