たったこれだけ!? たるみ尻を引き上げる4つの方法

たったこれだけ!? たるみ尻を引き上げる4つの方法
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

毎日見る顔と違って、意識しないとちゃんと見ることのないお尻。座りっぱなしのデスクワークや運動不足で、でか・たるみ尻になっている女子が急増中なんだとか! 放っておくと実年齢より老けて見られる後姿に…。今日からできる”残念尻”ケアで、上向き”美尻”を目指しましょう。

後姿、老けてませんか?

美容感度の高い女子たちの間で最近トレンドワードとなっている”美尻”。昔は何もせずともプリッと上がっていたお尻も、鏡で後姿を見たらビックリ! なんてことはありませんか? 「横に大きく四角くなっているように感じる」「タイトスカートを買ったのに、なんだか垂れ下がっていてキマらない…」というお悩みの方におすすめしたいプロ直伝の”残念尻”ケア方法を紹介します。

1.バックキックで太ももとお尻の間に境目を

太ももとお尻の間にくっきり境目があると、脚の長さが引き立つだけでなく、小尻に見える効果が。たるんでしまったお尻は皮膚を支える筋肉が衰えているので、そこを鍛えてあげると効果テキメン! 普段使わない筋肉が刺激されているのを実感できますよ。体幹が鍛えられることで、普段の姿勢にも変化が見られるはず。

2.コツは肛門? キュッと引き締め美尻に

これだけ? とビックリするくらい簡単なヒップアップ術。肛門括約筋は普段緩んでいることが多いので、意識的に鍛えてあげることが重要です。おへそから約5㎝下、丹田に意識を集中しながら行うと引き締まっている感覚がわかるはず。このとき、無意識に息を止めてしまいがちなので、ゆっくり深呼吸しながら引き締めるようにしましょう! お尻だけでなく、婦人科系のお悩みにも効果が期待できます。

3.エクササイズでお尻を上に持ち上げて!

秋の夜長にトライしたいヒップリフトは、お尻だけでなくたるんだ太ももにも効果を期待できる嬉しいエクササイズ。このとき、スピーディーにやろうとせず、使っている筋肉一つ一つを意識しながらゆっくり行うとより効果的。力を入れるときに息を吐き、戻るときに息を吸うのがエクササイズの基本的な呼吸法です。体内に空気を行き渡らせるように呼吸しながら行いましょう。

4.ハムストリングを集中的に鍛える

ハムストリング(=太もも裏の筋肉)は普段使うことが少ない筋肉なので、”ブルガリアンスクワット”で集中トレーニング! ここを鍛えることで、ヒップアップだけでなくエイジングケアにもなるので日々継続して行いたいですね。また、このエクササイズでは大腿四頭筋(=太もも前の筋肉)と大殿筋(=お尻の筋肉)も鍛えらえ、スラッと脚も夢じゃありません!

プリッと尻で後姿もバッチリ!

今日からできる簡単美尻メソッドを紹介した今特集。お仕事の休憩中や家でのリラックスタイムに時間を見つけて習慣にすれば、ドキッとするような後姿が手に入るはず。いくつからでも筋肉を鍛えることは可能! キュッと引き締まったお尻で、スキニーパンツやタイトスカートを堂々と着こなしましょう♡

▼参照元はコチラ

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る
PAGE TOP