大きなお尻は女性の悩みですよね。お尻が大きくなる習慣があるって知っていますか?今回はお尻が多くなってしまう習慣と、お尻を小さくする方法について調べました。

お尻を小さくしたいけど…

小さくてキュッと上がったお尻は女性の憧れ。お尻が大きくてタイトなパンツスタイルに挑戦できない、シルエットが気になる、太って見える…など大きいお尻に悩んでいる人も多いのでは?大きいお尻は、お尻を大きくする習慣からきています。まずは、お尻を大きくする習慣を知って、キュートな小尻を目指しましょう♪

内股・ぺちゃんこ座りでお尻が大きく

お尻が大きくなる主な原因は骨盤の歪みです。内股歩きは、内転筋が衰え、O脚やX脚の原因にもなり、骨盤が開いてしまいます。ぺちゃんこ座りも同様に骨盤が開いてしまい、良くありません。その他にも骨盤を歪ませる習慣は多くあります。足を組んで座ったり、姿勢が悪かったりと体のバランスを崩す動作が歪みに繋がります。

長時間座っているとお尻が大きく

デスクワークなどで長時間椅子に座っている人は、座っている時に腰を丸めて座っていませんか?腰を丸めて座っていると、坐骨が広がります。坐骨が広がると、太股の骨をつなぐ股関節外旋筋が伸ばされ、足の付け根が外側に張り出します。そのため、下半身のお肉も外側に張り出し、お尻が大きく見えるのです。

運動不足でお尻が大きく

お尻はお腹の次に脂肪がつきやすくて落ちにくい場所です。運動不足だと筋肉量が減り、脂肪が燃焼されにくくなります。燃焼されなかった脂肪は、皮下脂肪となり蓄積されてしまい大きいお尻になります。また、お尻周りは血液循環が悪いことが多く、老廃物が溜まりやすい場所でもあります。

骨盤枕を1日5分使って小尻に

骨盤枕を使い、骨盤の歪みを矯正し、小尻を目指しましょう。市販の骨盤枕を使うか、手作りしたものを使って行います。
① 骨盤枕をお尻にぴったりくっつけ、仰向けになります。
② 足先の親指をくっつけ、ハの字になるようにします。
③ 両腕を頭の上に伸ばし、手の平を床に向け、小指をくっつけるようにして5分間寝るだけです。

お尻歩き運動で小尻に

骨盤矯正効果のあるお尻歩き運動をしましょう。
① 床に座り両足を揃えます。
② 両肘を上げ、腰をひねりながら骨盤を押し出すようにお尻を動かし、前へ10歩進みます。右ひじを前へ出した時には右のお尻を動かすようにして下さい。
③ 同じ動きで後ろに10歩戻します。
前へ10歩、後ろへ10歩を1セットとし、5セット行いましょう。

筋トレ ランジで小尻に

ランジという筋トレはお尻を鍛えるのに効果的です。筋肉をつけて脂肪を燃焼させましょう。
① 足は肩幅くらいに開き、背筋を伸ばして立ちます。手は腰に添えて下さい。
② 片足を一歩前に出して、太ももが床と平行になるくらい腰を落とします。
右10回、左10回を1セットとし、3セット行いましょう。

お尻マッサージで小尻に

① 片足の足を後ろに引いて立ち、お尻から腰へお尻を持ち上げるようにさすります。
② おしりの横の肉を腰の中心に集めるように揉みます。
③ ①、②を5回繰り返し、反対の足も同様に行います。

股関節から歩いて小尻に

猫背になってしまう膝から歩く膝歩きをやめ、股関節歩きをしましょう。お腹とお尻に力を入れながら、足を大きく前に踏み出します。膝はできるだけ伸ばし、かかとから着地します。着地したかかとからつま先に重心を移動し、後ろ側の足の付け根を伸ばします。前側の足に体重が乗り切ったら、後ろ側の足の親指で蹴り出します。

いかかでしたでしょうか?お尻が大きくなる習慣は内股やぺちゃんこ座り、足を組む、猫背、長時間椅子に座る、運動不足など日頃行っていそうな習慣ばかりかと思います。長時間椅子に座る習慣はデスクワークの方は避けられないことですが、骨盤の歪みに気をつけたり、運動不足を解消したりすることはできます。骨盤枕を使った骨盤矯正やお尻の筋トレなども行い、キュートな小尻を目指していきましょう。