ケア次第で歴然の差! マツエクの寿命を延ばす5つの方法

ケア次第で歴然の差! マツエクの寿命を延ばす5つの方法
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

華やかな印象になるだけでなく、毎日のメイク時間の短縮にもなる“マツエク”。でも、「つけてみたけどすぐにスカスカになってしまった」「やってみたいけれどケアの仕方がわからない」なんて声もチラホラ。正しいマツエクのケア方法を知って、長く華やかな目元を楽しみましょう♡

せっかく付けたマツエク、長持ちさせたい!

付けているだけで一気に目ヂカラがアップするマツエク。 「私じゃないみたい!」と感動したのも束の間、1~2週間でボロボロ取れて悲しい状態になってしまった…! という経験をお持ちの方もいるのでは? まつ毛の毛周期に伴い3~4週間で自然に抜け落ちてしまうのは仕方ないですが、付けたて~2週間でほぼなくなってしまうという場合は、間違ったケアでマツエクの寿命を縮めてしまっている可能性が高いんです!

今回は、そんな悲しいことにならないよう、マツエク初心者必見の「マツエクを長持ちさせるコツ」を特集しました。

自まつ毛に合ったマツエクを選ぼう

自まつげに合っていない無理なマツエクを付けてしまうと、取れやすく自まつ毛の傷みの原因に。マツエクにはカールや素材、太さなど様々な種類があります。持ちを良くするためには自まつ毛の状態をサロンでアイリストさんに相談の上、相性の良いマツエクを相談して決めるのがカギ!

装着直後はマツエクに触らない、水に濡らさない!

マツエクのグルーは完全に乾くまで半日ほどかかります。付けたてで触ったりこすってしまうと、取れやすかったり、バラつきの原因になることも。特に、施術直後のメイク直しには十分注意が必要です。
また、装着直後に水に濡れてしまうと接着部が白っぽくなってしまうことが! 汗をかくジョギングやスポーツジム、入浴はなるべく避け、シャワーは短くても4~5時間あけてからにするとグルーが定着し、持続力もアップします。

クレンジングとマスカラ選びは慎重に

オイルクレンジングOKのグルーを除き、マツエクのグルーはオイルによって劣化しやすくなっています。クレンジングはなるべくオイルフリーのものを選び、アイメイクは専用リムーバーや綿棒などを使いやさしくオフしましょう。

少しボリュームを足そうとメイクでマスカラを使用する際は、マツエク専用のものを使うか、お湯で落ちるタイプのものを毛先だけに塗るのが長持ちの秘訣。根元から塗ってしまうとクレンジングで落とし切れず、自まつ毛ごと抜けてしまう可能性がありますのでご注意を!

濡れたときはドライヤーで乾かし、コームでとかす

マツエクを濡れたままにしてしまうと、グルーが劣化してヨレやすくなってしまいます。入浴後はドライヤーの弱冷風を下からあてて完全に乾かし、その後まつ毛コームでとかすことでヨレを防止!
その後マツエク専用のコーティング剤を塗ってあげると、より長持ちしますよ。まつ毛も、普段頭髪に行っているケア同様扱うのが理想です。

専用のまつ毛美容液を日課に

自まつ毛自体が傷んでいると、マツエクの重さに耐えられず抜けてしまったり、希望のデザインが付けられない場合も。サロン等で販売しているまつ毛美容液を使い、普段から健康的なまつ毛を保てるようにケアしましょう!
継続して使わないとなかなか効果が出ないので、日課にすることが大事。色々なタイプが出ているので、お好みのものを選んでみて!

首都圏から厳選!マツエク初心者にぴったりのサロンを探す

★板橋駅より徒歩3分!『ネイル&まつげ NapLovers(ナップラバーズ)』

★勝どき駅より徒歩2分!『eyechicアイシック勝どき』

★溝の口駅より徒歩4分!『Greatx&drop【ドロップ】』

※上記データは2019年2月20日時点のものです。各クーポン・メニューについては、各店舗へお問い合わせください

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る
PAGE TOP