秋のお手入れが美肌を育てる! プロ直伝スキンケアの心得

秋のお手入れが美肌を育てる! プロ直伝スキンケアの心得
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

湿度や気温が低下して、徐々に乾燥が気になる季節になってきました。肌の調子がゆらぎがちな時期ですが、秋のお手入れが美肌を育てるってご存知でしたか? 本格的な乾燥シーズンを迎える前の今こそ、肌の夏疲れをリセットするチャンス。肌力を底上げして、寒さの厳しい冬に備えておきましょう。今回は、秋の肌状態の特徴やスキンケアのコツについてご紹介。今こそ、美肌をつくるタイミングですよ!

紫外線などの夏ダメージで、肌は疲れ気味!?

夏から秋にかけての今の時期は、肌のかさつきやくすみが気になり始める方も多いはず。
秋の訪れとともに急に肌が乾燥してきたせい…と思いがちですが、この時期の肌トラブルは、夏のダメージを引きずっていることが多いんだそう。

考えられる要因の1つが、夏の強い紫外線の刺激によるもの。
肌は刺激を受けると、角質を厚くすることでダメージを防ごうとし、古い角質が積み重なる角質肥厚になりがち。
その結果、スキンケア成分がなかなか肌に入っていかない状態に。暑さや汗などのべたつきで気づかない方も多いようですが、夏の肌はすでに乾燥状態にあったのです。

さらに夏の間、冷房の使用や冷えた飲み物などの摂取が習慣化していた方は要注意。血行が滞り代謝が低下することで、身体が夏疲れしている可能性も。
この時期は、肌が夏ダメージから回復していない状態。そのまま季節の変わり目に突入することで、くすみや乾燥、ごわつきといったさまざまな肌トラブルを招いているようなんです。

秋のスキンケアが良いワケ

「秋こそスキンケアに力を入れる時期」と語るのは、『エステサロンJuno(ユノ)』店長の臼木里衣さん。

その理由は、以下の3つ。

外的刺激が少ない秋は、夏のダメージ肌をいたわりつつ、冬の過酷な寒さと乾燥に向けての準備期間といえる重要な時期。

今の段階で適切なスキンケアを行い、健康で丈夫な肌を取り戻しておくことが、この先の美肌をつくる鍵だったんです。

美肌のプロ直伝! 秋のスキンケアの心得

「秋の肌は保湿に始まり保湿に終わる」と臼木さんはいいます。
保湿効果を最大限に高めるためには、正しいスキンケアを日々丁寧に行うことが重要なんだそう。
ここでは、この時期に適切なスキンケア方法について教えていただきました。

メイクや皮脂汚れをしっかり落とした上で、必要な水分や栄養を与える。この基本のスキンケアを、肌をいたわりながら行うことが大切です。
また、特に乾燥しがちな目元には、より重点的に保湿を行うことが肝心だといいます。アイクリームを取り入れるなど、スペシャルケアをプラスしてあげるといいかもしれませんね。

秋こそフェイシャルエステでスペシャルケアを!

日々のスキンケアでは、どうしても限界があるもの。夏の肌ダメージをいち早く回復し、乾燥シーズンにも負けない肌をつくるなら、エステサロンでプロの手を借りてみてはいかがでしょうか。自分の肌悩みに寄り添ったメニューで、健やかな美肌を手に入れて!

美白・シミ・くすみケア

今年の夏はたっぷり紫外線を浴びてしまった…とあせっている方におすすめなのが、エステサロンの美白メニュー。シミやくすみケアに効果的なフェイシャルトリートメントやピーリングで内側から輝くような肌を手に入れて!

毛穴ケア・毛穴吸引・毛穴洗浄

夏の間に溜まった毛穴の皮脂づまりは、今のうちに撃退! 毛穴の吸引や洗浄から引き締めまで、プロの技で毛穴レスな美肌に導いてもらいましょう。

最後に

外的刺激が少ない今だからこそ、肌を整えるベストタイミングは今。日頃から丁寧なスキンケアを心がけて、冬に備えてうるおいのある肌を目指しましょう。ときにはエステサロンでプロの手を借りながら、早めにダメージ肌をリセットして!

▼参照元はコチラ!

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る

この記事に関するタグ

PAGE TOP