すぐわかる!目のクマ診断&タイプ別解決法をチェック

すぐわかる!目のクマ診断&タイプ別解決法をチェック
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

目のクマには、3つのタイプがあるってご存知ですか?今回は、自分ですぐにわかる目のクマのタイプ診断と、タイプ別ケア方法をご案内!「しっかり寝ているはずなのにクマが消えない…」、「コンシーラーを使うと余計に目立っちゃう…」。なんてお悩みだった女性必見です。あなたのクマはどのタイプ?

目元にクマがあるだけで疲れ顔&老け顔に…

皮膚が薄く、乾燥しやすい目元はとてもデリケート。繊細だからこそ、ダメージを受けやすくトラブルが起きやすいパーツです。中でも、多くの女性が悩んでいるのが目元のクマ。どんなにメイクを頑張っても、疲れて見えたり、年齢よりも上に見られたりするクマは非常にやっかいな存在ですよね。

そんなクマにお悩みのみなさんは、普段どんなお手入れをしていますか?たっぷり睡眠をとっても、マッサージをしても消えてくれない!とお悩みなら、自分のクマタイプに適したお手入れができていなかったからかも。

実は、目元のクマにはいくつかのタイプが存在し、それぞれのタイプによって特徴やできてしまう理由、ケア方法が違ってくるのだそう!

まずはどのクマタイプかチェックしてみよう!

目元のクマには、大きく分けて3種類のタイプがあります。
適切なケア方法を知るためにも、まずは自分がどのクマタイプかを把握することが大切。クマの特徴や普段の生活習慣から、自分のタイプを調べてみましょう。

青く見えてしまうタイプ

そのほか、目尻の皮膚を引っ張るとクマが目立たなくなる→“青クマ”タイプ

くすんで茶色く見えてしまうタイプ

皮膚を引っ張っても上を向いてもクマが薄くならない→“茶クマ”タイプ

目の下のたるみなどから黒い影ができてしまうタイプ

上を向くとクマが目立たなくなる→“黒クマ”タイプ

自分のタイプがわかったら、クマができてしまう理由と対処法をチェック。タイプ別に正しいお手入れ方法を取り入れて、クマの悩みとサヨナラしちゃいましょう!

青クマタイプさんは血行不良

体が冷えやすい方や、寝不足気味の方に起こりがちな青クマの正体は、血行不良。滞った血液がうっすら透けて見えることで、青っぽく見えていたのだそう。

そんな青クマタイプさんは、血行を促すお手入れが大切。ホットタオルで目元を温めたり、マッサージやツボ押しで目周りの疲れを取り除いたりしてみましょう。毎日の入浴や十分な睡眠に加えて適度な運動を取り入れるなど、全身を温めて代謝をアップするのもおすすめ。
“青クマ”におすすめの解決方法を知りたい方はコチラ>>>もチェックしてみてくださいね!

茶クマタイプさんは色素沈着

茶クマの正体は、色素沈着によるシミやくすみ。目元を触るクセがある、アイメイクを落とす際に目元をゴシゴシこすりすぎている、なんて方は茶クマタイプかもしれません。

茶クマタイプさんは、たっぷりの保湿で目元のターンオーバーを促してあげましょう。美白効果のあるスキンケアアイテムを取り入れたり、スキンケアの仕上げにアイクリームやオイルをプラスしたりするのもおすすめです。アイメイクをするときも落とすときも、優しく丁寧に目元に触れることがポイント。
“茶クマ”におすすめの解決方法を詳しく知りたい方はコチラ>>>もチェックしてみてくださいね!

黒クマタイプさんはたるみ

黒クマの正体は、目元のたるみやシワによってできる影。年齢とともに肌のハリや弾力を支えるコラーゲンが減少することで、下まぶたがたるんでしまうのだそう。さらに、エイジングとともに目の周りにある眼輪筋が衰えることも、たるみを助長させるといいます。

そんな黒クマタイプさんには、コラーゲンの生成を促すレチノール配合のスキンケアアイテムがおすすめ。日々のスキンケアに取り入れて、下まぶたのたるみをケアしましょう。また、眼輪筋を鍛える簡単なトレーニングも効果的。皮膚と筋肉両側からのアプローチで、黒クマを撃退しましょう!
“黒クマ”におすすめの眼輪筋トレーニングを詳しく知りたい方はコチラ>>>もチェックしてみてくださいね!

プロの力で目元のクマをスピード解決!

どのクマタイプか自分では判断できない。ツボの場所やマッサージの力加減がわからない。なんてお悩みの方は、まずはプロに相談してみて。丁寧なカウンセリングと、一人ひとりの目元にぴったりの施術で、効率的にクマにアプローチしてくれますよ!

最後に

目元は、顔の中でも見た目の年齢を左右する印象的なパーツ。普段の疲れやお手入れ不足、エイジングによる衰えが顕著に表れる部分だからこそ、早めの対策が肝心です。タイプ別のケア方法を取り入れて、クマに悩まないハツラツとした目元を手に入れましょう!

参照元はコチラ

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る
PAGE TOP