【もくじ】

美しく痩せる!牛乳ダイエットとは?

牛乳は太る、またはカロリーが高いというイメージを持っている人は少なくないですが、実はダイエットに効果があるということが話題になっています。果たしてそれは本当なのでしょうか? 牛乳ダイエットについてのやり方や飲み方について詳しくご紹介します。

飲むだけ!牛乳ダイエットの方法

牛乳ダイエットのやり方は至ってシンプルです。朝起きて1杯、夜寝る前に1杯、食事の前などに1杯牛乳を飲むだけでいいダイエット方法なのです。

「それだけでいいの?」と驚かれる人もいると思いますが、腹持ちがよく、栄養豊富な牛乳を食前等に飲むことで、他の食べ物でのカロリー摂取を抑えることができます。その結果、自然な減量を目指すことができるのです。

牛乳がダイエットに効果的な理由

牛乳を飲むダイエットのメリットは、満腹感を得られることにあります。ダイエットを成功させる上で欠かせないのが食事制限。食前に飲むことでそんなに意識せずに通常の量よりも少なく食事を終わらせることができるため、食事制限によるストレスを減少することができます。

また、牛乳に含まれているたんぱく質などの栄養素により、筋肉がつきやすくなり代謝が上がるため、自然と脂肪燃焼がしやすい体を作ることができます。さらに、カルシウム豊富な牛乳はストレス緩和などの嬉しい効果もあるのです。

美容と健康にも! 牛乳のダイエット効果

牛乳ダイエットには、代謝を高めて筋肉量をアップさせること以外にも、嬉しい効果が期待できます。それが美容や健康にもよいということですが、なぜそう言えるのかということについて、含まれている栄養素の面から説明します。

空腹感をやわらげ、他のカロリー摂取を抑える

牛乳には空腹感をやわらげる効果が期待できるため、食前に飲むことで、以降の食事の摂取カロリーを減らすことにつなげられます。なぜ満腹感を得やすいかというと、栄養素が豊富に含まれているからです。

ビタミンやミネラル、たんぱく質のほかに、脂質が豊富で脂肪分があるため満腹感につながるともいわれています。そのため、水やお茶を同じ量飲むよりも、カロリーがあり、栄養素も豊富な牛乳を飲むほうが満腹感が得やすいのです。

脂肪燃焼しやすい体に! アミノ酸で筋肉がつきやすくなる

牛乳には、たんぱく質が分解されたものである、アミノ酸が豊富に含まれています。これは筋肉の材料となる栄養素です。その中でも特に、バリン、ロイシン、イソロイシンといった必須アミノ酸は、筋肉をつくったり強化したりする働きがあります。
つまり、牛乳を飲んでいると筋肉がつきやすくなり、基礎代謝がアップするということです。そうなると普段よりも脂肪を燃焼しやすい体になるため、痩せやすくなるのです。

ラクトースによる、便秘解消効果も

朝起きて牛乳を飲むと便意を催すという人も少なくないと思います。それは、ラクトースという乳糖が含まれているためです。これは、母乳にも含まれているグルコース(ブドウ糖)とガラクトースが結合した二糖類のことを指し、アミノ酸、たんぱく質、糖脂質、核酸などの成分になります。

そして、腸内に届くと善玉菌である乳酸菌のエサになり、乳酸菌の働きをサポートします。そうなることで腸内環境がよくなり、便秘解消効果が期待できます。

ダイエット中のストレスを緩和させる

牛乳にはカルシウムが豊富に含まれています。イライラしているときの脳の興奮状態を抑える効果が期待できるため、いろいろ我慢しなければいけないダイエット中のストレス緩和にもつながります。

また、カルシウムには脂肪の吸収を妨害する働きもあることから、不足すると太りやすくなると言われています。そのため、牛乳を飲むことでそれを補い、常に体内に足りている状態をつくることが大切なのです。

牛乳は栄養満点! 美容、美肌効果も

ビタミンB群やミネラルなどの栄養も豊富に含まれているため、美肌にも効果的です。

例えばビタミンB2は脂質を代謝し、皮脂の分泌を抑える働きがあるため、ニキビ予防になります。ビタミンCとB6はコラーゲンの生成に関わる成分で、肌に弾力を与えます。亜鉛は新陳代謝を活発にして、肌の生まれ変わりをサポートします。

また、シワ対策やハリのある肌を目指したい人は、ビタミンCやたんぱく質の摂取が欠かせませんが、これらの栄養成分が牛乳には含まれています。

効果を実感したいなら、牛乳を飲むタイミングがポイント!

