【もくじ】

運動嫌いでも続けられる?ストレッチでダイエット!

ストレッチは運動が苦手な方でも取り入れやすく、ダイエットにもさまざまなメリットがあります。まずはストレッチダイエットのメリットを確認しておきましょう。

ストレッチをダイエットに取り入れるメリット

ストレッチを取り入れることで、筋肉がほぐれて血液循環が高まり、代謝のアップにつながります。
また、硬くなりやすい関節や筋肉をストレッチでほぐすことで 体の可動域が広がり、運動効率がアップ。脂肪燃焼効果を高める他、ケガの防止にも役立ちます。さらに、ストレッチはハードな筋トレやエクササイズと違い簡単な動作が多いため、運動が苦手な人でも続けやすいというメリットも。自宅でもできるので毎日続けることで美しいボディラインをキープしやすくなります。

筋肉をほぐすだけじゃない?ストレッチのダイエット効果

ここでは、ストレッチによって得られるダイエット効果について紹介します。脂肪燃焼やむくみ解消、部分痩せの他、免疫力アップにもつながるストレッチの効果をチェックしておきましょう。

脂肪燃焼しやすい、痩せ体質作りに

ストレッチダイエットのメリットでも紹介しましたが、ストレッチをすることで体の可動域が広がり、体がスムーズに動くようになります。また、多くの筋肉が連動して動くようになると消費エネルギー量も増え、代謝がアップ。脂肪を燃焼しやすくなるため、痩せやすい体質になると考えられます。

むくみ解消にも効果的

むくみの原因として考えられるのは、塩分過多、冷え性、睡眠不足、運動不足、座りっぱなしや立ちっぱなし、ホルモンバランスの乱れなどさまざま。ストレッチで筋肉を伸縮させて血流を促進し、リンパの流れをスムーズにさせることで、むくみの解消につながります。ストレッチの前後に水分を摂取しておくと、汗や尿で老廃物がの排出しやすくなるので、積極的に摂るようにしましょう。

たるんだ体の部位の引き締めに

脂肪がつきやすくたるみの気になる部分をストレッチすることで 、引き締め効果が期待できます。普段あまり使わない筋肉にアプローチして、キュッと引き締まったボディを目指しましょう。

免疫力もアップ!

加齢やストレス、睡眠不足などによって低下した免疫力を高めるためには適度な運動が不可欠ですが、ここでもストレッチが大変有効です。普段使わない筋肉を使うことで運動効果を得られる他、血流が促進されて体温が上昇すると、免疫力アップにつながります。また、リラックスした状態でストレッチすることでストレスが軽減され、疲労予防につながることも分かっています。

簡単にできる!部位別ストレッチ6選

自宅やオフィスで簡単にできる部位別のストレッチを6つご紹介。仕事や家事の合間に取り入れて、スッキリとしたシルエットを目指しましょう。

太ももスッキリ!大腿四頭筋を伸ばすストレッチ

太ももには大腿四頭筋ハムストリング、内転筋といった3つの大きな筋肉があり、しっかり伸ばすことで、ほぐれて代謝がアップします。

<大腿四頭筋を伸ばすストレッチ>
①両膝を床につき、片膝を立て、反対の脚を後ろに伸ばします。
②立てた脚に両手を乗せ、そのまま少し前に倒します。この状態を 10 秒キープ。
③反対の脚も同様に行い、少し前に倒した体勢を 10 秒キープします。これを 3 セット行います。

毎日3分で目指せ脚痩せ! アキレス腱から太ももの裏側をほぐすストレッチ

アキレス腱から太ももの裏の筋肉をほぐすことで、すっきりした脚に。簡単な動作なので、毎日続けて引き締まった脚を目指しましょう。

<毎日3分で目指せ脚痩せ!筋肉をほぐして美脚を作るストレッチ>
①本など厚みがある冊子の上に爪先を乗せます。足先は正面に向け、親指に重心を置くイメージで立ちます。
②骨盤と肋骨を引き離すようにまっすぐ立ち、この状態を3分キープします。

下半身太りを防ぎたい!股関節ストレッチ

加齢や運動不足で股関節や骨盤周りの筋肉が固まってしまうと、血行不良を招き、さらには骨盤のズレ、下半身太りの原因に。自宅でくつろぎながらできる股関節のストレッチでほぐしてあげましょう。

