【もくじ】

簡単にできる青汁ダイエットとは?

青汁はダイエットや健康維持、美肌効果などが期待され、美容と健康に役立つと多くの人に愛飲されています。

青汁は色々なメーカーから販売されており、それぞれ成分や味の違いがあり、その効果も決して同じではありません。例えば大麦若葉を原料とした青汁は、美容に効果的だということで女性の人気が高まっています。

今回は、青汁の主な成分について、どのような効果がみられるのか、その成分は一体何に影響するのか、といったことを詳しくみていきましょう。

栄養素たっぷりの青汁

「青汁」は、主に生の緑葉野菜をしぼった汁のことを指し、ケールや大麦若葉、明日葉などの緑黄色野菜が入っている物が一般的です。
では、ケールや大麦若葉、そして明日葉には、どんな成分や効果があるのでしょう。

まず「ケール」は青汁に含まれる野菜の王道。緑黄色野菜の中でも栄養素の豊富さでは断トツで、ミネラル、ビタミン、ルティン、ベータカロテンなどが含まれています。
抗酸化作用があり、目によいとされる成分が多く含まれています。

「大麦若葉」は最近よく青汁に含まれる野菜。「SOD酵素」を含んでおり、これは活性酵素の除去に効果を発揮するといわれています。

「明日葉」はSOD酵素を含み、さらにむくみや美肌にも効果的なカルコンを多く含んでいます。

主成分によってその効能が異なるので、自分の悩みに合わせた青汁を選んでみましょう。

食物繊維が補える

青汁を飲むことのメリットに、不足しがちな栄養素や食物繊維を手軽にたっぷり摂れる、ということも挙げられます。

普段の食事で不足しがちな食物繊維ですが、青汁というドリンクとして摂取すると非常に手軽に、たっぷり摂取することができるのです。また、青汁として飲むことにより加熱する必要がなく、豊富な栄養素をたっぷりと摂取できるという点もおすすめのポイントです。加熱調理を施すと野菜の栄養素は生の状態よりも効能が落ちるといわれています。

飲むだけの青汁ダイエット

「青汁ダイエット」は基本的に青汁を飲むだけのダイエットです。そして、常飲する人が多い青汁は、粉末タイプからサプリメントまで、非常に様々な形で販売されています。

スーパーやドラッグストアで簡単に手に入り、持ち運びも便利。ダイエットの重要なポイントである「続けやすい」という点を、しっかり満たしたダイエットなのです。

ダイエット効果が期待される“青汁”

非常に簡単な青汁ダイエット。青汁に含まれるどんな成分が、どのような効果を発揮するのでしょうか? 青汁に含まれている代表的な栄養素を簡単にご紹介します。

青汁はケールや大麦若葉が主な原料とされている場合が比較的多いといえます。そのほかにも食物繊維やカリウム、ビタミンE、ビタミンCなどが含まれています。これらの栄養素はそれぞれどんな働きをする栄養素なのでしょうか?
なお、すべての青汁製品に下記栄養素が含まれているとは限りませんのでご注意ください。

食物繊維で便秘改善

まず青汁には食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維といえば便秘に効く、というイメージがありますが、これは食物繊維が腸内をキレイにしてくれるから。

特に青汁に含まれる食物繊維は「水溶性食物繊維」と呼ばれるものです。これは腸内で水と混ざるとゲル状になる食物繊維で、便を柔らかくしたり、腸内で善玉菌のエサとなることで腸内の環境を整えてくれます。
腸内環境の改善が便通のサポートにつながる、というわけです。

空腹時に飲んで食べ過ぎを防ぐ

青汁を空腹時に飲むと、脳の満腹中枢が刺激されます。それによって、満足感が得られるので、結果的に食べ過ぎや飲みすぎを抑えることができます。
また、青汁に豊富に含まれる食物繊維を食事の前にとることは、血糖値の急激な上昇を抑えるのにも効果的です。

カリウムでむくみ改善

青汁の主成分のひとつである明日葉には、カリウムが豊富に含まれています。カリウムは、むくみが気になる方にぜひ摂ってもらいたい栄養素です。

カリウムはミネラルの1種。細胞内の水分バランスを保つ働きがあります。そのため、老廃物の排出や利尿作用があります。
むくみは不要な水分が体内にとどまっていることが原因であることが多く、このような状態の場合にはカリウムの排出作用が効果的です。