ここまでの説明で、牛乳ダイエットは痩せる以外にも嬉しい効果を得られることがわかったのではないでしょうか。ここからは、具体的なやり方について詳しく説明していきます。より効果のでる飲み方、量、タイミングなどについてチェックしていきましょう。

おすすめは1日3回

一般的な飲み方は食前です。朝・昼・晩と食前に飲むことで、満腹感が得やすくなり、その後の食事も腹八分目に抑えることができます。

また、運動後と寝る前もおすすめです。運動後は牛乳に含まれているたんぱく質を効率よく吸収することができるため、基礎代謝を高める元となる筋肉量アップにつながります。そして、寝る前に温かい牛乳を飲むと、寝ている間に血液中のカルシウム濃度が低下するのを防ぐ効果が期待できるため、質の良い睡眠につながります。

1日あたりの摂取量は?

1日3杯程度で600mlまでを限度にしましょう。牛乳にはカルシウムが200mlあたり約227mg含まれており、3回飲むと1日に必要なカルシウム摂取量を少々上回ります。

カルシウムを摂取するときに気をつけたいのがマグネシウムとのバランスです。2:1が望ましいのですが、牛乳は10:1とマグネシウムの摂取量が少ないため、ナッツや海藻、魚などの食べ物から積極的に摂取するよう心がけましょう。

また、コーヒーなどのカフェイン飲料はマグネシウムを消費してしまうため、牛乳ダイエットの際は特に避けておいたほうが無難です。

高カロリー!? 牛乳ダイエットの注意点

牛乳はダイエットにおすすめの飲み物だということはわかりましたが、もちろん注意点もあります。しっかり効果を得るためにも、何を気をつけるべきなのか確認しておきましょう。

飲みすぎNG。カロリーに注意

牛乳は決して低カロリーとは言えない飲み物です。栄養素が多く、コレステロールも含み、脂肪分も入っているため高カロリー。過剰摂取は禁物です。

ほかの飲み物と比較すると、リンゴジュースやコーラが200mlあたり約90キロカロリーに対し、牛乳は約137キロカロリーもあります。

置き換えはNG。他の食事で栄養を補う

牛乳には栄養素が豊富に含まれているとはいえ、全てを補えるわけではないので、ほかの食事で栄養バランスをとることが大切です。例えば、たんぱく質は体重50kgの人の1日摂取目安量は50gですが、牛乳を600ml飲んでも摂取できるたんぱく質は20gほどです。

ほかの栄養素に関してもほとんどが成人女性の1日の摂取目安量には達しないため、牛乳の置き換えダイエットは栄養不足になる恐れがあります。ビタミン、ミネラル、たんぱく質、脂質はほかの食事からも意識して摂取する必要があります。

下痢を起こしやすい人は注意が必要?

残念ながら牛乳を飲むと下痢を引き起こしやすい体質の人もいます。温めて飲むとなりにくいといわれていますが、注意が必要です。なぜ下痢になるのかという原因は、乳糖(ラクトース)を分解する消化酵素が体内に不足しているからだそうです。

この分解酵素が一番多いのが赤ちゃん。母乳を飲むために必要なものだからです。それが大人になると自然に減少するため、飲んで分解できない乳糖が下痢を引き起こしてしまうのです。

また、欧米人と比べ、牛乳との付き合いの歴史の浅い日本人のほうが大人になって下痢になる症状がでやすいようです。

適度な運動も必要

リバウンドしないダイエットの基本は、あくまでも摂取カロリーを抑えてカロリー燃焼をしながら基礎代謝を高めて痩せやすい体をつくることにあります。
体重1kg落とすためには7200kcalを消費する必要があるそうです。

牛乳は筋肉を作る原料を補給できますが、筋肉量アップとカロリー燃焼には運動が不可欠です。牛乳を飲むことと並行して、適度な運動を取り入れると、筋肉量が増え、基礎代謝がアップすることで、より痩せる効果がアップします。

牛乳を飲みやすく!簡単アレンジレシピ

牛乳ダイエットにトライしようとしている人、または牛乳を飲むことが苦手な人に、美味しい飲み方レシピを大公開! 毎日3回飲むのに飽きてしまいそうと不安な人にも参考になる、飲みやすいアレンジ方法をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

きな粉牛乳で、美容効果アップ

<材料>
きな粉
砂糖
牛乳

<方法>
これらを混ぜるだけ!

