目指せ、くすみのない透明美肌!今やっておきたいセルフケア方法6選

目指せ、くすみのない透明美肌!今やっておきたいセルフケア方法6選
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

明るく透明感のある肌は、生き生きと見えるもの!でも、最近お疲れ顔に見られる、なんだかメイク映えしない、なんて悩んでいるなら、肌のくすみが関係しているのかもしれません。今回は、肌をくすませる5つの理由と、今日からでも取り組んで欲しいセルフケア方法を伝授。あなたのくすみはどうケアする?

肌をくすませる理由はさまざま…

くすみは、ニキビや肌荒れ、シミやシワなどと並行して、多くの女性が抱える肌悩みのひとつ。肌の明るさやツヤが失われることで、疲れた印象や老けて見られてしまうこともあるため、できることなら早めに対策をとっておきたいところ。
そんな肌のくすみには、大きく分けて5つの要因が潜んでいたんだそう!

●血行不良
●乾燥
●角質肥厚
●糖化
●メラニン

想像以上に多い理由に、驚いてしまった方もいるのでは?
さまざまな理由から引き起こされる肌のくすみですが、理由に適した対策をとれば効果的にケアができるということ!

今回は美容のプロたちに聞いた、くすみをケアする解決方法を一挙ご紹介します。できることから取り入れて、内側から輝く透明美肌を目指しましょう!

血行不良によって引き起こされるくすみ

体の冷えだけでなく、疲れやストレスによっても血行は滞り、肌のくすみを招くといいます。さらに、食生活に偏りがある方や貧血気味の方も、肌がくすんでしまっている可能性大!血行不良からくるくすみをケアするためには、毎日の生活習慣を見直して、血行を促してあげることが大切だったようです。

>>くすみをケアする4つの方法をチェック!<<

くすみにおすすめのツボとは?

肌をワントーン明るくする方法としておすすめしたいのがツボ押し。血行の流れをスムーズにする目の周りのツボを押すことで、くすみを素早くケアできるのだそう!さらに、シミやシワ、目の下のクマにも効果的なのだとか。

>>くすみもクマも同時ケア!簡単ツボ押しメソッドとは<<

体の内側と外側からダブルで攻めるセルフケア!

ここでは、比較的簡単に取り入れることができる2つのくすみ対策をご紹介!1つ目は、肌のターンオーバーを整え、メラニンの生成を抑制する効果が期待できる、あの栄養素の摂り方。2つ目は、朝のメイク前にもすぐできる、簡単なケア方法。さっそく今日から取り入れて、気になるくすみを速攻ケア!

>>自宅でできる!2つのセルフケア方法はコチラ<<

目指せインスタ映え!くすみのない肌をつくるには?

光を均一に反射させるためには、キメの状態が重要なポイント。ここでは、肌のキメを整えるために必要な2つの条件と、透明美肌をつくる3STEPのスキンケア方法を美のプロに伝授してもらいました。

>>透明美肌をつくる3STEPをチェック<<

くすみだけじゃない!?糖化が肌に与える影響

最近よく耳にする糖化という言葉をご存知ですか?糖化とは、代謝されなかった余分な糖が体の中のタンパク質と結びつくことで、褐色に変色したり硬く変質したりすることで起こる現象。例えるならば、トーストやパンケーキがこんがりキツネ色に色づくのと同じことなのだとか。これが肌で起こると、くすみを引き起こすだけでなく、ハリや弾力の低下、シミまでできやすくなるのだそう。そんな糖化を防ぐには、何よりも内側からのケアが大切。あらゆるエイジングサインを加速させないためにも、食べておきたい食材があるんですって!

>>糖化対策に食べておきたい食材とは?<<

日頃の生活習慣が、実はくすみを招いていた…

エイジングサインのイメージが強いくすみですが、意外にも20代のうちから悩まされている女性も多いのだとか。それは、自らくすみができやすい生活を招いていたからかもしれないんですって!日常生活でついやりがちな、くすみを招くNG習慣もぜひチェックを。

>>あなたはいくつ当てはまる?くすみを招く5つのNG習慣とは<<

最後に

肌がくすむ理由は、ひとつとは限りません。まずは、自分の肌がくすむ理由を知って、適したケアを取り入れることが大切。さっそく今日からトライして透明感のある美肌をキープしていきましょう!

▼参照元はコチラ

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る
PAGE TOP