【もくじ】

脂肪燃焼をサポートする「カテキン」の力

お茶などに含まれ、脂肪燃焼効果があるとしてダイエットに取り入れる人も多くいる“カテキン”。
トクホに認定される緑茶もあるなど注目度が高い成分ですが、そのダイエットサポート機能については、詳しく知らないという方もいるのではないでしょうか?
ここでは、カテキンにどんな力があるのか紹介したいと思います。

脂質の代謝を上げる働きがある

ダイエットのサポート役として期待することができるカテキンには、脂質代謝をあげ、体脂肪を減らす手助けをしてくれるという働きがあります。

エネルギーを十分に消費できない場合、体脂肪が増加し太る原因となってしまいますが、高濃度のカテキンはこのエネルギーを消費する脂質代謝の働きをサポートしてくれます。

継続的に摂取をすることでエネルギーが消費されやすくなり、体脂肪を減らす働きもあることからダイエットサポートに良いと言われています。

食事中に飲んでダイエットの効率化

カテキンを手っ取り早く摂取するには緑茶がおすすめです。その緑茶を食事中に飲むとダイエット効果をより効率的にすることができます。

ダイエットを意識している時は、食事中のドリンクはできるだけ緑茶にチェンジするといいでしょう。

ダイエット方法は?

日本人に親しまれている緑茶ですが、ダイエットの時に飲むとしたら、どのように飲めばいいのでしょうか?
ポイントは、飲むタイミングと摂取量です。
カテキンを利用したダイエット方法についてご紹介します。

緑茶カテキンダイエット

このダイエット方法は、普段飲んでいる飲み物を緑茶に変えて、緑茶に含まれている茶カテキンを摂取するというものです。
カテキンを効果的に摂取することができます。
食事制限などの厳しい制限は一切ないので、誰でも簡単にチャレンジすることができます。

食べる前、食べた後に緑茶を飲む

緑茶は、血糖値の急上昇を抑えてくれる働きがあるといわれているので、食後だけでなく食前にも飲むようにするとより良いでしょう。

とはいえ、食べ過ぎには注意が必要です。‟緑茶を飲んでいる=たくさん食べても良い”というわけではないので、食事の摂取量には気を配るようにしてください。

一日500mlを目安に飲む

緑茶を一日に飲む目安は、500ml。ペットボトルだと1本分に相当します。

1日ペットボトル1本と考えると比較的簡単にクリアすることができそうですが、温かい緑茶を急須で入れて飲もうと考えている人は注意が必要。急須でお茶を入れた場合は、10杯分にもなってしまうので、人によっては多いと感じるかもしれません。

毎日500ml分の緑茶を摂取するのが大変な場合は、カテキンを含むサプリメントなどで代用をするというのも一つの手です。

緑茶以外に含まれる食材は?

緑茶=カテキンという想像してしまいがちですが、実は緑茶以外にも含まれている食材はあります。

それらの食材の多くに共通しているのが“渋み”です。緑茶にも特有の渋みがありますが、この渋みを作り出しているのがカテキンです。
なので、カテキンが含まれている食材を探す時は、渋みを感じるものに注目するといいでしょう。では、渋みを感じる飲料や食材は一体どんなものがあるのでしょうか?

王道はやはり「お茶」

緑茶以外にも、ウーロン茶や紅茶、ジャスミン茶といったお茶にも多く含まれています。
お茶以外では、赤ワインやココアなどにもカテキンは含まれています。

カテキンの効果を得るためには、継続して飲むことが大切ですが、緑茶だけを毎日飲んでいると、飽きてしまうこともあるでしょう。そんな時は、ウーロン茶やココアなど他の飲み物とローテーションしながら飲み続けるといいでしょう。

食べ物だと柿にも含まれている

飲み物以外では、渋みを感じる“渋柿”などにも含まれています。ほかにもりんごやブドウ、イチゴなど多くの果物からカテキンを摂取することが可能。

果物類はカテキンの含有量では緑茶に劣りますが、緑茶に飽きてしまったときや甘いものを食べたくなったときにはおすすめ。
りんごなど、食べ応えのある果物ならば、カテキンを摂取できると同時に満足感も得ることができるでしょう。

※ただし、お茶以外に含まれているカテキンの効能は、お茶に含まれているカテキンの効能の代わりにならない場合もあります。確実にカテキンの効能を得たい場合は緑茶を飲むようにしましょう。