またカリウムには血圧の上昇を抑制したり、筋肉の収縮を促す作用もあります。人の体にとって非常に重要な働きを担っているのです。

美肌効果できれいに

青汁にはビタミンCやビタミンEも豊富に含まれています。肌の乾燥を防いだり、きめ細かさや肌の明るさのもととなるハリやツヤを整える、美肌効果も期待できます。

また前述の青汁の食物繊維によって便通がサポートされればニキビや肌荒れなどの予防にもつながります。

食事制限のお供にも

栄養が豊富な青汁ですが、食事の代わりとして飲むことには向いていません。1食分のエネルギーとしては栄養素が足りないために、すぐにお腹が空いてしまいます。
我慢できたとしても次の食事で食べ過ぎたり、間食の誘惑に勝てなくなる可能性が高く、リバウンドの危険性が高まります。

青汁はあくまでも食事制限のメインではなく、サポートとして考えましょう。バランスのよい食事と適度な運動を摂り入れながら青汁を飲むことで、その効果を高めることができます。

飲むだけ簡単! 青汁ダイエットのやり方

では、具体的にどのように青汁を飲むとダイエットに効果的なのでしょうか? いつ飲むのか、そして飲むタイミングはいつがいいのかなど、気になるポイントをチェックしていきましょう。

目的に合った青汁を選ぶ

まずはどの青汁を飲むのかを決める必要があります。青汁のメーカーによって、含まれている栄養素も成分の比率も異なっていますので、できるだけ目的に合った青汁を選ぶことが大切です。

例えば痩せる目的のほかにむくみが気になるならカリウムが豊富な明日葉が主原料になっているもの。便秘気味で悩んでいるなら、食物繊維が多めに配合されているもの…。それぞれの目的に合わせて選んでみてください。

製品によって飲む量が異なる

健康食品としても販売されている青汁は体によいものですが、過剰摂取は禁物。食物繊維が豊富なものが多いので、飲みすぎるとお腹がゆるくなる可能性があります。どの製品にも説明が付属の紙やパッケージに記載されています。よく読んで、記載されている規定量をを守って飲むことをおすすめします。

規定量を守っているのにお腹がゆるくなってしまう、ということが続く場合は少な目に飲んでみたり、別の製品に変えてみるなどの対応をしながら、快適に長く続けていけるように工夫してみてください。
青汁はたくさん飲めば痩せる、というものではありません。

飲むタイミングは目的に合わせる

目的によって青汁を飲むタイミングを変えてみましょう。この時間でなければいけない、というルールはありません。

(1)「ダイエット」が目的の場合
食物繊維が多く含まれている青汁を食前に飲むと、血糖値の上昇が緩やかになります。その結果身体に余分な脂肪をため込みにくくなると考えられるため、ダイエットに効果的です。
ダイエットが第1の目的である場合は、食前に青汁を飲むようにしてみましょう。

(2)「便秘を改善」が目的の場合
おすすめのタイミングは就寝前。寝ている間に食物繊維が腸の中で水分を含み、きれいに掃除してくれるためです。
ただし寝る前に飲むと腸が消化のため動くため、眠りが浅くなったり眠りづらくなる場合もあります。飲むタイミングをずらしてみるなど工夫をして、自分の体に1番合った時間帯を見つけてみてください。

青汁をもっと美味しく飲むための組み合わせ

青汁がダイエットを効率よくサポートしてくれることはわかっていても、青汁には「美味しくない」という根強いイメージがあります。

青汁は濃いお茶のような味ともいわれます。また人によっては青臭さを感じる場合も。最近の青汁は飲みやすい、美味しいともいわれますが、ある程度のクセがあるため苦手で飲めないという人もいます。

しかし、実は青汁と他の飲料を混ぜるだけでかなり飲みやすくなります。青汁と相性のいい飲み物はいくつかありますので、青汁の味が苦手な方はぜひ試してみてくださいね!

濃厚な味の青汁と牛乳

牛乳と青汁を混ぜると抹茶ミルクのような濃厚な味わいに。日常生活で不足しがちな栄養素であるカルシウムも、牛乳と混ぜて飲むことでしっかりとることができるというメリットもあります。また青汁と合わせるとカルシウムの吸収効率も上がるるという利点も。

牛乳のカロリーが気になる方は、低脂肪乳をチョイスするのもおすすめです。

飲みやすさ抜群! 青汁と豆乳

牛乳と相性のいい青汁は、豆乳とも相性がよいと評判です。青汁と豆乳、どちらもクセのある味わいですが、混ぜることで両方のクセを感じにくくなります。
カフェなどで豆乳抹茶ラテが飲める方ならこちらの飲み方がおすすめです。

また豆乳には抗酸化作用があるといわれる大豆イソフラボンが含まれています。大豆イソフラボンの抗酸化作用は、体内の活性酸素を除去、生活習慣病の予防に働きかけてくれます。
いわゆるメタボ、高血圧などが気になる方はぜひ試してみてください。

デザート感覚の青汁とヨーグルト

牛乳、豆乳と乳製品とよく合う青汁は、ヨーグルトとの相性も◎なんです! ヨーグルトのまろやかさが青汁のクセをうまく隠してくれるので、スムージー感覚で楽しむことができます。

また、ヨーグルトは乳酸菌が豊富なので、腸内環境を整える効果が期待できます。青汁の食物繊維の力と合わさって、便通のサポート効果がより高まります。ダイエット中は便通が悪くなることが多いので、気になる方はヨーグルトと一緒にどうぞ。

青汁を効果的に飲んでダイエット!

