【もくじ】

野菜たっぷりの食事で健康的に痩せられる温野菜ダイエット。温野菜ダイエットの効果的なやり方やどんな野菜が向いているか、料理初心者でも作れるおすすめ簡単レシピをご紹介します。

ダイエットには生野菜より温野菜がおすすめ!

ダイエット中はカロリーの低い野菜を積極的に食べたいものですが、野菜は生のままだとかさが多く、あまり多くの量は食べられないのですぐにお腹がすいてしまいます。温野菜ならかさが減ってたくさん食べられるので腹持ちがよく、ダイエット中の食事に最適です。また温野菜にすることによって、生野菜にはない嬉しい効果もあります。

温野菜ダイエットってどうやるの?

温野菜ダイエットの基本的なやり方は、1日のうち1食を温野菜中心の食事にするという方法です。3食全てを温野菜だけにするというわけではありませんのでご注意ください。温野菜を食べる量に決まりはありませんが、厚生労働省が推奨する1日の野菜摂取量である350グラム以上を目安にしましょう。
温野菜の作り方には煮る・焼く・蒸すなどの方法がありますが、おすすめは蒸して作る温野菜です。野菜の栄養を逃がさずに調理できますし、シリコンスチーマーやレンジ用蒸し器に野菜を入れてレンジでチンするだけで手軽に温野菜を作れますので、簡単に温野菜ダイエットを続けることができます。

温野菜がダイエットに効果的な理由

温野菜ダイエットは、カロリーの低い野菜でお腹を満たすことによって他の食事の量を減らすことができますので、無理なく自然と摂取カロリーが減ってダイエットできます。
便秘は代謝をさまたげるのでダイエットの大敵ですが、野菜は食物繊維が豊富なので温野菜ダイエットは便秘解消にも効果的です。

温野菜なら体を冷やさずに野菜を食べられることもポイントです。体を冷やしてしまうと内臓の働きが鈍くなって消化吸収機能が弱まり、基礎代謝が下がって太りやすい体になってしまいます。

温野菜ダイエットに向いている野菜はこれ!

・玉ねぎ

玉ねぎを加熱することによってトリスルフィドという物質が生成されます。トリスルフィドは肥満の原因になる中性脂肪やコレステロールの値を低下させる働きがあり、ダイエットに効果的な成分です。生の玉ねぎにはトリスルフィドは含まれていないので、温野菜ダイエットにはぜひ玉ねぎを取り入れましょう。

▼「玉葱」のクチコミを見る

・ブロッコリー

ブロッコリーにはクロムというミネラルが含まれています。クロムは炭水化物、脂質、たんぱく質の代謝に欠かせない栄養素で、脂肪の燃焼を促してくれます。
ブロッコリーはカルシウムも豊富です。カルシウムには食べた脂質を腸で吸収させずに体外へ排出する作用がありますので、体脂肪を減らす効果があります。

▼ブロッコリーのクチコミを見る

・トマト

トマトにはリコピンという色素が豊富に含まれています。リコピンには強力な抗酸化作用があり、ダイエット効果や美肌効果が期待できます。リコピンは加熱することで吸収されやすくなるので、温野菜ダイエットに向いています。

▼「トマト」のクチコミを見る

野菜

温野菜ダイエットはここに要注意!

温野菜ダイエットは、野菜をたくさん食べることによって総摂取カロリーをおさえることがポイントなので、カロリーの高いマヨネーズやオイルたっぷりのドレッシングをかけてしまうと効果半減です。調味料は塩やノンオイルドレッシングなど、カロリー・糖質が低いものを使うようにしましょう。
また野菜に含まれる食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊の2種類があります。水溶性食物繊維には便をやわらかくする作用があり、不溶性食物繊には便の量を増やす作用がありますが、不溶性食物繊ばかりとり過ぎると便秘の原因になります。水溶性食物繊維が多い野菜には、ごぼう、オクラ、芽きゃべつ、にんじんなどがありますので、これらの野菜を積極的に食べるようにしましょう。

温野菜が主役のおすすめ簡単レシピをご紹介

<シリコンスチーマーで春の温野菜>

季節関係なくできるのが温野菜の利点! こちらは温野菜ダイエットにおすすめな玉ねぎを使ったレシピです。レンジで手軽に作ることができます。野菜をたくさん食べることができて、お腹いっぱいになるのにヘルシーだから、カロリーを気にする必要もなし! だからって食べ過ぎはNGです。

<チンするだけ! ソーセージ入り温野菜>

ブロッコリーを簡単にたくさん食べられるレシピです。ソーセージからうま味がでるので、ドレッシングは低カロリーのものでも満足感のある料理になります。シリコンスチーマーで火を通すだけで食べれるので、食事の時間が遅くなってもこれならヘルシーです!

<ホタテとトマトの白だし蒸し>

リコピンが豊富なトマトを使ったレシピです。キャベツでかさ増しできるので、置き換えダイエットにも活用することができます。味付けは白だしとコショウなのでとてもヘルシーですが、ホタテのうま味がトマトとキャベツに染みこんでおいしくいただけます。

温野菜ダイエットの効果的なやり方とおすすめレシピをご紹介しました。温野菜ダイエットは空腹を我慢する必要なく、いろいろな料理を楽しみながら続けられるダイエット法です。温野菜をたっぷり食べて、健康でスリムな体を手に入れましょう。