\自宅で簡単/肌が“うるぷる”になる5つの方法

\自宅で簡単/肌が“うるぷる”になる5つの方法
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

涼しくなってきてそろそろ保湿ケアを見直すという方も少なくないのでは?今回はひと手間かけるだけで、もっとうるぷる肌を目指せる方法をご紹介します。簡単にできるものばかりなので要チェック★

これからやってくる乾燥の時期…

これからの季節は室内も室外も乾燥しやすくなっていきます。さらに、夏に受けた紫外線ダメージで肌自体の水分量も低下しているので、日頃のスキンケアは保湿を念入りに行いたいところ。そこで今回は、よりうるおいを実感できるように、美肌のプロたちが教えてくれた保湿メソッドを5つご紹介します。

肌が乾燥するとこんなトラブルが!

うるおい不足はエイジングを加速させるなど、さまざまトラブルを引き起こす要因にも…。

肌がピンチになる前にしっかりお手入れをして、トラブルを防ぎましょう!今回ご紹介するメソッドは、洗顔で気を付けたいポイントや簡単なマッサージのやり方など手軽にできるものばかりです。気になるものがあればぜひトライして、厳しい乾燥の季節にも立ち向かえるしなやかな肌をGETしましょう!

自宅でできる保湿メソッド(1)

うるおいを守りたいなら、肌に負担がかからないように32℃以下のぬるま湯で洗顔するのが◎。冷たすぎても肌に負担がかかるそうなので要注意です。洗顔料は最初に皮脂が多いTゾーンにのせてから、頬→顔全体と円を描くように洗いましょう。強くこすると摩擦で肌を傷つけてしまうので、皮膚が動かないくらい軽いタッチを心掛けてくださいね。

自宅でできる保湿メソッド(2)

秋の肌は夏に受けた紫外線ダメージで乾燥してごわつきがち。肌をうるおいで満たしたいなら、洗顔後に古い角質をクリアにするお手入れをプラスしてみましょう!そうすることで化粧水が肌に行きわたりやすくなります。ピーリングの頻度は、AHA(フルーツ酸)配合の洗顔料やゴマージュなどで週に1~2回行うのがおすすめです。その際、こすりすぎには要注意!

自宅でできる保湿メソッド(3)

もっとうるおいたい!という方はとにかくたっぷり水分を送り込みましょう。洗顔や入浴後にできるだけ早く水分補給を行うのがベターです。コットンや手のひらで肌になじませたら、最後にやさしくハンドプレスするとより効果的♪また、乾燥を特に感じるときにはローションパックがおすすめです。コットンやローションパック用のマスクに化粧水をたっぷり含ませて顔にのせて3~5分。しっとりうるうるの肌を実感できるはず。

自宅でできる保湿メソッド(4)

フェイスマッサージで適度な刺激を与えて、うるおいがスムーズに行き渡る肌を目指しましょう!上記のイラストのように、リンパの流れに沿って、老廃物が流れ出るのをイメージしながらゆっくりやさしくマッサージ。週に2~3回、入浴中のリラックスタイムにぜひ試してみてください♪

自宅でできる保湿メソッド(5)

夏に比べて水分補給が減りがちなこの時季。一生懸命お手入れをしているのにまだ肌が乾燥しているという方は、もしかしたら体内の水分が足りていないのかもしれません。人は、特に運動をしていなくても500ml~1500mlぐらいの汗をかいているそうなので、こまめな水分補給はマストです。乾燥が気になる方は、最低でも1日2リットルほど摂取できるとよいでしょう。

エステサロンでうるおいチャージ

今回ご紹介した角質ケアやマッサージなどは、一度フェイシャルエステでプロの施術を体感してみるのもおすすめです。ゴッドハンドによるワンランク上の施術や美容マシンを駆使したお手入れが受けられるので、肌が見違えるほど美しくなるはず♪下記のリンクに掲載しているサロンはすべて3,000円で試せるので、興味がある方はぜひチェックしてみて!

参照元はコチラ▼

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る
PAGE TOP