花粉シーズン到来!洗顔&保湿テクで肌あれ対策

花粉シーズン到来!洗顔&保湿テクで肌あれ対策
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

顔が痒い、吹き出物ができる、肌がカサカサなど肌トラブルに見舞われる人が増加する花粉シーズン。花粉症じゃなかったとしても、この時期は肌があれるという人も少なくないはず。そこで今回は花粉シーズンにおすすめの洗顔やクレンジング、スキンケア方法をご紹介します。

花粉の季節は肌も荒れる…

まだまだ寒いですが、すでに花粉症の人にはツラい時期。鼻水や目のかゆみはもちろん、肌が荒れてきたと感じていませんか?顔がかゆかったり、カサカサになったり、プツプツと吹き出物ができたり…中には花粉症ではないと思っているのに、肌がボロボロという方も少なくないはず。

花粉だけのせいでもないかも...

また今の時期の肌あれ、実は花粉自体のせいだけじゃないそうなんです。手で目を擦ったり、ティッシュで鼻をかんだり、マスクをすることによる肌への摩擦や、春は気候や気温変化が大きいため空気が乾燥しやすいこと、さらに3月ごろから増えていく紫外線など。これらの要因により、肌のバリア機能が低下しやすくトラブルが起きやすい状態に。

ではそんな花粉シーズンに肌あれを防止&解決するためには、どうすればよいのでしょうか?

肌あれを解決するためには…洗顔と保湿!

肌あれを予防&解決するためには、肌への負担をかけないことと、低下した肌のバリア機能を取り戻すことがポイントになってきます。日々のスキンケアでいうと、クレンジングや洗顔と洗顔後の肌のお手入れが大事。

ということで、コチラからは花粉シーズンにおすすめの洗顔のポイントや、洗顔後の肌のお手入れ方法についてご紹介していきます。

■スクラブNG!洗顔やクレンジングは肌に優しく丁寧に

まず帰宅したらなるべく早く顔や髪についた花粉や汚れを落とすこと。顔が痒いとついゴシゴシ洗ってしまいがちですが、その行動はNGです。使用する洗顔料やクレンジングは敏感肌など肌への負担が少ない物で、ぬるま湯で優しく洗うようにしてください。またスクラブやピーリングなどは、肌への刺激が大きくなってしまう場合があるので花粉シーズンは避けた方が◎。ただ優しく洗うといっても、皮脂汚れが肌に残ったままだと花粉が肌に付着しやすくなるので、丁寧に洗うようにすることも忘れないようにしてくださいね。

【クレンジング&洗顔テクは以下をチェック】

■肌の保湿でバリア機能アップ↑

保湿は肌のバリア機能を上げるための必須事項。乾燥が気になる冬に引き続き、保湿効果の高いクリームを使用してみたり、シートマスクなどを活用してみるのがおすすめ。ちなみにシートマスクは特別なものではなく、普段使っている化粧水をコットンパックなどにして使えばOKなんだそう。顔が痒いという人は、美容成分などいろいろ配合されている高級な物より、意外とシンプルな処方のプチプラ化粧水の方が、顔のかゆみが緩和されたりするそうですよ!使用する基礎化粧品は洗顔料と同じく、敏感肌用など肌への負担が少ないものを選ぶのがおすすめです。

【スキンケア&保湿テクは以下をチェック】

スキンケアの見直しでツラい花粉シーズンを乗り切ろう!

いかがでしたか?だんだん温かくなってきて寒くてツラい冬が終わりますが、それとともにやってくる花粉シーズン。今回の記事をきっかけに日々のスキンケアなどを今一度見直して、肌トラブルに悩まない春を過ごしてくださいね!

もしニキビや乾燥などが気になるようだったら、フェイシャルエステなど美肌のプロのところに駆け込むのも一つの手。自分の肌の状態を見てもらって、適切なケアをしてもらえば短期間で美肌が叶うかも。

おすすめのフェイシャルエステは>>コチラ<<からチェックしてみてくださいね♪

参照元はコチラ▼

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る
PAGE TOP