【もくじ】

知ってる?もずくの基本

ツルッとおいしいもずく、ヘルシーなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか? もずくは別名「イトモズク」という、枝分かれのある糸状の海藻です。主に沖縄で収穫されており、スーパーなどで販売されているものもほとんどが沖縄産。ちなみに沖縄では、古くから天然のもずくが食されていたそうです。

もずくは栄養価が高いことでも知られていますが、なぜダイエットやアンチエイジングにも効果があるとされているのでしょうか?

もずくはミネラルたっぷりの海藻

もずくは「藻付」と書くとおり、岩礁に張り付くように生える海藻。暖かく浅い海で獲ることができ、日本沿岸では冬~春にかけて収穫されます。

もずくはカルシウム、鉄分といったいわゆる「ミネラル」が非常に豊富です。ミネラルは体の調子を整えたり、骨を作るのに必要な必須栄養素のひとつ。人の体の中で作り出すことができず、食物から摂ることでしか補うことができません。手軽に食べられるもずくは、ミネラルを効率的に摂るのにぴったりの食材なのです。

日本で売られているのはほぼ沖縄産

暖かい海でとれるもずくは、日本では主に沖縄で収穫されており、日本で販売されているもずくの実に90%が沖縄産といわれています。

ちなみに、日本国外で産地として有名なのはトンガ王国。トンガ王国は、オーストラリアのはるか東に位置する南太平洋の島々からなる国です。トンガ王国産のもずくは、後述する「フコイダン」の含有量が多い希少種として有名です。また、実は台湾でもオキナワモズクの養殖が試みられています。

基本的に「もずく酢」として食べる

もずくは、日本では主に食用として用いられ、一般的にもずく酢として食べられることが多いでしょう。スーパーなどでは、土佐酢や三杯酢などと合わせてプラスチック容器に入れられたものも販売されています。そのまま食べることができるので、非常に手軽で便利です。また食卓にそのまま出せるので、副菜のひとつとしても魅力的です。

アレンジしやすい生もずく

もずくは意外とアレンジの幅が豊富です。調理の必要がほとんどないもずく酢が一般的な食べ方ですが、もずくがとれる沖縄では、生のもずくや塩抜きをしたもずくを天ぷらにして食べることも。また、お味噌汁やお吸い物、雑炊など、他にも様々なアレンジ方法があります。

気になる! もずくの健康効果

ミネラルが豊富で低カロリーなもずく。では、どのような栄養が含まれているのか、具体的にみていきましょう。もずくにはダイエットに効果的な栄養素はもちろん、健やかな体づくりにも有効な成分がたくさん含まれているのです! 健康的にダイエットをしたい方だけではなく、忙しくて外食ばかりだったり、食生活が偏っている方にもおすすめですよ。

海藻に含まれる「フコイダン」

もずくには、「フコイダン」という食物繊維の一種が豊富に含まれています。フコイダンは海藻のぬるぬるの元となる成分で、昆布やめかぶなど他の海藻にも含まれています。このフコイダンが人の免疫力を高めるとして、近年注目を集めているのです。

食物繊維が腸内環境を整える

もずくに含まれるフコイダンは食物繊維の一種。食物繊維は善玉菌のエサとなり、腸内の善玉菌を増やす働きを持ちます。その結果腸内環境が整うため、便通をスムーズにすることにつながります。これは便秘になりやすいダイエット中はもちろん、肥満や糖尿といった生活習慣病の予防にも役立つ効果だといえます。

また、抗酸化作用や免疫力を高める効果、そしてアレルギー反応を起こす物質の生成を抑えて、アレルギーを緩和する効果など、様々な面での効果が期待されているのがフコイダンなのです。

健康効果のあるビタミン、必須脂肪酸も含まれる

もずくはビタミン類も豊富。コラーゲンの生成に必要な栄養素であるビタミンC、不足すると骨粗鬆症等にもつながるビタミンKが主に含まれるビタミンです。また、人体の約20%を構成するたんぱく質(アミノ酸)や、血液を作り出す鉄、といった、人の体に欠かせない栄養素がバランスよく含まれています。

また他にも「アラキドン酸」という必須脂肪酸が含まれています。アラキドン酸は、欧米では乳児用調製乳にも添加されるように、免疫力や乳児の脳や体の発達に必要な栄養素。ただしこのアラキドン酸は体内で生成することができない成分なのです。

こういった成分が豊富に、またバランスよく含まれているもずく。ダイエットや健康のためだけでなく、お子さまにもぴったりの食材だといえるでしょう。

もずくはダイエット向きの食材

低カロリーで食物繊維も豊富なもずくは、まさにダイエットにぴったりの食材! さまざまな栄養が豊富含まれるうえに、美肌などアンチエイジングにも効果的だといわれています。きれいになりたい女性には見逃せない食材ですね。 ここではもずくのダイエット効果についてチェックしてみましょう。

低カロリーでダイエットにぴったり

気になるもずくのカロリーはなんと100gあたり約4kcal。白米だと100gあたり168kcalですので、比較してみるとその圧倒的なカロリーの低さがわかるのではないでしょうか。ちょっと小腹が空いた時や口さみしい時も、もずくならカロリーを気にせずに食べることができます。

ただしパックで市販されている「もずく酢」の場合、お酢や砂糖などの調味料が含まれています。商品によって異なりますが、調味料分のカロリーが追加されます。高カロリーになることはありませんが、購入の際に確認してみましょう。カロリーが気になるという方は、生のもずくを買って自分で作ってみるのもおすすめですよ。

食物繊維が豊富

もずくには、前述のとおりフコイダンをはじめとした食物繊維が豊富に含まれています。ちなみにフコイダンは「水溶性食物繊維」。水溶性食物繊維はネバネバ・ぬるぬるの元であり、腸内の老廃物をからめとり体外に排出してくれるはたらきをもっています。そのため、便秘はもちろん腸内環境を整える効果が期待できるのです。

さらに、アルギン酸と呼ばれる食物繊維にもコレステロールを下げる効果があるといわれています。食物繊維が豊富なもずくは、健康的なダイエットをしたい方にはぴったりだといえます。

腹持ちがいいのでダイエット向き

あっさりしていてカロリーの低いもずくは、つるつると食べることができるので腹持ちの悪い食材、というイメージがあります。しかし、実はもずくには、小腸や大腸に到達すると水分を吸収して何十倍にも膨張する性質がある不溶性食物繊維も含まれています。そのため、満腹感があって腹持ちがもよく、ダイエットを成功させるには最適だといわれています。

もずく酢ならさらに効果UP!

お酢は食事の前に食べることで血糖値の上昇をゆるやかにしてくれます。血糖値の上昇がゆるやかにすることで、食べ物に含まれる糖の吸収がおだやかになります。
もずく酢はお酢がたっぷり含まれているうえに、食物繊維も豊富。もずくに含まれる食物繊維も同様に血糖値の上昇をおだやかにするのに効果的です。

もずく酢を食前に食べることで、ダイエットにつながる効果が期待できる、というわけです。

もずくを食べるタイミング

もずくダイエットを成功させるのに重要なのは、もずくを食べるタイミングです。カロリーも低く栄養素が豊富に含まれるもずくですが、いつ食べるかによってダイエット効果が異なってきます。また、もずくダイエットは食事をもすくに置き換えるわけではありません。

もずくダイエットをさらに効果的にする方法、やり方を確認してみましょう。

もずくを食前に食べるのが大切

もずくのダイエット効果を高める方法は、食前にもずくを食べるようにすること。もずくに含まれる不溶性食物繊維は、腸の中で膨張する性質があります。食事の前に食べることで満腹感が増し、いつもより少量の食事でも満足感を得ることができます。

もずくダイエットは結果的に全体の摂取カロリーを減らすことができ、続ければ続けるほどより効果が期待できる、ということになりますね。食事をするときについつい食べ過ぎてしまう、という方には最適ですね!

リバウンドしにくいもずくダイエット

もずくダイエットは、極端な食事制限をするわけではなく、また食事をもずくに置き換えるやり方でもありません。そのため厳しい食事制限をするダイエットと比べて、リバウンドしにくいとういうメリットがあります。

ただ、その分急激に体重を減らす、ということも難しいダイエットです。個人差はありますが少しずつ効果が出るダイエットなので、焦らずに長く続けることを意識しましょう。

食生活を見直すきっかけに

もずくを食べているから大丈夫と、食べ過ぎてしまっては台無しです。もずくを食べているだけで痩せる! というわけではありませんので、もずくダイエットをきっかけに普段の食生活から見直してみることをおすすめします。まずはもずくを食べて、食事の量は腹八分目というのが理想的です。

そして、早く効果を実感したいからと言って、無理に3食全てをもずくに置き換えてしまうのはNG! 栄養が豊富だとはいえ、人の体を健康に保つための栄養素が全て含まれているわけではありません。やり過ぎには注意してくださいね。

アンチエイジング効果も! 注目のもずく美容効果

ダイエットに限らず、もずくには他にも嬉しい効果が期待できます! 食物繊維が豊富なので便秘の改善にも役立ちますし、女性にとって魅力的なアンチエイジング効果や美容効果もそのひとつ。普段の食事にプラスするだけでこのような効果を得られるのなら、ぜひ取り入れてみたいですよね。

では一体どのような成分がアンチエイジングや美容につながるのでしょうか? 詳しい成分や効果を知っておきましょう!

