顔を洗う順番で美肌力がアップ!?今さら聞けない基本のスキンケア6選

顔を洗う順番で美肌力がアップ!?今さら聞けない基本のスキンケア6選
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

今も将来も健やかな肌でいるためには、化粧品選びだけでなくその使い方も重要です。クレンジングや洗顔・保湿など、それぞれの役割をしっかりと果たすことができれば、もっと活力のある肌へつながっていくんです!ここではスキンケアのやり方を基本から見直していきます!

そのスキンケアのやり方、あっていますか?

どんな化粧品を使っていても、スキンケアのやり方によってはその効果を十分に発揮できない場合も。しかも間違ったお手入れを続けていると、今だけではなく将来の肌にも大きく影響してくるんです。10年後の素肌をもっとキレイで元気なものにするために、プロから基本のスキンケアについて教えてもらいましょう!

意外と知らないクレンジングの正しいやり方

クレンジングはメイクを落とすために欠かせないケア。でもそのやり方によっては、肌へ負担をかけてしまっている可能性があるんです。

クレンジング剤が少なかったり、ゴシゴシこすったりすると摩擦で肌を傷めやすくなります。それぞれのアイテムの適量を守って、肌が動かない程度の力でやさしくなじませるのがポイントです。
スキンケアの中でも最初に行うクレンジング。肌をいたわりながらメイクはスッキリと落として、後に続く洗顔や保湿の力を高めましょう!

順番に洗うだけ!美肌力をアップする洗顔方法

洗顔のポイントは、うるおいを守りながら不要な角質や汚れを落とすこと。そのためにおすすめの方法を教えてもらいました!

顔全体へいっぺんに泡を広げるのではなく、皮脂の多い額や鼻などのTゾーンから洗いましょう。その次に目元や鼻の周りへ泡を広げ、最後に乾燥しやすい頬・顎のUゾーンを。時差をつければ、全体に適度な保湿成分を残しやすくなります。バリア機能も働き、乾燥や刺激から肌を守る効果が期待できるんです。

化粧水のあと、乳液をつけるタイミングを見計らって!

クレンジング・洗顔後に化粧水で水分を行き渡らせてから、乳液で膜を作って蒸発を防ぐ、という流れはほとんどの人がやっているかと思います。実はその乳液をつけるタイミングが重要なのだとか。化粧水を肌になじませていくと手が吸い付くようになり、それを見計らって乳液をオンするのがベスト。
そういったポイントを押さえると保湿力がアップして、うるおいに満ちた素肌へと導いてくれます。

覚えておきたい美容液の役割と選び方

美容液は肌へ栄養を届けてくれる活力剤のようなもの。様々な美容・有効成分が配合されていて、ニキビや毛穴・シワなどそれぞれの肌悩みにアプローチできるものや、年齢を重ねるごとに減少してしまう成分を補ってくれるものなどがあります。自分の肌と照らし合わせて、悩みや目的に応じた美容液を選択するのがおすすめです。

お風呂や運動がワンランクアップのカギ!

ここまで多くの人が日常的にやっているスキンケアを中心にお伝えしてきました。そこでさらにプラスアルファで肌を格上げする方法をご紹介します!それは血行を促進すること。代謝を上げて老廃物の排出を促すと、肌のターンオーバーがスムーズに。お風呂や運動、マッサージなどは美肌を作るのに効果的なスキンケアなんです!

スキンケアの効果は焦らずじっくり待つ

スキンケアはアイテムやお手入れ方法をシフトしても、すぐに変化が起こるというわけではありません。肌のターンオーバー周期は28日ですが、年齢を重ねるほど長くなっていき、年齢+15日はかかるようになるのだとか。最初は効果がわからなくても、使い続けていくうちに肌の違いを実感できる場合もあるので、焦らず気長に続けていきましょう。

最後に

習慣化されたスキンケアを急に変えるのは難しいかもしれませんが、今のお手入れはずっと先の素肌も同時に育てているようなもの。いつまでもハリとツヤを保つために、お手入れ方法を見直してみてはいかがでしょうか。

参照元はコチラ▼

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る
PAGE TOP