【もくじ】

いつの間にかズボンに乗っかるようになってしまったお腹。
引き締めたいと思ってはいても、朝から晩まで仕事に家事にと毎日へとへと。
ダイエットをする時間も気力もあるわけがないですよね。

そんな毎日多忙なあなたでも、お腹を引き締めることができる方法をご紹介したいと思います。

通勤中・仕事中・テレビを見ているときなどの時間を有効活用。
いつもの座っている時間がダイエットの時間に。
“座りながら”できるダイエットでいつの間にかペタンコお腹になっちゃいましょう!

▼▼こちらもどうぞ!▼▼

姿勢を正すだけで痩せ効果!?

毎日息をつく間もなく働いているあなたでも“座っている”時間はどこかにあるはず。
とは言っても、座りながらキツい運動や筋トレを行うわけではありません。

まずやるべきことは、正しい姿勢で座ること。

それだけ?
と思ってしまいますがそれだけなんです。

正しい姿勢を保つことは腹筋・背筋・腸腰筋・脊柱起立筋など多くの筋肉を使います。
逆を言えば、姿勢が悪い人はこれらの筋肉が衰えているため、ダイエットの大敵である骨盤の傾きや内臓下垂、基礎代謝の低下などを引き起こしている可能性があるのです。

姿勢を正すことで…
・インナーマッスルを始め多くの筋肉が鍛えられる
・骨盤の位置を正しく保つことができる
・内臓の位置を正しく保てる
・血行やリンパの流れが良くなる
・基礎代謝がアップする

簡単にまとめると、脂肪を燃焼しやすくて健康な痩せ体質になることができるというわけなんです。
早速始めてみましょう!

◆正しい座り方

①イスに深く腰掛ける
②体を上に引き上げるようにして、骨盤をまっすぐに立てる
③骨盤の上にまっすぐ上体が乗るようにする
④ひざはまっすぐ正面を向き、角度は90度にする
⑤上半身・下半身ともに重心が傾かないように注意する

Point!
背中が反るほど無理に背筋を伸ばそうとしなくてOK。
骨盤を立てて、そこに上体をまっすぐ乗せるようにしましょう。

▼正しい立ち方や骨盤の傾きチェックなどはコチラの記事をどうぞ

呼吸をするだけでお腹が引き締まる!

深い腹式呼吸をすることで、お腹のインナーマッスルである腹横筋など多くの筋肉を鍛えることができます。息を吐くときにはお腹周りの腹斜筋や腹横筋。息を吸う時には肩・背中・首にかけての僧帽筋、姿勢を維持するのに重要な脊柱起立筋なども呼吸に使われます。

お腹周りの筋肉と姿勢を維持するために必要な筋肉を鍛えていくことで、お腹の引き締め効果に期待できます。

もうひとつ、腹式呼吸で得られる効果としては、新鮮な酸素を体の中に多く取り込むことができるので、血行促進・新陳代謝の活発化・筋力アップ・脂肪燃焼などに繋がるのです。

◆腹式呼吸のやり方

①イスに座る
②口をとがらせて、お腹をへこませながら息を吐ききる(12秒ほどかけて息を吐ききる)
③あごを引き、お腹をふくらませながら、鼻でゆっくり息を吸う(5~6秒かけてたっぷり吸う)
④1分ほど繰り返し呼吸をする

Point!
お腹の筋肉は、意識的に動かすことのできる筋肉の一つ。
腹式呼吸をしながら意識的にお腹を動かすことで筋肉が鍛えられ、引き締め効果に期待できます。

▼コチラの記事もおすすめ

座ったままこっそり筋トレ!

他にもイスに座ったままウエストダイエットができる筋トレをご紹介していきたいと思います。

◆イスに座ってできる筋トレ①

①イスに座る
②腹筋を使って右足を軽く上げ、30秒キープ
③次に左足も同様に行う
④慣れてきたら両足をいっぺんに上げて行う

Point!
ソファなどではなく固めのイスを使いましょう。
左右・前後に重心がズレないように気を付けながら、正しい姿勢で行ってください。
キツい場合は両手でイスをつかんでもOK。

◆イスに座ってできる筋トレ②

①イスに浅めに座り、両手はお尻の横に置く
②ひざをつけて両足を軽く浮かせ、ひざから下を右に寄せて3秒キープ
③同じように左に寄せて3秒キープ
④10往復行う

Point!
ソファなどではなく固めのイスを使いましょう。
左右・前後に重心がズレないように気を付けながら、正しい姿勢で行ってください。
お腹の筋肉を使うことを意識しながら、肩や足に力が入らないように注意します。

くびれをつくるには「伸ばす」ストレッチ!

ウエストダイエットをしてくびれをつくりたいという人は多いと思います。
くびれをつくるためには、わき腹にある腹斜筋がポイントですが、ひたすら筋肉を鍛えてもそれによって肋骨と骨盤の間が縮んでしまい、くびれから遠ざかってしまうことも。
そこで、くびれづくりに効果的なストレッチで筋肉を伸ばしながら動かしていきましょう。

◆くびれをつくるストレッチ①

①イスに座り、両手をクロスして肩をつかむ。ひじは体に付けるようにする
②背筋を伸ばして上半身を少し前に倒す
③上半身を右、左、右と動かした後、そのまま3秒キープ
④次に上半身を左、右、左と動かした後、そのまま3秒キープ
⑤2セット行う

Point!
ひざは正面に、背筋を伸ばした状態をキープします。
骨盤から上だけを動かすようにしましょう。

◆くびれをつくるストレッチ②

①イスに深く座る
②両手を上に上げて伸び、5秒キープ
③いったん力を抜いて楽にする
④両手を上に上げて伸ばし、ゆっくりと右に体を倒す
⑤わき腹が伸びたところで、5秒キープ
⑥元に戻し、同じようにゆっくりと左に体を倒して5秒キープ

▼他にもくびれを作る方法をご紹介しています

【まとめ】効果的な方法でウエストダイエット

イスに座ったままできるウエストダイエットをご紹介してきましたが、いかがでしたか?
「忙しくてダイエットにかける気力も時間もない」。そんな人でも、普段のちょっとした意識から、お腹痩せを叶えることができちゃうんです。早速始めてみてくださいね!

あわせて読みたい