<アレンジポイント>
きな粉がダマになる場合は先に少量のお湯できな粉を溶かしてもOKです。また、砂糖の入れ過ぎには注意。

ダイエットなので砂糖はなしで、きな粉の甘みだけで飲んでも十分美味しいアレンジレシピ。牛乳で下痢になる心配がある人はホット牛乳にするのも◎。
きな粉にはたくさんの鉄分やカリウムなどのミネラルと、美容に嬉しいイソフラボンは女性ホルモンと同じような働きもあるため、牛乳と合わせて飲むことで更なる効果が期待できそうです。

話題のスーパーフード、モリンガスムージー

<材料>
モリンガパウダー
バナナ
牛乳
はちみつ
お好みで果物やヨーグルトなど

<方法>
カットした材料をミキサーにかけるだけ!スムージーとして楽しんで!


モリンガは北インドで生息している「奇跡の木」と呼ばれる植物です。世界最古の伝統医学であるインドのアーユルヴェーダでは「モリンガは300もの病気を防ぐ」と言われてきました。
ダイエットによい点は血糖値を調整する働きがあるため、脂肪がつきにくくしてくれるはずです。この朝食や遅くなってしまった夕食にこちらのスムージーであれば1食置き換えができそうです!

効果はどのくらいの期間ででる?

牛乳ダイエットを行うにあたって、気になるのはダイエット効果を感じる期間です。もちろん個人差はあると思いますが、集中的に行うのであれば、1週間なのか1ヶ月なのか?どれくらいの期間を目安にすればいいのでしょうか?

最低1か月は続ける

成果が出るまでに個人差はありますが、最低でも1ヶ月は続けてみましょう。

摂取カロリーを減らして、消費カロリーを増やしていくことがダイエットの基本です。消費カロリーは、運動と基礎代謝のアップで増やすことができるため、牛乳を飲み始めてから運動を定期的に行い、基礎代謝を高めて筋肉量を上げていくのに1週間では足りないはずです。

時間がかかっても千里の道もまず一歩。リバウンドをしない、確実に痩せやすい体づくりをしていきましょう。

脂肪燃焼効果で体質改善も?

成人女性の筋肉量の不足が、最近深刻な話題になっていることをご存じですか? これは太っている人も痩せている人もそうなのです。運動習慣の減少や、たんぱく質の摂取量不足が原因だと言われています。

牛乳を毎日飲むようになれば必然的にたんぱく質の摂取量も増えるため、運動と合わせることで筋肉量が増えます。そうなると自然と脂肪燃焼効果が高まるため、体脂肪率が減少して行きます。その結果、痩せやすい体に体質改善ができるワケです。

牛乳ダイエットって実際どうなの? 体験者のクチコミ

牛乳ダイエットにトライする前に気になるのが、実際に牛乳ダイエットを行った人の体験談やクチコミです。どのような方法で成功したのか、生の声をご紹介します。

牛乳を毎日飲むのはもちろん、それと合わせて体を動かすことが大事だということがわかりますね。この方の場合は、サプリで腸をキレイに保っているというのもポイントかもしれません。

この方は牛乳にきな粉をプラスしたものでダイエットを実践されています。20kg減とはすばらしい成果ですね。やはり、痩せるためには運動を合わせて行うというのが欠かせないよう。

まとめ

いかがでしたか? 牛乳はいろいろと誤解されがちで、賛否両論ありますが、成長ホルモン剤などを含まない害のない本物の牛乳を選ぶことがまず大前提。その上で、自分の体に合うものを取り入れてみてください。

くれぐれも「牛乳を飲んでいるから大丈夫」という妙な過信を抱かずに、バランスのよい食事と運動を合わせて行い、リバウンドしない美しいボディを手に入れてください。