【もくじ】

今回は、忙しいビジネスマンには必見の内容です!
ジムにはなかなか行けない!でも確実に近づいている「夏」に向けて、時短でできる、効率的なヨガポーズをご紹介します!

【太ももの内と外、二の腕にまで効く“ガルダアーサナ”とは?】

太ももにも二の腕にも効く効率的なヨガポーズといえば、手足を絡ませ、全身をまるでタオルを絞るかのようにぎゅっと中央に引き寄せ合う、「ガルダアーサナ」というポーズがおすすめ!

「ガルダアーサナ」の「ガルダ」とは、サンスクリット語で「鷲」を意味し、日本語では「鷲のポーズ」、英語では「Eagle Pose」と言います。手の先や背中で、鷲の爪や羽をイメージし、力強くポーズをとっていきます。

【ガルダアーサナの効果とは?】

このポーズは、以前、「現役モデルが教える【太もも】に効く10分間ヨガ」でもご紹介したように、太ももの内側と外側の両方の引き締めに効果的なポーズです。
手足を絡ませ、ぎゅっと中央に引き寄せ合っているとき、肩甲骨がぐっと開くのがわかるかと思います。全身に力を入れ、血液の流れを一度緩やかにしたあとに手足を解放することで、全身に血液が流れるため、血行を促し、肩こりを解消する効果があります。さらに、太ももから足先までの脚全体の引き締めだけではなく、二の腕から手先の引き締めにも効果的です。

【「ガルダアーサナ」のやり方とポイント】

1.タダーサナの姿勢でまっすぐと立ちます。
※タダーサナとは?

2.右手を顔の前で片手拝みにし、その右腕に左腕を上からクロスさせて、ツルが巻きつくように絡ませ、合掌します。

3.右脚が上になるように脚を組み、左脚にツルが巻きついていくようにそのまま足先まで絡めます。
(右脚を上げて左脚だけで立ち、左膝を少し曲げて右脚を上から絡め、右足先を左脚にかける。)

4.息を吐きながら、膝を曲げて上体を前かがみにさせ、背筋を伸ばしたまま正面を見つめます。ここで5呼吸繰り返しましょう。

5.戻るときは息を吸いながら上体を起こし、息を吐きながら手足をゆっくりと解放します。
※手足を反対に組み替えて同様に繰り返します。

このポーズ、見た目は難しそうに見えますが、以外と簡単。普段、よく脚を組んで座る方は特にやりやすいかと思います。

わかりやすい覚え方は、
「左腕が上になっていたら、右脚が上。」
“上に来る手と足は逆”
です。

時短ダイエットに、太ももにも二の腕にも一石二鳥でお得な効果が期待できる、「ガルダアーサナ」を是非日常に取り入れてみてくださいね。

でも、もっと欲張りたい!というあなたに!!
あるポイントを押さえるだけで、同じ「ガルダアーサナ」でも、二の腕、太ももだけではなく、背中周りやふくらはぎにまで、より強力で効果的なポーズに変わるのです。気になるそのポイントは、それぞれ別の記事でお伝えします。