【もくじ】

私たちの体は、春になると痩せやすくなるらしい…?

寒い冬が終わり、そろそろ春物に衣替え。そんなときに気になるのが二の腕やお腹、太ももの露出ですよね。そこで今、ダイエットを始めようと思っている方に朗報です。実は、暖かくなり始めるこの季節はダイエットにとても適しているのだとか…!

春、それは私たちの体も目覚める季節

冬は寒さから体を守るために脂肪をため込むといわれていますが、暖かくなるにつれ人の体は不必要な脂肪を蓄えにくくなっていきます。桜が春になると花開くように、外的な要因に対して体の内部を適応させていく体内時計が働くのが、その理由なのだとか。そのため、春は自然と痩せやすくなる季節だといえるのです。

基礎代謝と新陳代謝、両方が適度に高まる季節!

寒い冬は体温を維持するために基礎代謝が上がります。しかし、暖かい春になると体温を調節するために大きなエネルギーを必要としなくなるため、次第に低下していきます。
その一方で、暖かくなるにつれ、体に不要なものや古いものを排出する働き、いわゆる新陳代謝は徐々に高まっていきます。すなわち、春はこの2つの代謝のバランスを取りやすい季節だと考えることができるわけです。

まずは、冬の間に運動量が減ったことで落ちてしまった筋肉量を増やして基礎代謝を上げること、そして、冬の間にたまった老廃物をどんどん排出しながら、効率的にエネルギーに変えて新陳代謝を上げることが重要。これらの代謝がともにアップすることで、ダイエットの効果を感じやすい、痩せやすい体づくりにつながっていきます。

屋外での運動効率もUP!

寒い冬はどうしても家にこもりがち。暖かくなることで、屋外での運動がしやすくなるのも春のメリットです。また前述のとおりこの季節は代謝が上がっているため、運動による燃焼効率の良さも期待できるんです。

外で体を動かすことは、単純に気分のいいもの。春の日差しを浴びながら運動を継続することで、気持ちも体もシェイプアップができるはず。新しいことを始めるのにちょうどいい季節感を利用して、ぜひ気軽な運動から始めてみてください。
では、さっそく明日からでも始められる簡単なウォーキングなどをご紹介します♪

歩きながら深呼吸、でさらに代謝UP!

続けられるのが一番!ウォーキング&ランニング

下半身痩せには骨盤矯正ウォーキング&エクササイズ♪

春野菜が体を活性化させる

春のダイエットをパワフルにサポートしてくれるのが春野菜!一般に旬の食べ物は、他の季節と比較して栄養価が高いといわれます。春野菜も同様に栄養たっぷり、さらに甘味やうまみもアップします。

また春野菜には独特の苦みやえぐみを持つものが多いですが、それはポリフェノールや植物性アルカロイドといった成分が含まれているため。溜まった老廃物などを排出し、冬の間に新陳代謝が鈍った人の体を、活性化させる効果が期待されます。

ここからは、代表的な春野菜とおすすめレシピをご紹介。スーパーなどで手軽に手に入るものを中心にピックアップしているので、ぜひ食卓に取り入れてみてください。

菜の花

抗酸化作用を持つβ-カロテンや、代謝を促進するビタミンB群、カリウムやカルシウムといった老廃物の排出を促すミネラルを多く含む菜の花。鮮やかな黄色と緑のコントラストが、見た目にも春を感じさせてくれます。

■豆腐と菜の花のかにあんかけ(200kcal)
・材料
木綿豆腐 150g
菜の花 8本
かにかま 3本
Aコンソメ 小さじ1
A醤油 小さじ1/2
A酒 小さじ1/2
水 1/4カップ
片栗粉 小さじ1/2
ごま油 小さじ1/2

・作り方
1.木綿豆腐は食べやすい大きさに切り、菜の花は2cm幅に切る。
2.1を耐熱容器に入れ、ラップをしてレンジで約1分半加熱する。
3.別の耐熱容器に細かくさいたかにかま、水とAの調味料を入れてラップをする。
4.3をレンジで約1分加熱する。
5.4に水溶き片栗粉(片栗粉を2倍量の水で溶く)とごま油を加える。
6.手早く混ぜてとろみをつける。
7.器に木綿豆腐と菜の花を盛り、6のあんをかける。

たけのこ

独特のえぐみを持つたけのこ。えぐみの正体はチロシンというアミノ酸の一種で、体を活性化させる効果が期待できます。根っこ近くより、先端のほうがうまみも栄養価も高いのだそう。

■たけのことしいたけのオイスターソース炒め(60kcal)
・材料
たけのこ(水煮) 40g
にんじん 2cm
干ししいたけ 4個
オイスターソース 小さじ2/3
水 大さじ1
サラダ油 少々

・作り方
1.たけのことにんじんは厚さ2-3mmのいちょう切りにする。
2.干ししいたけはひたひたの水に入れて戻し、いしづきをとって半分に切る。
3.耐熱容器に1と2、オイスターソース、水、サラダ油を入れてからめる。
4.ラップをし、レンジで約2分加熱する。

春キャベツ

ビタミンCや食物繊維が豊富に含まれる春キャベツ。他の季節のキャベツに比べて柔らかく甘味が強いので、春を感じる野菜として楽しみにしている方も多いのでは。高い栄養価を生かすなら生食がおすすめです。

■キャベツとミニトマトの甘酢和え(50kcal)
・材料
キャベツ 2枚
にら 1/4束
醤油 小さじ1
ごま油 小さじ1/2

・作り方
1.キャベツは一口大、にらは3cm幅に切る。
2.1を耐熱容器に入れてラップをし、レンジで約1分半加熱する。
3.醤油を加えてもみ込み、仕上げにごま油を加える。

新たまねぎ

新たまねぎも柔らかさと甘みが特徴の春野菜。玉ねぎに含まれるポリフェノールの一種、ケルセチンが脂肪の分解を促進します。ケルセチンは加熱しても栄養価が損なわれないので、さまざまな食べ方ができるのもポイント。

■彩りスープパスタ(380kcal)
・材料
スパゲッティ 50g
ロースハム 1枚
キャベツ 1枚
にんじん 4cm
たまねぎ 1/4個
牛乳 1/2カップ
コンソメ 小さじ1/2
塩・こしょう 少々
粉チーズ 大さじ1

・作り方
1.ハムは2等分にし、5mm幅に切る。キャベツは5mm幅のざく切りにする。
2.にんじんは5mm幅の短冊切り(厚さの薄い長方形)、たまねぎは薄切りにする。
3.ハム以外の1と2の材料を耐熱容器に入れラップをしてレンジで約1分半加熱する。
4.鍋に牛乳とコンソメを沸かし、3とハムを加え、塩・こしょうで味を調える。
5.4にゆで上がったパスタと粉チーズを加えて混ぜ合わせる。

季節を味方に、楽しみながらダイエットしよう!

体が目覚める春。暖かくなることで気持ちも上がるこの季節は、ダイエットも前向きに始められそう。少しずつ春仕様の体にシフトチェンジしていけるよう、できることからトライしてみて。春夏のファッションも思いきり楽しめるようになるかもしれません♪

あわせて読みたい