ダイエットだけじゃない! カテキンのうれしい効果

カテキンを摂取することで期待できる効果は、これまでお話してきた脂肪吸収抑制や脂肪燃焼といったダイエットにまつわることだけではありません。

カテキンは、抗酸化作用や抗菌作用が強いことでも知られ、アンチエイジングやインフルエンザを防ぐ対策としての活躍も期待できるとされています。
さらに、虫歯や口臭を防ぐのにも役立つなど、幅広い場面で活躍する成分。

ここからは、そんなカテキンがもたらす嬉しい効果についてみていきましょう。

実はほとんどの植物に含まれている

ポリフェノールに含まれている成分のひとつで、渋みや苦みのもととなっています。

このポリフェノールは、多くの植物に含まれていることがわかっており、コーヒーのクロロゲン酸や紅茶のテアフラビンなどもポリフェノールの一種とされています。

含有量ナンバーワン飲料が緑茶

緑茶独特の渋みはタンニンという成分で、主成分となっているのがカテキンです。わかっているだけでも数種類が存在します。

ウーロン茶などにも含まれているカテキンですが、含有量が特に多いとされているのは緑茶です。

緑茶だけに含まれる「エピガロカテキンガレート」

カテキンの一種である「エピガロカテキンガレート」は緑茶でしか発見されていません。

緑茶の成分の約50~60%がこのエピガロカテキンガレートで、抗酸化作用や生理作用が大きいとされています。

冬はインフルエンザの予防になる

冬場になると、インフルエンザや風邪が流行し始めますが、カテキンはインフルエンザウイルスの対策にも用いられます。
なかでも緑茶を使ったうがいが風邪対策にも良いとされており、お茶の名産地である静岡県では、緑茶うがいを実施している小学校や老人ホームなどもあるようです。

細菌性の下痢なども予防する

細菌性下痢症やマイコプラズマ肺炎なども冬場に気を付けたい病気ですが、カテキンはこれらの病気対策としてもおすすめです。
普段から緑茶を飲んだり、緑茶うがいをしたりと、カテキンを取り入れる習慣をつけておくといいでしょう。

虫歯や口臭の予防にも

殺菌・抗菌効果のあるカテキンは、虫歯菌の繁殖を抑えたり、歯を溶かす酸が作られるのを抑えたりする働きがあり、歯垢や口臭を多方面から防いでくれます。
その虫歯や口臭予防の方法はとても簡単で、緑茶でうがいをするだけ。そうすることで、カテキンが口臭の原因となる成分と結合を始め、油脂などの酸化を抑えて口臭対策ができるというわけです。

デメリットにも注意して

ここまで、カテキンがもたらすメリットについて詳しくご紹介しましたが、このダイエットをするときは人によってカテキンを摂取することがデメリットとして働く場合もあります。
これからご紹介する項目をよく読んでからカテキンダイエットを実施するようにしましょう。

貧血の人は様子を見ながら摂ろう

緑茶の効果的な摂取の仕方として、食事と一緒に飲むのが良いという話を前述しましたが、貧血の症状がある方は注意が必要です。

緑茶に含まれるタンニンは、鉄の吸収を妨げる働きがあるとされています。
そのため、食事中に摂取すると十分に鉄分を吸収できないこともあるので、食事をしてから15分ほど経った後に飲むようにしてください。
貧血の人は、少しずつ始め、体調に影響がでないようであれば継続をするようにするといいでしょう。

カフェインを含む緑茶

ダイエットのために、緑茶をたくさん飲むというのはNG。
確かに緑茶には、多くのカテキン含まれていますが、同時にカフェインを含む飲み物としても知られています。
カフェインは、寝る前に摂取しない方が良い成分とも言われ、神経がたかぶったり、眠気を妨げたりする副作用が出てしまうことがあります。
そのため、痩せたいという気持ちを優先して過剰な摂取をすると影響が出てしまう恐れもあるため、注意が必要。適量を飲むように心がけましょう。

緑茶を飲んでいれば痩せる、はNG

ダイエットに効果的だと言われる緑茶を飲んだからといって、確実に痩せるというわけではありません。
緑茶は、脂肪燃焼の手助けをしてくれるサポート役です。いくら積極的にカテキンをとったとしても、普段から必要以上に食事量が多かったり、運動不足が習慣となっている人は、思ったような効果がでないこともあるでしょう。

まずは、食生活の見直しを始め、ウォーキングなどを実施した上で、カテキンを多く含んだ緑茶を摂取するようにしてください。

カテキンをとりながらウォーキング!

ウォーキングなどに代表される有酸素運動は、カテキンダイエットと一緒に取り組むといいとされています。特ににおすすめしたいのが6秒で1歩前に進む、スローウォーキング。
早速、どんなウォーキングなのかみていきましょう。

① 3秒数えながらゆっくりと足を上にあげます。このとき息を吸いながら、腹筋を意識するのがポイントです。
② 吸った息を吐きながら、3秒かけてかかとから足を下ろしていきます。腕は下ろさずに振るようにしましょう。
③ 次に、①であげた足とは反対の足を3秒かけてゆっくりとあげていきます。このとき息をゆっくりと吸い込むようにしましょう。
④ 最後に、②と同じように息を吐きながら、かかとから足を下ろしてください。
①~④までを1セットとし、無理の無い範囲で挑戦してはいかがでしょうか。呼吸や姿勢を意識するとより効果的ですよ。

カテキンたっぷり! ドリンク3選

脂肪燃焼のサポート役としてダイエットにカテキンを取り入れたいという方の中には、できるだけ簡単にカテキンを摂取したいという方も多いでしょう。

そこで、ここからはどこでも手軽に摂取できる粉末タイプの緑茶や飲みやすいブレンド茶、茶カテキンをたっぷり含んでいるドリンクなどを厳選してご紹介します。

気になるドリンクがあればぜひダイエット中に取り入れてみてください。

手軽に飲める粉末緑茶

茶葉の栄養をたっぷりととることができる粉末緑茶です。
お湯だけでなく、冷水にも溶けるというのもポイント。暑い夏場などは冷水のひんやりとした緑茶を手軽に楽しむことができます。

また、緑茶タイプのほかに香り高い玄米タイプがあり、緑茶とは違った味わいを堪能することが可能です。苦みも少ないので、緑茶の苦みが苦手という人にもおすすめ。味わいの異なる2つのお茶をローテーションしながら飲めば、飽きることなくカテキンダイエットを続けられそうですね。

ブレンドでさらに飲みやすく!

カテキン&ブレンド茶
オルビス
価格 60g・1,700円
発売日 2016/04/01追加発売

個別に包装されている粉末タイプのお茶なので、手軽に持ち運ぶことができるのが魅力です。
特に冷たいお茶を常備しているという人におすすめ。クチコミにあるように、冷やす手間を省いてすぐに飲むことができるので、朝お茶を作る時間がないという忙しい方にもピッタリです。
苦みのなかにもすっきりとした味わいがあるので、食事と一緒にカテキンを摂取したいという方にも良いでしょう。

カテキン飲料の代名詞

ヘルシアウォーター
花王
価格 500ml・180円
発売日 2006/05/27

トクホにも認定されているドリンクで、グレープフルーツの爽やかな味わいが特徴。
ペットボトル1本当たり(500ml)の茶カテキンの量が、540mgととても高く、積極的にカテキンを取り入れたいという方にピッタリのドリンクです。

特に暑い夏場など、温かい緑茶を飲むのは避けたいときなどにおすすめ。ウォーキングや外出のお供として、取り入れてみてはいかがでしょうか。

カテキンの力を生かしてダイエットした人のクチコミ

本当のところダイエットできるの? と疑問に思っている方も多いかもしれません。

では最後に、実際にカテキンを使ってダイエットの効果を得た方々のクチコミを見てみましょう。

カテキンと運動を組み合わせたダイエット方法ですね。普段の飲み物をお茶にすることで、カロリーの摂取量も抑えることができます。女性の一日の平均歩数は、6200歩と言われているので、一万歩を達成するためには、この方のように少し歩く距離を増やすように工夫をするといいでしょう。

カフェインも含む緑茶は、利尿作用により体を冷やしてしまうこともあるようです。とはいえ、適切な量を取りつつ、運動などもして上手にダイエットに取り入れれば強い味方となってくれますよ。

カテキンを上手にとりいれてダイエットに挑戦

いかがでしたか?

緑茶はダイエットのサポート役としてピッタリのドリンクということがお分かりいただけたのではないでしょうか。
とはいえ、緑茶を飲めば痩せるというわけではないので、これを機会に生活習慣の見直しをすることも大切です。健康的な体を手に入れるために、適度な運動も取り入れてリバウンドしにくくするということも心がけましょう。