枕のせいで顔がデカくなる⁉今すぐやめたい顔デカNG習慣5つ

枕のせいで顔がデカくなる⁉今すぐやめたい顔デカNG習慣5つ
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

小顔なのは何も特別に骨格が小さいから、というだけではないんです。キュッと上がった口角やむくみのない目元、スッキリした顎ラインでも小顔の印象は与えられます!今回はプロが教える、小顔を遠ざけるNG習慣を紹介します。

フェイスラインがぼやけてきた…

人に撮られた写真を見て、自分のフェイスラインにハッとしたことはありませんか?たるみや二重あご、エラ張りなど若いころは気にならなかった部分が目立つようになった方は生活習慣に問題があるかもしれません。

デカ顔になるNG行為5つ

普段何気なくやっている行動の中にデカ顔の原因が隠れていることが!極端に太ったわけではないのに顔の大きさが気になってきた方は、この中に思い当たる節がないかチェックしてみて。

枕が合っていない

睡眠の重要性は言わずもがなですが、意外とないがしろにしがちな”枕事情”。高さや形、素材が自分にあっていないものを毎日使用していると体の歪みも進行します。枕の寿命は長くても5年。この機会に枕専門店で自分にあったものをセレクトしてみませんか?

片方の歯ばかり使って噛む

意外と見落としがちな噛むバランス。人間誰しも利き手や利き足があるように、左右どちらかに偏って筋肉を使いがちなんだとか。特に食事中は無意識に噛み続けることが多いので、食事前にワンテンポ置いてからバランスを考えて噛むようにしましょう。

口呼吸をしている

仕事やスマホに集中していると自然と口が開いてしまう方は要注意。顔がたるむだけでなく、口臭や唇の渇きの要因になってしまいます。口呼吸は意識的に鼻呼吸に切り替えることが大事です。

笑うことが少ない

悲しいもので大人になるにつれ大笑いすることも減り、むしろ仕事や日々のストレスでしかめっ面が固定…なんてことも。トイレやお風呂で積極的に顔の筋肉を使ってほぐすようにして、血行やリンパの流れを促しましょう。

ストレスを溜め込みやすい

ストレスは多かれ少なかれ誰もが感じるものですが、コンスタントに発散することが小顔への分かれ道。仕事中は意識的に暖かい飲み物を摂る、シャワータイムにお気に入りのボディオイルを使うなどほんのちょっとの工夫でこまめにケアしていきましょう♡

顔の大きさにはもちろん骨格や加齢が影響していますが、それだけにあらず!日々何気なくやっていることが顔を大きくする原因になっているとしたら、ショックですよね。どれもハードルが高すぎて難しいことではないので、日々ちょっとずつ意識的に習慣を変えていけばバランスのいい小顔も夢じゃありません♡

▼参照元はこちら

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る
PAGE TOP