【もくじ】

自分が安心できる人、空間、時間がダイエット習慣化の鍵!?

Q.ダイエットを習慣化させるにあたり、効果的なマインド作りについて教えてください!

まず、頭に入れておきたい心の仕組み

下の「マズローの欲求段階の図」を見ていただきたいのですが、ダイエットをしたい人の欲求は「自己実現の欲求」や「承認の欲求」の段階になります。

人間はこの図の下から上に欲求段階が上がっていくのですが、一番下の生理的欲求が、人間の三大欲求といわれている睡眠欲、食欲、性欲。その上が身の安全が保たれる場所を求める「安全の欲求」です。

災害や戦争が起こっている国では下の2つが満たされていない状況なので、それより上に進むことが困難な状態が発生しているということなのです。

ダイエットが成功しない人は「所属と愛の欲求」が満たされていない人が多い!?

ここで注目して欲しいのが、「所属と愛の欲求」。これは居心地の良い自分の居場所(会社やサークルなど)、また自分が安心できる存在(恋人や家族)を求める気持ちです。

ここが満たされて、やっと「承認欲求」「自己実現欲求」のステージと進むわけですが、ダイエットが続かない人は、ここの欲求が満たされていない場合が、とても多い。さらには、それを認めたくない人が大半。ここが満たされていないと「自分ってダメなんじゃないか?」となり、プライドが邪魔をし、みなさん見て見ぬふりをする傾向がみられます。

「所属と愛の欲求」にしっかりと目を向ける

この部分を確保できた人、自分にとって安心できる人や場所がある人は、ダイエットでうまくいかないことがあっても、自分自身の帰る場所があり、信頼できるパートナーや友だちに「大丈夫だよ」って言ってもらうことによって、自尊心が回復します。そして、またやり直そうという前向きな気持ちになれます。それによって、さらに上の欲求段階に進むことができるのですが、ここが不安定だとなかなかうまくことは運びません。

恐いことに、欲求の段階がどんどん下に下がっていく可能性も出てきます。

これによって起こるのが「ドカ食い」。もっと深刻な場合だと「摂食障害」を引き起こす可能性も。自分自身が「所属と愛の欲求」が満たされていないことに気づいていないので、この欲求段階からやり直すことになるんです。だから、自分がどこの位置にいるのか確認することも重要になってきます。

Q.「所属と愛の欲求」が満たされているかどうかはどう確認すれば良いのでしょうか?

自分にとって安心できる人、時間、空間はあるか?

私がクライエントさんに聞くのは「自分にとって安心できる人、時間、空間はありますか?」ということです。

「自分にとって安心できる人」というのは、自分が一人で安心なら、一人でもいいんです。パートナーや友だちの場合は、自分自身に対する評価を伴わない人、どんなことがあっても受容してくれ、感情的にならず冷静に、客観的意見を伝えてくれるような人を対象としていただきたいなと思います。

安心できる時間は一人でもいい

「安心できる時間」は、これをやっている時は心から安心できるという時です。「空間」については「時間」を伴うところが多いと思うのですが、例えば自分の好きなカフェで美味しいコーヒーを飲みながら一人でネットサーフィンをすることで安心できるなら、それを具体化して自分の中で持っておくことが大切です。

こうやって聞くと「私には何もない!」という人が多いのですが、仕事をしている時や、何気なく家でリラックスしている時でもいいのです。一度ゆっくり考えてみていただきたいなと思います。

ひとりに全てを委ねなくてもいい

また「安心できる人がいない」という人は、「ひとりの人に全部委ねすぎている」可能性も。彼氏に自分の全てをわかってもらおうとするのは、性別も違わけですから、なかなか難しいところ。なので、この部分は彼氏、この部分は友だちのA子、という風に委ねる部分を分散する方法でも良いと思います。

「所属と愛の欲求」がご自身の心のバランスを保つキーワードになりますので、ご自身にあった方法で満たす意識を持っていただくことが大切です。

あわせて読みたい