【もくじ】

ダイエットに必要なものといえば何を思い浮かべますか? 運動・食事制限、そして時間・やる気などでしょうか? 考えただけで続けられない、と諦めてしまいそうですよね。でも、もしも運動なし食事制限もなし、時間のない人でさえ簡単にできちゃうダイエット方法があるとすればすぐにでも始めたいですよね。今回はそんなお手軽ダイエットをお教えします!
あなたは毎日、シャワーだけで済ませていませんか? そうだとしたらもったいない! 実はお風呂にはうれしいダイエット効果が満載なんです。毎日のバスタイムをちょっと変えるだけで簡単にダイエットができちゃいます。運動なしでも痩せられるお風呂ダイエットを始めましょう!

ダイエットには入浴がおすすめ!

毎日忙しいと、ついサッとシャワーで済ませてしまいますよね。でも湯船につかって体を温めるだけで、うれしいダイエット効果がたくさんあるんです!

*下半身に脂肪が付くのを防ぐ

女性は特に、下半身を温めることが大事。それは、下半身が冷えると体が女性器官を守ろうとするため、脂肪を蓄えてしまうからです。お風呂のお湯につかることで、下半身をしっかり温めて、余分な脂肪が付くのを防ぎましょう。

痩せやすい体をつくる

お風呂で体が温まれば、血行促進の効果が期待できます。血行が良くなれば、体の代謝が上がり、エネルギーを消費しやすい体を作ってくれるのです。

むくみの改善

お風呂には、むくみを改善する効果もあります。血液やリンパの流れが悪くなると、余分な水分や老廃物が運ばれずに溜まってしまい、むくんでしまう原因に。お風呂に入ることで体が温まり、血行が促進され、リンパの流れも良くなるのでむくみを改善することができます。同時にリンパマッサージなどを行えば、より効果的です。

ストレス太りを防ぐ

お風呂につかることで、リラックス効果がありストレスを発散してくれる役割もあります。実は日々のストレスも太ってしまう大きな原因になっているのです。ストレス状態が長く続くと、自律神経のバランスが崩れ、基礎代謝が下がってきてしまうため、痩せづらく太りやすい体に。ストレス発散もダイエットには欠かせない要素です。

質の良い睡眠がとれる

お湯につかることで体が温まり、そのあと体温が下がっていくことで入眠しやすくなります。ダイエットには質の良い睡眠も欠かせません。カロリー消費を促してくれる成長ホルモン(痩せホルモン)が働く時間帯にはぐっすり眠りに入っていたいところ。入浴はそんな睡眠をとる手助けをしてくれます。

マッサージと組み合わせて効果大!

お風呂の湯船につかるだけで、これだけたくさんのダイエット効果があるんです。さらに、お風呂ダイエットでは、同時にマッサージを行うことで、より一層高いダイエット効果を出すことができます。ここからは具体的なお風呂ダイエットの方法を解説します!

運動なしで痩せる! 簡単お風呂ダイエットの入浴方法

お風呂で温まるだけで得られる様々な効果。さらにバスタイムのダイエット効果を高めるための入浴方法をご紹介します。温度や時間などぜひ今日の入浴からやってみてくださいね。

まずは体を慣らす

先にかけ湯をして体を慣らしてからお湯につかりましょう。

お風呂の温度

体の血行を良くし冷えやむくみを改善するのには、41度~42度のお湯が良いとされています。ただ、熱いと感じる場合は無理せず、ぬるめにしてください。だいたい39~42度のお湯で、半身浴をしましょう。

半身浴の方法

半身浴とは、体の半分だけお湯につかった状態での入浴方法です。みぞちから下の部分がお湯につかるくらいの湯量にしましょう。みぞおちより上にお湯がくると心臓や内臓に負担がかかり、その状態での長時間の入浴は体に良くありません。

お風呂の入浴時間と水分補給

半身浴で長めに入るのが効果的です。ただ、長時間入りすぎると体調を崩す恐れもありますので20~30分程度に。時間はしっかり確認しましょう。また、こまめに水分補給をするようにしましょう。

「高温反復浴」で発汗&脂肪燃焼!

半身浴で長時間つかることが良い、ということはわかるけど、なかなかずっと湯船につかっていられない。という方におすすめなのが、「高温反復浴」。高温反復浴とは、熱いお湯の中へ入ったり出たりを繰り返すことで、短時間でもがっつりと発汗し脂肪燃焼効果を高めることができる入浴方法です。

高温反復浴のやり方

①始める前にしっかり水分補給をする
たくさんの汗をかくので始める前に十分に水分補給を。さらに途中でも水分補給ができるようにしておきましょう。
②5分入浴する
軽くかけ湯をして体を慣らし、5分間湯船につかります。半身浴とは違うので、肩までしっかりつかります。
②5分休憩する
いったん湯船から上がり、5分休憩する。休憩の間に髪や体を洗いましょう。
③3分入浴する
④5分休憩する
⑤3分入浴する
⑥お風呂から上がった後もしっかり水分補給する

高温反復浴は、短時間でも体の中まで温まり、しばらくは発汗作用があります。入浴前、入浴中、入浴後と、こまめに水分補給を続けましょう。

ダイエット効果を高める!お風呂リンパマッサージ

入浴中にぜひ実践したいのがリンパマッサージ。リンパマッサージはリンパの流れを促進するマッサージです。お風呂につかって血行が良くなっているときに行うと、とても効果的です。リンパの流れを良くすることで老廃物や余分な水分がリンパ節まで運ばれてろ過され、最終的には血管に戻っていきます。そうすることでむくみを防止してくれるのです。

二の腕のリンパマッサージ

①右手で左手首の内側をつかみ、左手首~左わきの下に向かってさすり上げる。
このとき、左腕を上に向かって上げながら、さする。
②10回×5セット行う
③反対の腕も同様にマッサージする
※わきの下のリンパ節に向かって流すイメージで行いましょう。

お腹のリンパマッサージ

①片手を胸の下に当てて、恥骨のあたりまでさすりおろす。次に反対側の手で胸の下~恥骨のあたりまでさすりおろす
②四指で肋骨の真ん中から脇腹まで、八の字を描くようにさする。左右交互でも同時でもOK
③お腹のおへその周りを、両手の平で時計回りに丸を描くようにさする
④上半身を左右にひねりながら、右手は左のわき腹から、左手は右のわき腹から、中心に向かって大きくさする
⑤仕上げに、お腹全体をまんべんなくたたく。このとき気になるところを中心に。

太もものリンパマッサージ

①浴槽の中で脚を伸ばす
②右手でこぶしをつくり、左ひざの内側あたりにつける
③右手に力を入れて、ひざの内側~脚の付け根まで、ゆっくり強い力でさする
④右脚も同じように左手でさする
※脚の付け根にあるリンパ節に向かって流すイメージで行いましょう。

毎日のバスタイムにダイエットを!

お風呂ダイエットいかがでしたか? これなら忙しくて時間がない方や、運動や食事制限が苦手な方でも簡単に始められますよね。 お風呂につかっていると自分で思っているより汗をかいています。こまめな水分補給を十分に行い、つかり過ぎには注意して、楽しくお風呂ダイエットをしてみてくださいね。

文/@cosmeダイエット編集部