ほうれい線の3大要因にアプローチして若見え印象をGET!

ほうれい線の3大要因にアプローチして若見え印象をGET!
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

シミと同じように年齢を重ねるとだんだんと気になってくるほうれい線。実は加齢だけではなく、ほかにも要因があるってご存知でしたか?そこで今回は、口もとに表れるエイジングサインが気になったときに取りたい3つの対策をご紹介します。どれも簡単にできるものばかりなのでお見逃しなく!

ほうれい線が目立つだけで実年齢より老けて見える…

こちらの写真の違いはなんでしょうか?答えは、ほうれい線の有無です。同じ写真なのに線を書き足しただけで、印象がグッと変わることがわかります。もしほうれい線が気になるのなら、今すぐ下記を読んで対策を取るのが◎線が今より深くなる前にしっかりケアをして、若々しい印象をキープしましょう♪

ほうれい線が目立つ要因は1つじゃない

しっかりエイジングケアをしているけど、もっとはっきりと結果を出したい!という方は、自分のほうれい線ができた要因をもう一度見つめ直してみることをおすすめします。もしかしたら、自分にもっと合う対策があるかもしれません。ほうれい線ができるのは、大きく分けると乾燥、癖・習慣、表情筋の衰えの3つの要因があると言われています。自分がどのタイプかぜひチェックしてみて!

1.若い人も要注意!肌の乾燥

若い年代にもかかわらずほうれい線ができてしまうのは、肌が乾燥しているからかも。うるおい密度の高い肌は、口を動かしたときなどに一時的に溝ができても、すぐに押し返してもとに戻ります。まずはピンッと弾力のある肌を目指して、しっかり保湿ケアをすることが大切です。

そこで、おすすめのケア方法をご紹介!用意するものは、ミストタイプの化粧水(化粧水をミストポンプに入れてもOK。できるだけ乳剤フリーなものがベター)と、美容オイル(ホホバオイルやグレープシードオイルなど)の2つだけ。簡単にできるので毎日のお手入れに取りいれてみてはいかが?

2回ほど繰り返すと、モチッとした肌に♪メイク前のスキンケアのときにぜひ試してみて!ファンデがほうれい線に入って崩れるのをカバーできるそうです。

2.癖・習慣

左右のほうれい線の太さが異なるという方は、癖が要因になっている可能性があります。頬杖をついたり、片側だけでご飯を食べていたり、横向きやうつ伏せで寝ていたりしていませんか?顔の一部だけが圧迫されることで筋肉のバランスが崩れて皮膚がたるみ、その結果ほうれい線ができてしまうのだそう。思い当たる方はまずはこのような癖を今すぐSTOPしましょう!

また、普段から無表情や作り笑いばかりしているという方も気をつけましょう!顔の筋肉が使われず、3つ目の要因である表情筋の衰えにもつながることがあります。自覚がある方は、次の項目で紹介しているマッサージをぜひ試してみてください。

3.表情筋の衰え

ほうれい線が深いと感じている方や真顔の状態で鼻の横にほうれい線の影ができる方、ボールペンやお箸など棒状のものを鼻と口で挟んだまま口角をあげると落ちてしまう方は要注意です。加齢や、普段から無表情で顔の筋肉を使えていないといった習慣によって、表情筋の一部である小頬骨筋(しょうきょうこつきん)や大頬骨筋(だいきょうこつきん)がパワーダウンしていると思われます。ぜひ下記のマッサージをできるだけ毎日試して表情筋にアプローチしましょう!

どんどん深くなる前に!お店で速攻ケア

ほうれい線を気にしたくない!と願うなら、美容鍼や、EMSなどの機能を搭載したフェイシャルマシンでのお手入れを選択肢に入れてみて!ほうれい線の要因に総合的に、かつ効率的にアプローチしてくれるので、納得できる結果を得られるはず。下記のページに掲載しているサロンは全店お得なクーポン付きなので、ぜひチェックしてみてください。

参照元はコチラ▼

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る
PAGE TOP