モデル級のすっきりフェイスに!プロ直伝・6つの小顔メソッドを公開

モデル級のすっきりフェイスに!プロ直伝・6つの小顔メソッドを公開
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

美人の条件のひとつといっても過言ではない小顔。さまざまなメディアで特集が組まれたり、骨格矯正や美容鍼などのサロンメニューが好評だったりと、女性たちの関心度はうなぎ上り。そこで今回は、セルフケアで小顔に導くメソッドをご紹介します。

たるみやむくみをすっきりさせて、目指せ小顔!

女性なら誰しもが憧れる小顔。骨格は遺伝だから、と諦めてしまってはもったいない!実は、たるみやむくみをすっきりさせることでフェイスラインがシャープになり、ぐっと印象が変わってくるんです!そこで今回は、自宅で簡単にトライできる小顔メソッドをご紹介。顔の仕組みを知り尽くしたプロが教えるマッサージやエクササイズを取り入れて、あなたもモデル級の小顔をゲットしてみませんか?

スキンケアしながら小顔マッサージ

毎日行うスキンケア。お手入れしている間にできる小顔アプローチがあるんです!やり方はとっても簡単。クレンジング剤や乳液を肌になじませるとき、指を使ってフェイスラインにアプローチするだけ!

何かをしながらのマッサージであれば、時短にもつながり無理なく続けられそう!ぜひ今夜のスキンケアから取り入れてみては?

簡単ツボ押しで小顔に!

自宅でゆっくりくつろぎながら、あるいは移動中の電車の中でなど、いつでもどこでも簡単にできるツボ押しもおすすめ。たまりやすい老廃物を流しながら、すっきりとしたフェイスラインを目指しましょう。

ツボ押しでポイントとなるのが、圧の強さ。痛気持ちいいと感じる程度で、5秒ほど指の腹でぐーっと押すのが効果的。キュッと引き締まったフェイスラインを手に入れながら、目元のぱっちり感や顔の血行促進などのメリットも感じられるはずです。

舌を回すだけで小顔になれるって本当?

とても手軽に多くのメリットを期待できるメソッドとしてご紹介したいのが、舌回しです。「アロマ整体&ストレスケア MoonTed(ムーンテッド)」のオーナー・AKIさんによると、顔の筋肉が引き締まることで小顔効果が期待できたり、血行が促進されて顔色が明るくなったりするほか、ほうれい線やシワ・二重あごのケアとしても役立つのだとか。さらに、唾液分泌を促して口臭&虫歯予防と、とにかくうれしいことがたくさん!

若々しい表情をキープするには顔の筋肉を鍛えていくことが必要。舌を回すだけで口元の筋肉が鍛えられてフェイスラインが引き締まって小顔効果が得られるなら、取り入れて損はありません!特別な道具は不要、テレビを見ながら、バスタブにつかりながら、いつでも行うことができる、夢のような美容法なのです。

ヘッドマッサージで顔のたるみにアプローチ!

頭皮と顔は一枚の皮でつながっています。そのため、頭皮がたるむと額にシワが現れ始め、上まぶた、目尻、頬へとたるみが広がり、顔全体がむくんで見えてしまうのです。つまり、頭皮のたるみは顔のたるみ=デカ顔に直結する!ということ!そこでシャンプーするときにあわせて行いたい、簡単ヘッドマッサージをご紹介します。

頭皮をケアすると、顔のたるみはもちろん、頭痛や首の凝りなどの不調にもアプローチできます。また、頭皮をやわらかく保つことで血行が促進されるため、健やかな毛髪育成にも役立ちます。リラックス効果も高いので、毎日のバスタイムに取り入れてみてはいかがでしょうか。

首を伸ばしてデコルテを広げると小顔効果抜群!

「Body Shaking Studio CRANE(クレイン)」代表の鶴山直史さんによると「首が短いとお顔が小さく見えないんですね。長いと小さく見えるんです」とのこと。確かに首がすらっと伸びていると、顔は小さく、スタイルが良く見えるもの。

本来、首の長さに個人差はないと言われています。長く見える人も短く見える人も、首の骨の数は7つ。猫背だったり、顔がたるんでいたり、首がむくんでいたり、といった要素が首の長さの印象を左右しているのです。そこでおすすめしたいのが、首を伸ばすという動作。

首がすっと伸びれば、顔がキュッと引き上がって姿勢も良く見えます。気付いたときに実践して、小顔と同時に美しいスタイルも手に入れましょう。

枕が原因でデカ顔になるって本当!?小顔になれる寝方って?

一日の疲れを癒やすために睡眠はとても重要。できれば眠りの質を高めて、心身ともに健やかな毎日を送りたいもの。そこで重要なのが枕選び。なんとなくで選んでいる方も多いかもしれませんが、枕が原因でデカ顔になっている可能性があるんです!

例えば枕を使っていない、または枕が低すぎる場合、頭が心臓よりも低くなるため顔がむくみやすくなり、デカ顔を誘発してしまうのだとか。さらにシワ・たるみ、血行不良によるくすみなど、肌トラブルを引き起こしてしまうことに。逆に、枕が高すぎると首や肩に負担がかかりむくみやたるみが生じたり、柔らか過ぎると頭が沈んで自然な寝返りが打てなくなったり、といった不調を感じやすくなるのだそう。

枕選びのポイントは、頭から首のカーブをしっかりと安定して支えられるかどうか。小顔に近づくため、ひいては肌トラブルを回避するために、自分の体に合った枕選びをすることが重要なのです。

サロンでのお手入れをプラスして、小顔に強力アプローチ!

セルフケアに加えてサロンでのお手入れをプラスするとなおgood!小顔を目指す方におすすめなのは美容鍼。鍼をとおして皮膚や筋肉に直接アプローチするので、コリ・むくみ・たるみ・歪みをケアしながらすっきりとしたフェイスラインにぐっと近づくことができます。小顔メニューがALL半額以下で体験できるクーポンを利用して、お得にきれいをゲットしましょう!

参照元はコチラ▼

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る
PAGE TOP