O脚には3タイプある!?鏡の前で簡単セルフチェック!

O脚には3タイプある!?鏡の前で簡単セルフチェック!
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

スラリとまっすぐに伸びた脚は私たちの憧れ。しかし、日本人女性の多くがO脚に悩んでいるといいます。そんなO脚には、3タイプあるってご存知でしたか? O脚に悩んでいる方も、自分はO脚じゃないと思っている方も、さっそくチェックしてみて。あなたの脚はどのタイプ?

多くの女性が抱えるO脚の悩み

多くの女性たちを悩ませているO脚…。見た目を気にしてスキニーパンツが履けなかったり、スカートスタイルに自信が持てなかったりする女性もいらっしゃるのではないでしょうか。

そもそもO脚とは、両足のつま先とかかとをつけて立ったときに、両ひざの間にすき間ができる状態のことをいいます。しかし最近では、ひざがくっついていてもO脚、いわゆる隠れO脚の女性が多くなっているのだそう。

どうしてO脚になるの?

そのきっかけの多くは日常生活での立ち方、座り方、歩き方のクセによるもの。

ついついこのような立ち方、座り方をしていませんか?

●片方の脚に重心をかけて立つ
●脚を組んで座る
●女の子座り(ひざから下が両モモより外にでる座り方)
●お姉さん座り(ひざ下の脚をどちらか片方に流す横座り)

日常生活で無意識にこのような立ち方、座り方をしている方も多いはず。
しかしながら、これらのクセは、骨盤の歪みや開きを進めることにもなるので注意が必要です。

骨盤の開きに伴い座骨が広がると、脚のつけ根が外側に湾曲します。しかし、身体の重心は内側にかかるので、股関節が内側にねじれ太ももやひざが内側を向き、О脚になってしまうのだそう。
まずは日頃の生活習慣や動作を意識して、歪みを招かない正しい姿勢を心がけることが大切です。

O脚が身体にもたらすデメリットとは

О脚は見た目に影響するだけでなく、身体にざまざまなデメリットをもたらすといわれています。

●下半身が太る
骨盤や座骨の開きとともに、脚のつけ根が張り出しているО脚。その骨格に筋肉や脂肪がついてしまうことで、お尻や太もも周りが大きくなるのだそう。

また、骨盤の開きや歪みによって血行やリンパの流れが滞ることも、下半身太りを助長させるといいます。代謝が停滞することでむくみを招いたり、脂肪がつきやすく燃焼されにくくなってしまいます。


●ひざや腰の痛み
私たちの骨格は、1カ所が歪むとほかの部分でその歪みをカバーし、バランスをとろうとします。その結果、歪んだ骨盤以外の部分まで歪んでしまったり、必要以上に負担がかかってしまうことに。

中でも、骨盤の上にある腰や背骨、ひざや足首などの関節は負担がかかりやすい部分。今は問題ないようでも、将来的に痛みが出てくる可能性もあります。


ほかにも、骨盤が広がることによってくびれがなくなり、お腹周りに脂肪がつきやすくなることもあるとか。上半身は華奢なのに下半身がしっかりしていることにお悩みの方や、歩きすぎると腰やひざに痛みが出るという方は、すでにО脚による影響が出始めているのかもしれません。

まずは自分のO脚タイプをチェック!

O脚といっても、実は3つのタイプがあるってご存知でしたか?
まずはご自身のタイプをチェックしてみましょう。

左右のつま先とかかとをつけ、まっすぐ前を向いて立ちます。このとき、脚の間にどのようなすき間ができるかを確認してみてください。

チェックするポイントは太もも、ひざ、ふくらはぎ、くるぶしの4カ所。
あなたの脚は、どの部分にすき間がありますか?

1.ふくらはぎの間にすき間がある【ひざ下О脚】

太ももやひざはくっつくのに、ふくらはぎがつかないタイプ。
歩くときに、脚先が外に流れるがに股歩きに多いこのタイプは、ふくらはぎの外側の筋肉が発達しているのが特徴。その筋肉が硬くなり骨を引っ張ることで、ひざ下が開いてしまうのだそう。

2.太もも、ふくらはぎの間にすき間がある【XO脚】

両ひざはくっつくのに太ももとふくらはぎが開き、脚がXの形に見えるタイプ。お尻と太ももの筋肉が発達して下半身が大きいのが特徴です。
内股で歩くクセのある女性がなりやすいXO脚は、若い女性に多いといわれています。

3.太もも・両ひざ・ふくらはぎにすき間がある【股関節О脚】

股関節から下が全て離れてしまっているタイプ。こちらは、もっともわかりやすいО脚といえます。
このタイプは、大転子(脚の外側のつけ根の骨)が骨盤からはみ出し、股関節が開いてしまっている状態。お尻が大きくなり、太ももやふくらはぎが大きく発達しているのが特徴です。

骨そのものが曲がっていると思われがちなO脚ですが、実はそうではないのだそう。
O脚の脚は、骨盤の開きや歩き方のクセによって、太ももやふくらはぎの外側の筋肉が異常に発達している状態。その筋肉が硬くなることで骨をますます外側に引っ張り、さらにO脚が進行してしまっていたのです。

O脚をケアするためには、硬くなった外側の筋肉をほぐし、柔らかい状態に戻すことが大切です。同時に、内側の筋肉を鍛えることで、脚全体の筋肉のバランスを整えましょう。
外側の筋肉をほぐすには、ストレッチやマッサージ、内側の筋肉を鍛えるには、スクワットがおすすめです。

硬くなった脚の筋肉をほぐす方法は、コチラのブログからもチェックしてみてくださいね!

O脚ケアにはプロの施術がオススメ◎

長年の生活習慣のクセによって引き起こされたО脚は、自分でケアするのは至難の業。そんなときは、プロの手にゆだねることをおすすめします。

骨盤だけでなく全身の骨格や筋肉のバランスを見て、一人ひとりのО脚タイプに合ったケアをしてもらうことができますよ!
О脚ケアにおすすめのサロンメニューをさっそくご紹介します。

美脚矯正

骨盤と筋肉の調整はもちろん、リンパマッサージや痩身マシンで脂肪やセルライトに直接アプローチできるのはエステサロンならでは。О脚からくる下半身太りを全方位的にケアしてもらいましょう!

カイロプラクティック

歪んだ骨格を元の位置に戻すことで全身のバランスを整えてくれる人気の施術。
骨格と筋肉にアプローチすることで、効率的にO脚をケア!

最後に

スタイルアップのためにも、腰やひざの痛みを抱えないためにも、早い段階でО脚をケアすることが大切です。
さっそくプロに相談して、スラリと伸びた美脚とスリムな下半身を手に入れましょう!

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る
PAGE TOP