昔から多くの人に愛飲されている青汁。健康志向の高まりとともに、青汁もどんどん飲みやすくなり、栄養成分も進化しています。
ここからはさらにダイエットの効果を高める方法をみていきましょう。

ダイエットの基本は適切な食事制限と適度な運動。青汁の効果をとりいれながら、その効果をもっと高める方法についてご紹介します。

運動をすることでより効果的に

青汁を飲むことでお通じがよくなり、一時的に体重が減るという効果は期待できます。ただし青汁を飲んでいるだけで痩せる、というのは難しいこと。運動をすることで脂肪の燃焼効率を上げ、痩せやすく太りにくい体作りをすることも非常に大切なのです。

なお運動によって脂肪を燃焼させるためにはビタミンやミネラルといった栄養素が必要です。青汁を飲むことによって効率よく、また手軽にそれらの栄養を摂取することができるのは大きなメリット。

運動と合わせて青汁を飲むことは、ダイエットの効果を高めることにつながります。

いつものダイエットにプラス

ダイエットには様々な方法がありますが、青汁をそれらのダイエットにプラスすることでその効果を高めることができます。

例えば1日を通して摂取カロリーをコントロールするダイエットをしている場合、最初は空腹感に悩まされることも。また摂取カロリーを減らすことで食事の量が減り、便秘に悩まされる場合もあります。

そういったときに青汁を飲むことで、空腹感を紛らわせると同時に便通のサポートも行うことができます。青汁は様々なダイエットの力強い味方になってくれるのです。

飲み過ぎに注意! 青汁ダイエットで気を付けること

ダイエットに効果的な青汁ですが、注意したいポイントもあります。効果があるからといって飲みすぎは禁物です。青汁を使ったダイエットをする際に注意したいポイントをチェックしてみましょう。

飲み過ぎでお腹がゆるくなることも

前述のとおり、青汁には食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は便通をサポートしてくれますが、飲みすぎるとそれを通り越してお腹が緩くなってしまう場合も…。

あまりにもお腹が緩くなる場合はいちど飲むのをやめてみたり、飲む量を減らしてみましょう。また、青汁の種類は非常に豊富なので、別の青汁を試してみるのもよいでしょう。
自分の体調をよく観察して、日常生活にししょうをきたさないようにダイエットに取り組みましょう。

青汁ダイエットの体験談&クチコミ

ここからは、実際に青汁をダイエットに取り入れてみた方々のクチコミをご紹介します。

青汁を使ったダイエットのやり方は人それぞれであり、またその効果も人によって異なりますが、中には青汁を飲むことでむくみが軽減されたという方も。青汁を上手に取り入れている方々のクチコミ、ぜひ参考にしてください。

夕方になるとむくみが気になる、靴がきつくなってしまう、という方には、カルコンが豊富に含まれる明日葉入り青汁が人気です!
特に長時間座りっぱなし、立ちっぱなしのお仕事だとむくみやすくなります。そんな方は明日葉入りの青汁を生活に取り入れてみると効果的だといえますね。

牛乳と合わせて飲んでみた方のクチコミ。乳製品と青汁は相性がいいので、青臭い味が苦手な方にはおすすめです。

また、温めた牛乳に青汁を混ぜてはちみつをプラスすると、抹茶オレのような味わいのホット青汁に! 就寝前の牛乳は安眠効果も期待できますので、お休み前にぜひお試しください。

青汁ダイエットのまとめ

いかがでしたか?

生活に青汁を加えることで、さまざまな健康効果やダイエット効果が期待できることがわかりました。
CMでもおなじみだったあの独特の味も、飲みやすく改善された製品が増えました。さらに乳製品と合わせるなど青汁を飲みやすくする方法があることもわかりましたので、まずはいちど試してみるとよいでしょう。

さらに今回は青汁を飲んでいる方々のリアルな体験談、そしてクチコミなどもご紹介しましたので、ぜひ参考にしてください。

手軽に体に必要な栄養素を補給することができる青汁。これから先、年齢を重ねてもいつまでも美しくいたい方におすすめ。ぜひ1日1杯から手軽に取り入れてみてください。