フコイダンの抗酸化作用に注目!

もずくに含まれるフコイダンには、活性酵素を抑える抗酸化作用があるということがわかっています。この活性酵素は、シミやシワなどの老化現象を引き起こす原因といわれている物質。もずくに含まれるフコイダンを摂ることで、酸化による様々な肌悩みをケアすることが期待できます。

他にもフコイダンには美しい肌を保つ働きがあると考えられているため、美容にも欠かせない成分です。

タンパク質「FGF-7」が髪の毛に効果的

フコイダンには発毛促進因子といわれる「FGF-7」の産生を促進するという研究があります。FGF-7タンパク質が増加することで毛乳頭細胞の働きが活発になり、発毛の促進につながります。

昔から海藻は髪に良い、と言うイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。もずくをはじめとする海藻類が髪の毛に良い、といわれるのはこの「FGF-7」によるもの。髪の毛の健康が気になる、という方にももずくはおすすめの食材なのです。

時には気分を変えてみよう! もずくアレンジレシピ

長く続けることで効果を感じやすくなる「もずくダイエット」ですが、やはり毎日同じ味付けでは飽きてしまうこともありますよね。そんな時は、もずくのアレンジレシピを試してみてはいかがでしょうか?

沖縄味で! もずくチャンプルー

沖縄でよく食べられているもずく。そこで、沖縄ならではのアレンジを試してみるのもいかがでしょうか? 沖縄と言えば、チャンプルー。タンパク質もとれて栄養もたっぷりなので、ダイエット中の方にもうれしいメニューです。生のもずくとは味付け食感ももガラっと変わるので、マンネリ気味な時にはにはおすすめです。

<材料>
生もずく
ピーマン
豚肉(薄切り)
醤油
黒酢

<作り方>
①もずくを流水で洗い、食べやすい長さにカットします。
②豚肉に、醤油と黒酢で下味を付け炒めます。
③肉に火が通ったら、ピーマンの薄切りを加えます。
④ピーマンに火が通ったらもずくを加え、醤油と黒酢で味を調えたら完成!

※もずくに火を通し過ぎないのがポイント!

もずくスープ

簡単にできて味を変えられるもずくスープもおすすめです。もずく酢に飽きたら試してみてください!
酢の物よりはカロリーは少し高くなりますが、それでも高すぎるというほどではありません。水分と一緒にもずくを摂ることで満腹感も高まるので、ダイエットにもぴったりです。
材料も少なく手軽に作ることができるので、ぜひ試してみてください。

<材料>
生もずく
たまご
鶏ガラスープの素
ごま油

<作り方>
①もずくは洗って、食べやすい長さにカットします。
②鶏ガラスープを作り、溶き卵を入れます。
③カットしたもずくを加えて、仕上げにごま油を少々入れたら完成です。

もずくをダイエットに取り入れた人のクチコミ&体験談

もずくは栄養たっぷりでカロリーが低く、ダイエットにも効果的! とはいえ、実際にもずくを使ってダイエットをした人の感想が気になるところです。もずくダイエットにチャレンジした方のクチコミや体験談をチェックしてみましょう!

つらい食事制限もなく食事の前にもずくを食べるだけなら、気軽に挑戦できますね! もずくダイエットは、極端な我慢をするダイエットや置き換えダイエットと異なり、リバウンドの心配が少ないので、ぜひ気長に続けてみてください。
即効性のあるダイエットではありませんが、少しずつ健康的にダイエットできるのが、もずくダイエットのメリットです。

もずくダイエットだけでもダイエット効果や、アンチエイジング効果を期待することができますが、さらにほかの方法をプラスするのもおすすめ。この方のようにキャベツも合わせて食べると、さらに満腹感を感じることができそうですね。キャベツにも食物繊維が豊富に含まれているので便通をしっかりサポートしてくれます。

軽い運動もあわせて行うとさらに脂肪燃焼効果が高まります。ぜひお試しください!

毎日のメニューに取り入れよう

いかがでしたか? 食事の前にもずくを食べるだけ、の簡単手軽なもずくダイエット。アンチエイジング効果や美容効果、髪の毛の健康にも効果的なので、痩せるだけではなく「美しく痩せたい」と考える方にはぴったりのダイエットだということがわかりました。市販のもずく酢を購入して食べるだけでももずくダイエットになりますので、無理せずに続けることができるのも大きなメリットになります。

アレンジの幅も広いので、細く長く続けていきやすい「もずくダイエット」。健康的なダイエットを成功させたい人はぜひ、今日からチャレンジしてみてください。