<股関節ストレッチ>
① 左右の足の裏同士を組み合わせた状態で座り、爪先を手で軽く握ります。
② 両ひざを床に付けるようなイメージで、脚を 10~15 回上下に動かします。

背中痩せ!ぐるぐる筋肉ストレッチ

なかなか自分の目で確認しにくい背中の肉は、人からは結構見られているパーツ 。ストレッチで背中の柔軟性を高め、代謝を上げることで背中痩せを目指しましょう。

<胸と背中のぐるぐる筋肉ストレッチ>
① 軽く胸を張った姿勢で、指先で肩にさわります。
② 手の位置を変えずに、肘で大きな円を描くように、前からゆっくりと 5 回まわします。
③ 反対まわしも同様に行います。

座りながらできる!簡単背中ストレッチ

仕事の合間にもできる、背中の簡単なストレッチを習慣化して肩甲骨まわりの筋肉をほぐしながらリフレッシュ。ストレッチで血行がよくなると、痩せやすくなるうえ、コリもほぐれて気分もスッキリします。

<デスクワークでの簡単背中ストレッチ>
① 両ひざをつけて座ります(立ちます)。
② 手を組み、手のひらを外に向けて、肩を伸ばすようにひじを前方へ伸ばします。
③ 最後に、②の手のひらを内に向けて、鎖骨側を伸ばすようにひじを前方に伸ばします。

むっちり二の腕にさよなら!簡単二の腕ストレッチ

むっちりとした二の腕も簡単なストレッチで筋肉をほぐせばスッキリとしたシルエットを目指せます。腕や肩の周りの筋肉も同時にほぐせるので、肩コリにも効果的。手軽にできるので、隙間時間に取り入れるようにしてみましょう。

<二の腕の筋肉を伸ばすストレッチ>
① まっすぐに立ち、片方のひじを曲げて反対の手でひじを引っ張ります。 この時、引っ張る力につられて体が曲がらないように気を付けましょう。
② 20~30 秒キープし、ゆっくり手を離します。 これを2~3 セット繰り返しましょう。

ストレッチの効果を高めるポイント

ポイントをきっちり押さえておくことで、ストレッチの効果もアップ!効率の上がるタイミングを知って、毎日続けることが大切です。

おすすめのタイミングは「お風呂あがり」と「寝る前」

ストレッチはどの時間に行っても問題はありませんが、効果を上げるなら「お風呂あがり」と「寝る前」がおすすめです。お風呂あがりは体が温まっているので筋肉を伸ばしやすく、副交感神経も優位に働きやすいのでリラックスして行うことができます。また、寝る前のストレッチは、睡眠の質を改善するためにもおすすめです。寝不足は肥満の原因になるという研究結果もあります。寝る前の軽いストレッチで、肥満を防止しましょう。

重要なのは、「毎日続けること」

筋肉への負荷が少ないストレッチダイエットは、即効性のあるダイエットではありません。毎日コツコツと続けることで、徐々に効果が表れるハズ。
ちょっとした隙間時間でできるストレッチを日々の生活習慣にすることで、痩せやすい体質を目指しましょう。

ストレッチダイエットの結果は?気になるみんなのクチコミ

実際にストレッチでダイエットをした方のクチコミをご紹介。無理のないダイエットでしなやかなボディを手に入れている方も多数いるようです。

ハードな運動より軽めのストレッチやヨガを毎日続けて効果が出たケースといえそう。まずは1ヶ月続けて様子を見てみるのがいいかもしれません。

しなやかな筋肉を目指すなら、ストレッチやマッサージが向いている場合も。自分の体型や体質、目指すシルエットに合わせた方法を選ぶことが大切です。

ほどよい筋肉のついたしなやかで柔らかいボディラインづくりにはストレッチが有効のようです。女性らしいシルエットを保つためにも、毎日のストレッチは習慣にするといいかもしれません。

【まとめ】

簡単なストレッチを毎日継続することで、しなやかなボディラインへ。運動が苦手な方や、ゆるやかにダイエットしたい方はもちろん、ケガの予防や代謝を高める効果もあるので、運動の前後にストレッチを行うのもおすすめです。勢いをつけたストレッチや、痛みをこらえてのストレッチはケガの元。ゆっくりと筋肉の伸びを感じながら、気持ちよい範囲で行うことも重要です。ちょっとした隙間時間に、ストレッチで全身をほぐす習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい