【もくじ】

難易度別のエクササイズで無理なくダイエット!

これからの季節、厚着で体型を隠せるからといって油断は禁物! 冬は何かとイベントが多い時期。外食が増えて、いつの間にかポッコリお腹がより目立ってきてしまうなんてことも…。そうならないためにも、日頃から簡単なエクササイズを取り入れておくことが大切です。

今回は、お腹周りにアプローチするおすすめの方法を難易度別にご紹介。自分に合ったものを選んで、しっかり対策しておきましょう!

簡単ヨガでスキマ時間を有効活用【難易度★】

まずご紹介するのが、お腹周りに効果的なヨガ「お祈り仙人のポーズ」。椅子に座ったままでできる簡単なエクササイズなので、仕事や家事の気分転換にもぴったりです。足の裏を床にピタッと付けた状態で、背もたれにもたれない程度に深めに座り、身体を左右にねじります。

美しいウエストライン秘訣は肩甲骨にアリ⁉【難易度★★】

ちょっと意外かもしれませんが、お腹周りを引き締めるなら、実は肩甲骨を位置を整えるのも方法のひとつ。上半身を動かさないようにヒップを左右交互に上げる動きを繰り返すことで、肩甲骨周りのクセをリセットし、ウエスト周りにアプローチすることができます。やり方は簡単ですが、上半身をキープしながらの足上げは意外と難しいはず…!

下半身を鍛えて効率的にお腹を引き締め!【難易度★★★】

大きな筋肉が集まっている下半身は、積極的に動かすことでより効率的に脂肪燃焼効果を発揮してくれるパーツ。この「バックランジツイスト」は、そんな下半身を鍛えながらお腹周りを引き締めることができるトレーニング方法です。ダンベルを使用しますが、ペットボトルや図鑑などの分厚い本で代用してもOK! 慣れないうちは体勢を崩しやすいので、はじめは一つひとつの動作をしっかり確認しながら行うのがポイントです。

腹斜筋を鍛えて美しいくびれをゲット【難易度★★★★】

腹筋をしても、なかなか美しいくびれが手に入らないという方は、お腹の両サイドにある腹斜筋のトレーニングが不足しているのかも! ここでご紹介する「クラブリーチ エクステンション」というストレッチは、そんな腹斜筋を効率よく鍛えることができる方法。さらに、内臓を適度に刺激して働きを促してくれるので、デトックス効果も期待できるはずです!

インナーマッスルも鍛えられる上級者トレーニング【難易度★★★★★】

しっかり負荷をかけてお腹周りのトレーニングをしたいという方には、こちらの「ニートゥエルボーサイドプランク」がおすすめ。腹筋にねじりを加えたエクササイズなので、お腹全体の引き締めとくびれの両方に効果が期待できます。さらに、身体の深層にあるインナーマッスルも同時に鍛えることが可能。基礎代謝もUPし、太りにくい身体作りにも一役買ってくれます。

美ボディをもたらす運動習慣を毎日の日課に

今回ご紹介したエクササイズは、難易度は違っても継続して行うことによってお腹周りの引き締めに貢献してくれるものばかり。はじめはバランスが取れなくても、何度も繰り返しているうちに慣れてきます。よりスムーズに効果を得たい場合は、食事管理や有酸素運動などをあわせて行うのもおすすめ! あなたも早速トライして、ブレない美しさをぜひキープしてみて!

(アットコスメ編集部)

あわせて読みたい記事