【もくじ】

ポッコリお腹が気になる…お腹痩せしたい!という人におすすめなのが、「ドローイングダイエット」!

ドローイングとは、お腹を凹ませるだけの超簡単呼吸エクササイズ。
どこでもできて、キツくない、でも効果がすぐに実感できる! とメリットだらけなんです。
今回は、ドローイングダイエットの効果と、基本的なドローイングの方法をご紹介します。

ドローイングとは?

ドローイングとは簡単にいうと、「お腹を凹ませる」という動きです。

やり方は、息を吸いお腹を凹ませた状態を維持するだけ。お腹を凹ませる動作を行うことで、インナーマッスルを内側に引っ張り、ウエストを引き締めます。

ドローイングを行っている時、当然お腹は引っ込みますが、力を抜けば元のお腹の状態に戻ってしまうのでは?と思うかもしれません。ふだんから気づいたときにくり返し、お腹を凹ませていると、しだいにその状態が“クセ付け”され、意識しなくても体がその形をとるようになります。これが一般に筋肉の形状記憶といわれるもの。しかも、ドローイングはお腹周りの多くの筋肉を使うため、これまで使われていなかった休眠筋肉を目覚めさせる効果があるんです。

☆インナーマッスルを鍛える方法はこちらから!

ドローイングダイエットのメリット

メリットだらけのドローイングダイエット。今回は代表的なものをいくつかご紹介します。

① どこでもできる!
なんといっても、どこでもできるところが最大のメリットです。立っている状態だけでなく、座った状態や寝ている状態でも行うことが可能。
通勤・通学中、仕事中などといった、これまでぼーっと過ごしていた時間を活用することができます。忙しい人は、わざわざ運動や筋トレの時間を作るのは、大変。毎日のながら時間に取り入れることで続けられるはずです。

② 辛くない!
特別なエクササイズや、厳しい運動は結局続かないもの。普段運動していない人ならなおさらです。
ドローイングダイエットは、お腹を凹ませるだけの簡単な呼吸法。腹筋に効いている実感は得られると思いますが、キツイ運動ではありません。運動初心者の人も、気軽に取り組むことができますよ。

③ 効果がすぐに実感できる!
ドローイングダイエットは、個人差はありますが比較的早くに効果が実感できるダイエット方法です。早ければ数日で、ウエスト周りの引き締まり効果を実感できるはず。正しい姿勢と呼吸法で行い、ポッコリお腹を解消しましょう。

ドローイングのダイエット効果

ドローイングとは、お腹の最も深層部分にある腹横筋を効果的に鍛えるトレーニング。
腹横筋を鍛えることで得られる効果は、お腹周りの引き締め効果だけではありません。ドローイングのダイエット効果をいくつかご紹介します。

① ウエスト引き締め効果

1番は、やはりウエスト引き締め効果です。

ドローイングで鍛えられる腹横筋というお腹の筋肉は、お腹の筋肉の中でも内臓に近い場所にある筋肉。コルセットのように内臓まわりにあり、内臓をしっかりと正しい位置に保つ役割もあります。腹横筋がたるんでしまうと腹圧が弱くなり、内臓の位置も下がりやすくなって、下腹部が膨らんだポッコリお腹状態に。

また、普段あまり使われていない筋肉を刺激することで、すぐにくびれ効果が実感できるはず。引き締まったウエストには欠かせない腹横筋を鍛えることができるのがドローイングです。

② 便秘解消

ドローイングで腹横筋を鍛えることで、腹圧を高めることができます。ドローイングでくり返し腹圧を高めると、マッサージ効果によって腸を中心に内臓の働きの活性化が期待できます。また、排便の際にいきむ力も強くなるため、とくに便秘解消は効果的です。

③ 冷え性解消

ドローイングはウエストを引き締める効果だけでなく、インナーマッスルを鍛えることも可能です。ダイエットにおいて、インナーマッスルを鍛えることは非常に重要。インナーマッスルを鍛えることで、基礎代謝の向上、脂肪燃焼効果も高まります。

代謝がアップすることで、血行不良の改善も。お悩みの女性も多い、冷え性の解消にも繋がるんです。

ドローイングのやり方

それでは、ドローイングダイエットを実践してみましょう! やり方はシンプルですが、正しい方法を知ることでよりダイエット効果を感じることができますよ。

基本の30秒ドローイングエクササイズ!

やり方:

① 背筋を伸ばし、胸を張った状態で姿勢良く立つ

② 息をたくさん吸ってお腹を膨らませる。吸う時間の目安は2~3秒

③ へそを中心にお腹全体を凹ませるイメージで、息を吐いていく。お腹を凹ませた状態で30秒キープ

④ ゆっくりと息吐いて元に戻す

ポイントは息を止めずに、しっかりとお腹全体を凹ませること。

30秒キープ、という時間はあくまで目安。無理をせず自分に合った時間で行ってみましょう。お腹に意識を集中し、凹ませた状態でキツイと感じる時間プラス3秒我慢するぐらいがベストだといわれています。

1日5~6回行うようにしましょう。

ドローイングダイエットのコツ

ドローイングダイエットを行うときは、毎日朝晩の決まった時間に行う、などタイミングを決めて行うのがおすすめです。
もちろんながら時間に取り入れて行うこともできますが、毎日タイミングを決めて行うことで、日々の習慣になっていきます。
ダイエットを成功させるには、「毎日コツコツ」が基本。毎日少しずつでも継続することが重要です。

注意してほしいのが、食後の満腹の状態でドローイングを行うのはNG。ドローイングはお腹をめいっぱい凹ませる必要があります。お腹が満腹の状態だと、腹筋をうまく使うことができなくなってしまい、効果も薄くなってしまいます。
空腹時のほうがカロリー消費率も高いといわれていますので、空腹時、もしくは満腹感が落ち着いた状態で行うようにしてくださいね。

ドローイングダイエットでポッコリお腹を撃退!

ドローイングダイエット、いかがでしたか?
人目を気にせずどこでも時短で行える、ダイエット方法。ぜひ日々の習慣に取り入れて、ポッコリお腹を解消してみてくださいね。

文/@cosmeダイエット編集部