知らずにやってる?日常生活で髪を傷めるNGケア

知らずにやってる?日常生活で髪を傷めるNGケア
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

バージンヘアは痛みのない美髪だったのに、色々繰り返してパサパサしたダメージヘアに…。「もう切るしかない!」と思っている方も多いはず。でもその前に! プロの美容師が教えるさらツヤ髪を取り戻す方法を試してみませんか?

痛んでるからパサパサでも仕方ない…?

適度なうるおいのあるさらツヤ髪は美しい女性の条件。でも、ダウンスタイルにしてもヘアアレンジをしてもなんだか決まらない”パサパサ髪”に陥っていませんか? 季節の変わり目による乾燥にパーマやカラーリングによる痛み、紫外線のダメージで美髪から遠のいている皆さま。ダメージに合ったケアをすればさらツヤ髪は取り戻せるんです。サロンのプロが教えるケア方法をチェック!

シャンプーはいつも同じ?

お顔のケアは肌状態によって変えるのに、髪のケアは一年中同じという方も多いんだとか。シャンプーやトリートメントなどのヘアケアアイテムも調子を見ながら変えてあげましょう! 油分が気になるときはスカルプケアをプラスしたり、乾燥がひどいときはしっとり度が強いトリートメントに変えたりと様子を見ながら調整してあげることで格段に質感が良くなるはず。

美容院に行ったあとのさらツヤ髪も数日経つと元通り、なんて悩んだことはありませんか? カラーやパーマをしたあとは専用のシャンプーを使うだけで持ちが格段にアップします♡ 何を選べばいいのかわからないときは、美容師さんに聞けばおすすめを教えてくれますよ。

トリートメントは時間を置いても意味がない?

髪の傷みが気になっているときにまず思いつくのがトリートメントではないでしょうか? なんとなく、長時間置けば成分がいきわたってしっとりした髪になりそうなイメージがありますよね。でも、大事なのは置く時間よりも付け方。傷みやすい毛先を重点的にまんべんなくコームを使って塗布することが、トリートメントの効果を出すコツなんですね。
フェイスパックと同じで、トリートメントの量や置き時間は製品に書いてある時間を守ることが鉄則!

また、トリートメントは髪専用の製品なので”地肌もOK”と記載のあるもの以外、トラブルの原因にもなるので頭皮には付けないように塗布しましょう。

スタイリング剤でまったく別質感に

パサっと感を抑えるためにとりあえず手持ちのスタイリング剤を付けている方も多いはず。でも、大事なのは”どんなツヤ髪に見せたいか”に念頭を置いてスタイリング剤を選ぶこと。たくさんある中でも自然にツヤ感を出せるジェルワックス・ジェルクリーム・ヘアオイルが今のトレンド!

ジェルワックス

聞き馴染みのない方も多いかも? なジェルワックス。ジェルとワックスのいいとこどりで、ツヤ感を出しつつさらっとした付け心地がメンズの間でも人気のスタイリング剤なんだとか。3種類の中で一番重く仕上がるので、とことんツヤを強調したいときや毛先のパサつきが特に気になるときにおすすめ。逆に毛量が少なめだったり、ベタッとしやすい髪質の方には向きません。

ジェルクリーム

ジェルワックスよりも束感が少なく、さらっとした仕上がり。そこまでしっとり感は必要ないけれど、パサつきを抑えたいときにおすすめのスタイリング剤です。まとめ髪の前に揉み込んで使っても◎

ヘアオイル

使うオイルによりますが、基本的にはベタベタしすぎずさらっとした仕上がりになるヘアオイル。きっちりスタイリングするというよりはナチュラルに髪の毛を落ち着かせたいときに使うのがいいようです。頭皮自体のケアになる製品も多く出ているので、美容師さんに髪質に合った製品を聞いてみるのもいいかもしれません。

パサつきだけでなく、うねりが強い髪にはストパーも

色々な方法を試したけど、なかなか思ったようなさらツヤ髪にならない! そんなときはストレートパーマをかけるのもひとつの手です。髪質に合ったストレートパーマを施すことで今まで諦めていたさらツヤ髪が叶う方も。痛みやケア方法など、不安や疑問に思うことは美容師さんと納得いくまで話し合うのも大切です。

明日からさらツヤ髪で女子力アップ!

いかがでしたか? 前から見てOKでも、後ろから見たらパサパサ髪なんてことは避けたいですよね。ちょっとした意識付けでさらツヤ髪が叶うなら、今すぐ実行するのみ! ヘアケアを見直して、パサパサ髪から卒業しましょう。

▼参照元はコチラ

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る
PAGE TOP